人気ブログランキング |
タグ:zingaro ( 2 ) タグの人気記事
ZINGARO 『BATTUTA』
やっと間近に観る事ができました。
騎馬スペクタクル ZINGARO ジンガロ 『BATTUTA バトゥータ』
f0019410_0291561.jpg
38頭の美しい馬と騎手、そして音楽。
目の前で砂を巻き上げて加速していく馬と騎手がエネルギッシュに
時にはストップモーションのように静かに交差していきます。
今回の演目『BATTUTA バトゥータ』のテーマはルーマニアの
ロマの結婚式に描かれる、遊牧民の躍動感ある自由な生き方。
ジンガロにはセリフは無いのですが、目にした人すべてが
国境に関係なく、遊牧するロマの人達と同じ風を頬に感じられる。

演目の着想を考える時、まず音楽を決めるというジンガロの創設者バルタバス。
今回のミュージシャンはモルドヴァ地方のブラスバンドと、
トランシルヴァニア地方のストリングスで、2組の楽団の音楽が
物語なき物語をいざなっていました。
ファンファーレ・シュカールとタラフ・ドゥ・トランシルヴァニアという
バンドの演奏も素晴らしかった!

とにかく馬と人と音楽の総合芸術なのですが、そこには恐ろしい程レベルの高い
馬術の技術や、バルタバスを中心として、公演中生活を共にし
世界を自由に巡るジンガロを創り上げる人達の
「絆」のパワーに魂を揺さぶられてしまいます。

あぁ、もしも目が10個ぐらいあったら、すべての動きや衣装のデザイン
騎手達や馬の表情まで追えるだろうけれど
とてもじゃないけど2つの目と耳では、見きれませんでした。
夢のように美しく、短過ぎる90分。
会場に入った瞬間の馬の香りが忘れられません。
f0019410_0152781.jpg

2年前にフランスで観た、同じくバルタバスの主宰する
ヴェルサイユ馬術アカデミーのエントランスホールも
エルメスカラーで素敵でしたが、今回の木場公園内ジンガロ特設シアターにも
エルメスショップがありました。
等身大ぐらいの木彫の馬が、さすが♪という感じです。
f0019410_0304933.jpg
f0019410_0404896.jpg
観る前から興奮おさまらぬので、ワインで心を落ち着けるつもりが
余計に盛り上がってしまいました。

ジンガロは過去の公演を再演する事はないので
この『BATTUTA』を観られるのは、今回だけ。
そう思うと、もう一度観たくて観たくてたまりません。

ZINGARO 『BATTUTA』日本公演HP



美しき野蛮人、バルタバス

ジェローム・ガルサン


by kohakuza | 2009-02-06 02:16 | art
ヴェルサイユ 馬術アカデミー
ヴェルサイユと言えばマリーアントワネット。
f0019410_16452011.jpg

じゃなくて大厩舎。

ここは宮殿の向い側にある大厩舎。つまり馬が飼われてる場所。
と言っても、宮殿のように大っきい〜!
f0019410_1651149.jpg

パリに行ったら是非観てみたかったZingaro ジンガロ
バルタバスと言う馬を知り尽くした人が主催する騎馬舞踏団。
ジンガロは残念ながらチケットが取れなかったけれど、彼が主任をしているヴェルサイユの
馬術アカデミーのショーを観に行きました。

それにしてもフランスではどこへ行っても馬のモチーフが使われてる事が多く
本当に馬が愛されてて、身近な存在だ。
チケットは指定席ではないので1時間前にココに着いたけれど
既に並んでる人もいて、入場する頃には大勢の人の行列ができてました。

f0019410_1711866.jpg

エントランスはすべてエルメスカラーよりやや朱が多めのオレンジで
さっきまで曇った小雨の中で待っていたので、ここに入った瞬間にパーッと目に入る
オレンジが、次の世界に入る高揚感を高めてくれます。
このライトのデザインが素敵。天井がすーっと高く感じる。

f0019410_1781383.jpg

さて、厩舎ホールの中へ。
この馬術アカデミースペクタクル、いきなり日本の弓道が登場したりして
いかにもバルタバスらしいと思わせる前衛的な物から、
とてもオーソドックスな馬術まで幅広くたっぷりと見せてくれる。
真っ暗なホールに突然光が射して馬が入ってくると
生き物の鼓動が建物全体に振動するよう。
馬の美しさ、馬に乗る人の無駄の無い身体と動き、馬と人との信頼関係、
どれも溜め息をつくばかり。どこで切り取られても絵画のように美しい。


うっとりしながら大厩舎を出て、ヴェルサイユ宮殿には背を向け
『ラ・セーヌの星』を思い出しつつ、パリへと帰りました。
だって私は花屋の娘、シモーヌだもの〜♪



ヴェルサイユ馬術アカデミーHP
by kohakuza | 2007-03-18 18:08 | 旅へ