ゲイの栗鼠と月に住む猫のおはなし
f0019410_154880.jpg

先日、新町でランチを食べた後、何気なく通りを入ったら
あれ?こんな場所にギャラリーあったっけ?と思って
その小さなギャラリーstudio Jを覗くと
とても楽しそうな作品をやっていたので、観させてもらった。

Johan Peter Hol(J.P.ホル) 個展
『ゲイの栗鼠と月に住む猫のおはなし』

会場: studio J

段ボールや粘土で作られた10分間のストップモーションアニメ。
キュートでどこかしら頼りない顔の主人公の栗鼠と
月に住むシッポのない青い猫は思わずカワイイ!のだが
そんな上辺だけじゃなく、タイトルにもなっている通り
作家J.P.ホル氏のセクシャリティがテーマになっている。

あらすじ:
ゲイであるために、親兄弟から「森」を追われ「地獄」へ追いやられた栗鼠は、
罪人ではないことを理由に「悪魔」にも地獄を追われて「都会」へとやって来ます。
そこで栗鼠は住む場所と仕事を見つけ、ディスコダンスなどいくつかのがっかりな冒険をし
さみしく部屋に引きこもってしまいます。
ある夜、栗鼠は窓から見上げた月に住む猫と恋に落ちます。その恋の行く末は…


と、中々ドラマティックで深いお話しなんです。
ただこれだけの内容を、10分間のストップモーションアニメで
一方通行な訴えだけではなく、表現されていて
それはセクシャリティだけに限らず、どんな人の中にも内省できる
テーマのようで、切なくも感じられるのでした。

東京、大阪で同時開催。
大きな立体作品によるインスタレーションがあって、
東京の会場ギャラリー・エフには「ゲイの栗鼠」が、
大阪の会場 studio J には「月に住む猫」がいました。
この距離感がいいなぁー。

大阪 studio J
10月3日(土)〜24日(土)
13:00 -19:00
日、月、火曜日休廊

東京 ギャラリー・エフ
10月16日(金)〜11月8日(日)
12:00-19:00(展覧会開催中は21:00まで)
火曜日 定休



ところで偶然出会った作品でしたが,作家のP.ホル氏はオランダ人。
そう言えばこの間、偶然出会った天満橋の巨大なアヒルちゃん
オランダ人作家ではないですか!
全然知らなかったけど、『2008-2009年は日本、オランダ年』だったのねー。
嬉しい偶然でした。

f0019410_2485391.jpg

[PR]
by kohakuza | 2009-10-10 01:50 | art


<< 『しんぼる』 "May I hel... >>