タグ:stationery ( 6 ) タグの人気記事
電車えんぴつ、五十音
普段から鉛筆を愛用してるのですが
TONBOからこんな電車鉛筆が発売されてたとは、不覚にも知らなかったー。
f0019410_026161.jpg
ブラボー!トンボ!
線路まで付いてるところがニクイです。
f0019410_0223220.jpg
見つけたのは、たまたま連れて行ってもらった
鉛筆とボールペンの専門店『五十音』
どこをどう通ったのか不明だけど、銀座の裏通りだと思う。
ドアを開けて私と友人が中に入ったら、ギュウギュウで、ハイ満員。
小さな空間の小さな棚という棚に、鉛筆やボールペンやその他
筆記用具がところ狭しと陳列されてました。
銀座の大きなビルとビルの間の路地にあるからこそ
輝いているお店でした。


五十音 HP
東京都中央区銀座4-3-5松輪ビル1F宝童稲荷前
TEL 03-3563-5052

[PR]
by kohakuza | 2009-02-11 00:21 | 見つけた。
Scotch ドーナツ
真夜中ですが、お腹が減りましたよ。
f0019410_244468.jpg

このドーナツはスコッチのメンディングテープ。
美味しそうでしょ。
ドーナツ好きなので、ついつい買ってしまいました。
子供だましだ〜!


ダマサレター♪
[PR]
by kohakuza | 2009-01-24 01:57 | 見つけた。
「mt」KAMOIマスキングテープ
f0019410_238435.jpg

さて、ささやかなお雛祭りも終わって机の上から菱餅、撤収!
色とりどりのマスキングテープ達はいつもの場所に戻りました。

マスキングテープは工業用やペンキ屋さんの養生なんかに
よく使われてますが、紙テープの半透明の質感もかわいらしく
キレイに剥がせるので、ちょっとした物をくっ付ける時なんかによく利用してます。
最近こんなカラフルなマスキングテープがKAMOIをはじめとして
色んな会社からも出されてて、雑貨屋さんなどで売られてます。
1コ¥100〜150ぐらいなので、見つける度についつい購入。
f0019410_2384120.jpg
割と粘着力があるのもあって、壁にも気軽に貼って、ネトネトが残らず剥がせます。
ちょっとしたラッピングにも使えて、中々便利♪
f0019410_239452.jpg
北堀江のチェコ雑貨のお店「CHARKHA」チャルカでも売っております。
「mt」のサイトからも購入可能。
なんと、ロゴ入りマスキングテープがオーダーできるそうな!
和の色や金、銀なんてのもあったりして、使い道はまーったく思い付かないけど
ついつい買ってしまいそうで、怖いわー。


カラフルマスキングテープ「mt」HP

チャルカ HP
phone 06-6537-0840
大阪市西区北堀江1-21-11
open 11:30〜19:00



P.S.
最近、あちこちのブログでヒドい内容のスパムコメントが付いていますねー。
消せども消せども、イタチごっこで中々対応出来ず
読んでしまった方々には、ご迷惑をおかけしてます。
(間違ってもクリックしないように〜)
まぁ、それに屈してコメント欄をセーブするのも悔しいので
卓球の玉を打ち返す如く、素早く消去しようと
心がけますので、どうぞお許し下さい。
シャーッ!(←卓球愛ちゃんのかけ声)
[PR]
by kohakuza | 2008-03-04 02:15 | 見つけた。
POSTALCO 『チャンスプリンター』
昨年から愛用中、POSTALCOの1ミリ方眼ノート。
前々からお店に行ってみたかったので、東京駅から八重洲口方面に出て
てくてくと歩いて探してると、古びたビルの前にこんな看板が・・・。
f0019410_2251179.jpg
本当にこんなビルの中に文具屋さんがあるのかな?と心配しつつ、階段を4階まで上がると
そっけなくも、興味を抱かずにはいられないドアが見えてくる。
f0019410_225306.jpg
店内はPOSTALCOオリジナルのノート類や革製品の他にも、丁寧に作られた味わいのある
コチラの商品に合いそうな文具もセレクトされてて、一つ一つにじっくりと見入ってしまう。
鉄橋の構造をヒントにしたトートバッグも興味深かったけど、
何と云っても奥に鎮座してるコチラのオーナーが作った『チャンスプリンター』なる
やたらアナログな発明品に目が釘付けだ!
簡単に言うと、上部でピンポン玉にインクをつけて、紙の上に落っことして、
その偶然に着いたインクをそのまま図柄にしてしまうもの。
この木製の印刷機の構造は、城崎温泉のスーパーボールに、やや通じる物が
あって何とも愛おしい風貌。こんな風になったらいいな〜と発案して
そのまま絵を描くように面白可笑しくカタチになってるような発想品かも。
大番頭のように存在感大!(下の写真の右に写ってる↓大きな木製の機械)
f0019410_2255444.jpg

で、私の購入した世界に一つのラッキーチャンスプリンターのノートがこれ↑。
(人に説明する時に何故か、『ラッキー』を、勝手に付け加えてる)
色んな色の紙に、色んな模様があるので中々コレッ!と選ぶのが難しい。
それに、この機械を目の当りにすると、どの模様もカワイク思えてしまうのだ。

ノートを必死で選んでる時に、ふと床を見ると、インクをつけたままの
元気なボールが、あちこちに逃げ出した後が残ってて、つい笑ってしまった。
ノート1冊にも、こんなに素敵なストーリーが隠されてるなんて!と
持ってるだけで嬉しくなる。



POSTALCO
東京都中央区京橋2-2-18 4F
03-3281-3309
営業日 水、木、金曜日 12:00〜19:00頃まで
(第一・第三土曜日は12:00〜17:00まで)
定休日:左記以外および祝日
JR東京駅 八重洲口より徒歩5分程度



オーナーのマーク・エーブルソンさんとチャンスプリンターの記事が
載ってる『Bon Appetit 2007 no.1』は「つくる」をテーマにしたリトルプレス。
[PR]
by kohakuza | 2008-02-22 02:20 | my favorite things
POSTALCOのノート
この季節になると毎年、来年用の手帖を探すのだけど
最近はきっちり日付を書いていない手帖を使うようになった。
鞄に重たいスケジュール帳を入れるのがイヤになったのと、
元々物心ついた時から、横も縦も線の入っていない無地ノートを
学校でも愛用してたので、どうやら枠内に文字を納められず、字の大きさも丁寧さも
気分によって変化してしまうので、スケジュール帳には無理がある。
だいたい年間通して、物事は淡々と同じ枠内には収まらないでしょう!
f0019410_14191612.jpg
それに人に見せるもんじゃないし、自分さえ分かれば良いのだから、
何もわざわざ年月を順番に書く必要もなく、適当に始まり適当に終わる。
ちなみに今年使ってたノートは、前と後ろの両方から始まってて、真ん中のページが
数ページ残ってるが、自分なりには「フムフム、2月はこんな事やってたのかー。」と
理解出来るので、これでオッケー。

そんないい加減な私が、ノートにこだわるのもよく分からないけれど
小さい伝書鳩のマークが入った「ポスタルコのノート」は細部まで丁寧に作られており
鉛筆やペンをのせた時の、紙の沈む感覚が何とも気持ちよい。
f0019410_14184295.jpg
一瞬ブルーに見える1mm方眼紙!は、適度な厚さでペンのインクもにじまない。
「1mm方眼」って今まであるようで、私は見た事無いのですが
凄いアイデアだなと思いました。規律と自由さの両立ですね。

他にもシンプルながら、よくよく考え抜かれたデザインなので
このノートと1年付き合って、どのように変化するのか?
1年後に又書いてみたいなと思いました。



POSTALCO
東京都中央区京橋2-2-18 4F
03-3281-3309
営業日 水、木、金曜日 12:00〜19:00頃まで
(第一・第三土曜日は12:00〜17:00まで)
定休日:左記以外および祝日
JR東京駅 八重洲口より徒歩5分程度

[PR]
by kohakuza | 2007-10-18 15:15 | my favorite things
FABER-CASTELL 9000番パーフェクトペンシル
ファーバーカステル と言えば、1905年にアレグザンダー・ファーバーカステル伯爵家が
発表して以来100年にわたり世界中で愛され続けている定番鉛筆。
f0019410_2247784.jpg

らしいですが、そんな歴史がこの鉛筆にあったなんて、つい最近まで知らなかったなー。
何となく昔から愛用してるのは、このファーバーカステルと三菱ユニ。
ユニは柔らかめなので家で使う用。ファーバーは固めだから外出時に持って行く用。

しかしこのご時世、鉛筆どころかペンも持たず、携帯にメモってしまう人も多い中
「何故、鉛筆持ってるの?」と聞かれる事もしばしば。
それは小学生の時に筆箱に鉛筆を入れて学校へ行った事が
今でも続いてるだけの事なのだけど、もう一つの大きな原因は
「何より鉛筆を削るのがとっても好き」なのだからだと思う。
ハッキリ言って書く率より、削る頻度は多いような気がする。

初めて父にもらった小さいナイフで、何度も鉛筆削る練習をしたのですが
その気持ちいい感覚と削りくずが増えていく様を、今でも鮮明に覚えてるから怖い。
それから鉛筆削りをくるくる回して、ガリッガリッと削れる音も何か落ち着く。
こういうのをフェチと言うのかしら。

こんな密かな趣味を喜ぶ人間は置いておいて・・・
一般的に鉛筆って持ち歩くには、ちょっと不便だ。
ペンケースの中でキャップが外れると黒く汚れてしまうし、
消しゴムはすぐ行方不明になるし、芯が丸まっちゃうし・・・。

そんな不便を解決したのが、このFABER-CASTELL 9000番パーフェクトペンシル。
鉛筆と同じ深緑色のキャップが付いてるのだけど、カッチリとはまるようになってて
外れたりしないし、芯が折れる事も無い。
クリップが付いてるのでポケットにも差しておける。
鉛筆の後ろには消しゴムも付いてるし、何とこのキャップの先端には
鉛筆削りが隠されてていつでも削れるのです!
ひゃっほー♪

何か今までありそうで、無かったのが不思議。


FABER-CASTELL 9000番パーフェクトペンシル
FABER-CASTELL Japan top HP
[PR]
by kohakuza | 2007-04-08 23:56 | my favorite things