タグ:美術館 ( 24 ) タグの人気記事
『最後のマンガ展  重版 大阪版』井上雄彦
天保山のサントリーミュージアムにて
井上雄彦の最後のマンガ展  重版 大阪版へ
f0019410_4295834.jpg

どんな展示方法なのかは一切知らずに観に行きましたが
チケット売り場から只ならぬ気配。
漫画を読んでいようが、いまいが関係なくて
一歩中に入ると、大迫力でした。
息止めて、ものスゴく近くで見入ってしまう程。

絵のように場面を切り取ってはいるけれど
漫画なので、そこに時間が流れている。
でもストーリーを追ってるのでは無く
絵の中に時々現れる、蝶や鳥の目になって
描いた人生を体感したような感じでした。
f0019410_4301997.jpg

この間、ある雑誌で井上雄彦氏と松本明慶大仏師の対談があると
教えてもらい読んでみて、すごいスーパーな組み合わせだなー!とビックリした。
その中で明慶大仏師が井上氏の作品について
『井上さんの描く人物は彫刻のように自立している。』と仰しゃってたのが
とても納得する表現でした。

そう言えば、先日の京都のハプスブルグ展と対照的に若い世代が大勢
観に来てて、最初の方では「わースゲーヤバいなこの線!」とか
口々に言いながら観てたのですが
進むにつれ、しーーんと誰もが息を呑んで集中して観ていたのが印象的でした。
圧倒的な力の前では思わず黙ってしまう。
お寺の中の粛然とした空気と似てるのかも。
f0019410_4315865.jpg

心地よい疲れ。
外へ出たら、墨絵みたいな空。
[PR]
by kohakuza | 2010-03-12 09:27 | art
ハンス・フィッシャー展又は梅ちゃん。
伊丹市立美術館へ。
f0019410_23532792.jpg

「あっ、待て〜猫〜っ!」
とばかりに追いかけると、シンプルでありながら
今にもワサワサとページから抜け出てきそうな
彼の描く動物達の原画やスケッチが盛り沢山。
f0019410_2353476.jpg

『ハンス・フィッシャーの世界展』に来ました。

「ブレーメンの音楽隊」や「ながぐつをはいた猫」など
誰もが一度は本屋さんでも見た事のある絵本の作家です。
家族のために描いた、手描きのお手製本や後年の版画まで
ユーモアを利かせたキャラクターの表情と、精密に描き過ぎない
のびのびとした線と対照的に、絵本という画面をよーく考え練った構図。
スルスル〜っと子供にも大人にも受け入れられ
心に残る絵です。

この美術館は三沢厚彦 アニマルズ+PLUS展以来でしょうか。
美術館も併設される酒蔵もお庭も気持ちのいい場所です。
盆梅もビューチホォー♪春ですなー。
f0019410_23541742.jpg


さて、ハンスも美術館もたっぷり堪能して
お茶でも飲もうという事になり、駅までぶらぶらと歩いてると

『・・・え?』

「もしや、貴方はブレーメンの???」
[PR]
by kohakuza | 2010-02-24 01:12 | art
王家と虎
節分が終わっても、中々春の兆しなく
寒さに縮こまってましたが
先日久々の京都にて、国立博物館の「THEハプスブルグ展」と
高麗美術館の「朝鮮 虎展」を観に行ってきました。
f0019410_18267100.jpg

高麗美術館は、初めていきましたが
住宅街の中に佇む姿が美しい、静かでどっしりとした美術館。
干支にちなんでの「朝鮮の虎展」は
伊藤若冲画 竹虎図の元となった伝李公麟画 虎図や
他にも虎を題材とした絵が沢山観れて面白かったです。
日本では虎と言えば竹林をバックに描かれているけれど
中国や朝鮮では吉兆を表す、カササギとセットで描かれていたりして
お国柄を感じる事ができます。
豹柄(雌は豹柄だと思われてたらしい)の虎が
いたりしてユニークで面白い。

もう一つは京都国立博物館の『THEハプスブルグ展』
f0019410_0431085.jpg

こちらもハプスブルグ家にまつわる人々の
肖像画を中心にドドーンと見応え充分。
f0019410_0533180.jpg

私が是非観てみたかったのはクラナッハの『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』
もぉ、コワ〜〜っ!ですが、どこか見入ってしまう美しさ不思議さ。
この絵を初めて知ったのは、澁澤龍彦著「幻想の肖像」の中で紹介されてたのが
初めてだったと思いますが、その時に衝撃を受けた自分と邂逅したような感じでした。
f0019410_18253157.jpg

まったく違う2つの展覧会。
普段は展覧会のはしご等しないのだけど
両方とも勢い付けて、絵に向かって挑んで鑑賞する感じなので
同日に観て良かったかも。
疲れてクタクタになりましたが
歴史を背負った絵は、絵に描かれていない部分を想像したり
又、想像以上のエピソードが隠されてたりで
面白かったです。



幻想の肖像 (河出文庫)

渋澤 龍彦 / 河出書房新社


[PR]
by kohakuza | 2010-02-05 01:16 | art
ブルーノ・ムナーリ展『あの手 この手』
滋賀県立近代美術館へ『ブルーノ・ムナーリ展 あの手 この手』を観に行く。
昨年末に板橋美術館で開催されていて、やっとこの滋賀の美術館にやって来ました。
ココへ来るのは久しぶり、私の所からだとかなり遠いのですが
近江に住んでいた祖母が健在な頃、たまに二人で訪れた思い出の美術館。
f0019410_21194939.jpg

ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)は、グラフィックやプロダクトの
デザイナーとしても、絵本の制作や、持ち運びで来たり動く彫刻の制作や実験映像、
子どものための美術教育や玩具のみならず、本当に色んな活動を多岐にわたる分野で
活躍しそのどれもが独創的で、夢とユーモアにあふれた作品を世に送り出した
イタリアのアーティストです。
f0019410_21201892.jpg
私がムナーリを知ったきっかけは絵本。
目に飛び込んできた鮮やかな色とカタチ。英語で描かれていましたが
文字を理解しなくても、絵と文字の配置、そのカタチが想像力を引き出すものでした。
ムナーリは自分の子供に見せたい絵本が無くて、イッキに9作品の絵本を
製作し出版したそうです。
今回の展覧会では、この絵本をはじめ初期の絵画や彫刻
本の装幀など様々な作品が展示されてて、面白かった!
彼の作品を観てると、どんな人生の中にもユーモアと想像力が
大切なんだなーと思いました。
f0019410_2121095.jpg

また展示や図録のデザインが素晴らしいのですが、これは駒形克己氏
デザインで、さすがー!という感じ。
初めてムナーリを見た人でも大人子供に関わらず、楽しく観れます。

私が行った日は、たまたまかもしれませんが
学芸員の方のギャラリートークがあったのですが
素敵な女性の学芸員さんで、お話しも分かりやすく楽しく聞かせてくれて
ムナーリを初めて観られる方は、是非お薦めです。
f0019410_21214663.jpg
彼の本はとても素晴らしいのですが、本そのものの作りが凝っているせいか
絶版になってる物が多くて残念。
知育玩具など珍しい玩具から、Tシャツ、トートバッグなど
かわいいグッズも販売してました。


生誕100年記念
『ブルーノ・ムナーリ展 あの手 この手』


滋賀県立近代美術館
会期  2008年5月31日(土)〜7月6日(日)
休館日  毎週月曜日
開館時間  午前9時30分 〜 午後5時(入場は4時30分まで)




闇の夜に
ブルーノ・ムナーリ




ファンタジア
ブルーノ ムナーリ
[PR]
by kohakuza | 2008-06-24 21:40 | art
金沢21世紀美術館
金沢へゆっくり行くのは初めてで色んな観光名所もあるのだけど
今回は突然決まった事もあり、滞在時間も少ないし、大雨も降ってたので
あちこち欲張らず金沢21世紀美術館のみを充分堪能しました。
f0019410_1740634.jpg
大きな円形の館内を展示事にパーテーションで区切っています。
展示以外にもライブラリーやミュージアムショップも充実。
それに円形の美術館をラウンド出来る庭も素敵。
所々椅子が配置されてて、いくらでもゆっくり出来そうです。
f0019410_17402955.jpg
f0019410_17541065.jpg

美術館のカフェにて、「あ〜真剣に作品観ると疲れる〜」と
マンゴーパフェやケーキで脳に糖分補給です。
ここから見える景色も、都心なのに緑が多くてゆったりしてて
金沢っていい所だな〜と思いました。
f0019410_17411610.jpg
託児所も完備されてました。
子供達が作ったものが、センスよくディスプレイされてて、さすが!
f0019410_17414588.jpg
美術館裏手の倉庫のような場所では、何か不思議な物が??
f0019410_17415775.jpg
この次の日から、日比野克彦さんのアートプロジェクト
「ホーム→アンド←アウェー」方式の展示が始まるようでした。
黄色いプラスティックの「何か」にうっすらと白いラッカーで塗装中。
日が沈むにつけ、塗装チームが増えてました。日比野さんもチラリと見かけました。
初日に向かって、今日は徹夜の覚悟でしょうか、この裏方さんのバタバタ感が
何だかワクワクしちゃうなー。
あれはどんな風に使われるのかな?
f0019410_1742996.jpg
と云う事で気になったので、次の日も朝から美術館へ向かいました。
とても面白い展示で、あの黄色「何か」の正体も分かりました。
もし、この期間に行かれる方がいたら「なるほど〜」と思うはずです。


金沢21世紀美術館 HP

オマケ♪
[PR]
by kohakuza | 2008-06-09 18:38 | art
ロン・ミュエック展  金沢21世紀美術館
どうしても間近で見てみたかったロン・ミュエックの彫刻。
日本で初公開となる今回の展覧会を観るために
金沢21世紀美術館へ行って来ました。
f0019410_3355086.jpg
ポスターに写し出された生まれたばかりの赤ん坊の彫刻、何と3m弱はある巨大Babyなのだ。
余りにもリアルなので、気持ちが悪いと思う人だって居て当然だと思いますが
イヤだと思っても心惹かれても、どちらにしても心が揺り動かされる
作品ではないだろうか。

ロン・ミュエックは1958年、オーストラリア生まれ。
現代アーティストとして作品を発表する前は、マペットやアニマトロニクスなどの
TVや広告の制作をしていて、私の大好きな映画、デヴィッド・ボウイが
魔王を演じていたジム・ヘンソン監督の『ラビリンス 魔王の迷宮 』などが代表作だ。
しかしこう云う裏方的な職人的な仕事をしている人が、割と短期間の間に
現代アートの寵児になるというのは、彼の作品がいかに精巧で
パワーがあるかという事だと思う。
f0019410_4243365.jpg

その不思議さは、何といっても作品の大きさ。(Ron Mueck作品)
巨大であったり、とても小さかったりなのだけど、どの角度から見ても
とても精巧に出来ている。
だからといって、ただ人間を精巧に拡大縮小しているのではなく
ほんの少し微妙に顔や手足のバランスが違うような気がする。
これがまったくデジタル的に人間と同じバランスだったら、蝋人形的のように
どこか滑稽に見えてしまうだろう。
写真で見ると、そのリアルさや大きさの圧倒的な存在感ばかりが
気になるけれど、実際に間近に対面するともっと人間の内面的な部分に訴える
力がある。それは例えば母性や、老いや幼さ、怪訝な視線の先にあるものかな。
f0019410_42784.jpg
雨上がりの金沢21世紀美術館。
人気の展覧会にも関わらず、この日は人も少なくじっくりと作品鑑賞できました。
金曜日だったので8時まで開館していてくれたのも有り難かった。
噂に違わぬ、素敵な美術館でした。



ロン・ミュエック展  金沢21世紀美術館
2008年4月26日(土)〜2008年8月31日(日)
月曜日休館
[PR]
by kohakuza | 2008-06-08 01:24 | art
『クマグスの森展』ワタリウム美術館
友人と外苑前のON SUNDAYSへ、とある本を探しに行ったところ
ワタリウム美術館で偶然にも和歌山が生んだ知の巨人「南方熊楠」の
展覧会が開かれていました。
f0019410_0405032.jpg

生物学、博物学、植物学、民俗学にとどまらない恐るべき探究心と
明治時代と思えない海外放浪生活。熊楠についての本などは何度か読んでいましたが
あまりにも時代とそぐわぬ破天荒ぶりが、ほぼ同時代の河口慧海と並ぶ
ちょっとおとぎ話の主人公のようにも思える不思議な人物だったんですが
今回、偶然にもじっくり彼の残した文献や標本などを見る事ができて
「やっぱり実在の偉人なのだ〜」と、いっそう惹き付けられました。
特に熊楠の海外放浪中の生活や研究対象は、あらゆるタブーを乗り越えていて
ホモセクシュアル、宇宙、タトゥー、人食、夢などなどに及んでいて
全然、枠にはまってない彼の生き方を表していました。
f0019410_2133458.jpg

熊楠らしい有名なエピソードの
粘菌の標本を入れて昭和天皇に献上されたキャラメルの箱も展示されてます。
そう言えば数年前に、熊楠を作家の町田康が演じて映画を撮る話しがあったのですが
お蔵入りになっちゃったのかなー。
f0019410_102458.jpg
それにしても偶然とは恐ろしい物で、この日一緒に居た友人は何と日本キノコ粘菌協会?の
会員だったのです。彼女のこんな嬉しそうな顔を見た事がないわ!というぐらい
キノコの標本を嬉しそうに眺めていました。
ちなみに彼女とは全く関係ない私の知人も同じ粘菌協会員なのですが
そんなにこの協会はメジャーなのかしらん??
f0019410_1395484.jpg
南方熊楠 菌類図譜を満面の笑顔で購入する友人を見つつ、私もこんなTシャツ購入。
お好きな方にはたまらないらしい?かも。

2月3日(日)までと終わりが迫っていますが
一度入場券を買うと、会期中何度でも観れるそうです。
キノコの切手を集めた本や、水木しげるの「猫楠」など、楽しい関連書も
沢山置いてました。
ワタリウム美術館 『クマグスの森展』
2008年2月3日(日)まで、月曜休み




まったく熊楠とは関係ないけど、熊楠の本を読んでると
ふとFine Young Cannibals が聴きたくなりました。
「若い陽気な人食い人種」って名前のかっこいいバンド♪
Fine Young Cannibals 「She Drives me Crazy」

[PR]
by kohakuza | 2008-01-25 02:31 | art
猪熊弦一郎 現代美術館 sanpo
ちょっと時期が遡りますが、香川県丸亀市にある猪熊弦一郎 現代美術館
マルレーネ・デュマス展を観に行きました。
f0019410_1381212.jpg

ここは四国へ来ると、是非行っておきたい素敵な美術館。
展覧会の作家のチョイスも面白いし、美術館の建物や雰囲気が
洗練されてて、好きな場所です。
f0019410_1384897.jpg
今回のも含めて、企画展も良いのですが
常設の猪熊弦一郎の作品も、大胆でどこかユーモアがあって大好きです。
大小の絵画やオブジェの作品など、色んな作品が観れますが
どれもいい意味で、フワリと軽くて『芸術作品だ!』っていう威圧感がない。
エントランスにある、この大きなオブジェも壁画も、いつも楽しく迎えてくれます。

ゆっくりと館内を観た後に、必ず立ち寄りたいカフェ・ミモカ。
f0019410_1433882.jpg

海みたいな色のカーペットには、どこかおとぼけなカモメが飛んでます。
ゆったりと座れる椅子と、大きな窓の外にはデッカーいトライアングル♪

こんな美術館が大阪にあったらいいな〜と、来る度に思ってしまうけど
大阪や京都にあったら、こんなに静かに広々とした美術館を堪能するのは
きっと難しいのだろう。
はるばると海を越えて訪れるからこそ、『又、来たい!』って思うのかな。

猪熊弦一郎 現代美術館 MIMOCA Home Page

マルレーネ・デュマス ブロークン・ホワイト
2007年10月21日[日]-2008年1月20日[日]
年末休館日:12月25日[火]-12月31日[月]

[PR]
by kohakuza | 2007-12-08 01:51 | art
酒蔵のペガサス 『三沢厚彦 アニマルズ+PLUS展』
冬になったはずなのに、又しても暖かな秋の日曜日、庭園に豹一匹。
「冬なら冬らしく冷えろ。」と太陽に背を向けて、凛と佇んでいます。
f0019410_2164727.jpg

伊丹市立美術館へ三沢厚彦さんの「アニマルズ+PLUS展」を見に行きました。
初めて作品を写真で目にした時から、是非是非間近に見てみたかったのです!
しかもこの日は、三沢さんの公開製作の日で、幸運にも作品を作っていく課程を
見る事が出来ました。
f0019410_2155992.jpg

単なる木の塊から、ブルテリアの輪郭が浮かび上がって
まずはチェーンソーで大きく彫り進めるのですが、刃先が触れた瞬間から
何とも気持ちのいい、香木の香りが漂ってきます。
チェーンソーは簡単なようにも見えますが、丸太を二つに切るならともかく
薄くスライスしつつ彫っていくのは、とても難しそうです。
アッと言う間に木屑が周りのお客さんに、シャワーのように飛び散っていきます。
粗彫りが終わると、今度は大きな木槌とノミでガンガンと彫っていくのです。
公開制作なので、きっと大まかに製作過程を見せていただいたのですが
三沢さんに見えてる既に仕上がった作品のビジョンが私達にも見えてくるから、
不思議でした。
f0019410_2192759.jpg

さて、三沢さんの木彫はどれも飄々としてて、ほのぼのしく感じるのに
どの作品も力強く印象的で、写真であっても一度目にしたら忘れられないパワーがあります。
今回間近にじっくり見ると、目や耳、そして特にシッポ!の素晴らしさに目を奪われました。
どの作品の動物達も、実にシッポが堂々としてて、カッコイイ。
こんなシッポが私のお尻にも付いてたら、洋服なんか必要ないな〜などと
羨ましく思いながら鑑賞しました。

今回の展示は伊丹市立美術館内だけではなく、隣接する重要文化財・旧岡田家住宅
[酒蔵]でも展示されているのですが、この大きな酒蔵に展示されている
2頭の巨大なペガサスは圧巻でした!
一目見た瞬間、スケールの大きさと神々しさに、ただただ感動するばかり。
この歴史ある酒蔵と云う場所に展示される事によって、彫刻が物語性を持ったみたいに
何ともファンタジックな世界観なのでした。

これを見るためだけにでも、期間中もう一度行っておきたいです。
イヤ、見なければっ!!←興奮冷めやらぬ私。


『三沢厚彦 アニマルズ+PLUS展』

伊丹市立美術館+重要文化財・旧岡田家住宅(酒蔵)
2007年11月3日(土・祝)〜12月16日(日)
10時〜18時 (入館は閉館30分前まで)
休館日 /月曜日

[PR]
by kohakuza | 2007-11-26 03:21 | art
鎌田醤油と『四谷シモン人形館・淡翁荘』
急にやって来た冬。
ぴゅ〜と吹き付ける木枯らしに、身体が全然慣れてない。
季節は徐々に巡って欲しいと切に願う今日この頃です。
エキサイトのメンテや出張と重なって、しばらく更新してなかったのに
今日はちょっとディープな世界へ。
f0019410_1441024.jpg

久々に四国へと向かったので、四谷シモン人形館・淡翁荘に再び足を運びました。
f0019410_1464617.jpg

今年は澁澤龍彦の没後20年と言う事で、色んな展覧会などが
開かれているのですが、主に関東なのが残念。
四谷シモンと云う作家にとって、最大の理解者だった澁澤龍彦から寄せられたオマージュ
「メカニズムと少年 あるいは男根的自己愛」の自筆原稿が展示されていました。
私は澁澤作品が好きで、彼の作品から多くの事を学んだので
自筆原稿を目にすると思わず喜ぶ。
この「彦」の書き方が何ともカッコいいなーなんて、ミーハーな事思ったりして。
f0019410_1585315.jpg

さて、この淡翁荘は香川県坂出市の駅近くにある、鎌田醤油という老舗の醤油屋。
(写真は醤油工場↑)昭和11年に淡翁・鎌田勝太郎さんの居宅として建築した洋館を改築し
四谷シモン人形館として2004年にオープンした。
とは言え、まるで昔からここにあるように、もっと言えば後に四谷シモンの人形館に
なる事を知ってたかのように、作品と建物が見事に合っている。
坂出駅からのんびりと歩いて、この淡翁荘の中に入った時に
独特な異空間へ足を踏み込んだような感覚がとても気にいっている。
f0019410_125450.jpg


ちょっと怖いかもしれないけど・・・

足を踏み込んでみたい方はコチラへ。
[PR]
by kohakuza | 2007-11-24 02:50 | art