かいじゅうたちのいるところ
f0019410_2353716.jpg

早く観たい!と焦る映画ほど、忙しい時期にあたったりする。
昨年から熱望しつつ、ほぼ上映最終日にセーフで鑑賞。

絵本とは、全く違うものになるとは予想してたけど、
さすがはスパイク・ジョーンズ監督で
絵本の持つメッセージ性を損なわず
現代的な家族の問題も含ませてるのに、そこからサラリと
かいじゅうのいる島へ、私の気持ちを運んで行ってくれました。
かいじゅう達とマックスの暴れっぷりも最高!
あんな無茶な事しまくりたいわ〜
f0019410_23532430.jpg

絵本も映画も、大切な事は一切言葉として
声高に語られない。
子供ならでわのジレンマを抱えつつ
マックスは何一つ解決出来ずに、お家に帰る。
その冒険の成長の証は不完全なままで、むき出しの未熟さが
切なく心に突き刺さるのだ。
そんな風にもがいてた子供時代を思い出すのだ。


もちろん音楽もホント素晴らしかったです♪




Where the Wild Things Are

Karen O. & the Kids / Interscope Records


[PR]
# by kohakuza | 2010-02-11 00:22 | cinema
王家と虎
節分が終わっても、中々春の兆しなく
寒さに縮こまってましたが
先日久々の京都にて、国立博物館の「THEハプスブルグ展」と
高麗美術館の「朝鮮 虎展」を観に行ってきました。
f0019410_18267100.jpg

高麗美術館は、初めていきましたが
住宅街の中に佇む姿が美しい、静かでどっしりとした美術館。
干支にちなんでの「朝鮮の虎展」は
伊藤若冲画 竹虎図の元となった伝李公麟画 虎図や
他にも虎を題材とした絵が沢山観れて面白かったです。
日本では虎と言えば竹林をバックに描かれているけれど
中国や朝鮮では吉兆を表す、カササギとセットで描かれていたりして
お国柄を感じる事ができます。
豹柄(雌は豹柄だと思われてたらしい)の虎が
いたりしてユニークで面白い。

もう一つは京都国立博物館の『THEハプスブルグ展』
f0019410_0431085.jpg

こちらもハプスブルグ家にまつわる人々の
肖像画を中心にドドーンと見応え充分。
f0019410_0533180.jpg

私が是非観てみたかったのはクラナッハの『洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ』
もぉ、コワ〜〜っ!ですが、どこか見入ってしまう美しさ不思議さ。
この絵を初めて知ったのは、澁澤龍彦著「幻想の肖像」の中で紹介されてたのが
初めてだったと思いますが、その時に衝撃を受けた自分と邂逅したような感じでした。
f0019410_18253157.jpg

まったく違う2つの展覧会。
普段は展覧会のはしご等しないのだけど
両方とも勢い付けて、絵に向かって挑んで鑑賞する感じなので
同日に観て良かったかも。
疲れてクタクタになりましたが
歴史を背負った絵は、絵に描かれていない部分を想像したり
又、想像以上のエピソードが隠されてたりで
面白かったです。



幻想の肖像 (河出文庫)

渋澤 龍彦 / 河出書房新社


[PR]
# by kohakuza | 2010-02-05 01:16 | art
王子、旅からもどる。
f0019410_2483543.jpg

長い旅からもどると知らせが届く。
王子は旅から帰って来たのか。
もしくは、まだ続く旅の途中なのか。
そもそも彼が旅に出る理由はなんだったのか。

そんなコトは「うさぎ」にしか分からない。
ただただ、心待ちにしてるだけ。

小沢健二コンサートツアー『ひふみよ』
二零一零年 五月 六月



LIFE

小沢健二 スチャダラパー東芝EMI


[PR]
# by kohakuza | 2010-01-20 01:47 | music
パッセンジャーズ
『sabunoriさん、まさかコレほどの嬉しい誤算になるとは・・・。』
f0019410_241640.jpg

と、いきなりメッセージから入ってしまいました。
私がほぼ毎日お邪魔するsabunoriさんの龍眼日記の
"2009お気に入り映画ベスト10"
に入っていた、
『パッセンジャーズ』をDVDにて鑑賞。

この映画、公開してた事すら知らなかったのですが
ヒットしてたのかな?イヤ、知らなかったのはバカな私だけと信じたい。

見終わった後に感じる事、思い浮かべる事、思い出す顔は
見た人それぞれに、きっと違うのだろう。
内容は控えておくが、ハラハラとしみじみと
温かい涙が落ちてしまうような映画でした。

sabunoriさんに感謝をこめてサービスショット♪バウバウ
f0019410_275838.jpg

f0019410_281263.jpg

f0019410_282627.jpg

★犬の映画じゃないのですが、重要な登場犬物なのです↑

パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


[PR]
# by kohakuza | 2010-01-17 01:38 | cinema
AVATAER
今年の劇場観初めは『かいじゅうたちのいるところ』になるはずでしたが
映画部スケジュールにより、意外にも『アバター』となった。
へ?アバターって何?ぐらい世間からハズレてて、まったく内容とか知らなかったので
ええっ!!3D映画?!眼鏡かけて観るの?という具合。
CG系の作品をほぼ観てないアナログトリオ部にとっては衝撃的な3D元年となりました。
f0019410_21363488.jpg

で、映画の内容は本当に面白かった〜♪
ストーリーはオーソドックスですが、映像美だけに目を奪われる事の無い力もあり
楽しめました。とはいえ、ホント完璧な世界観!
半分以上は見きれてないと思うので、もう一度観て細部を観察したぐらいです。

この中で私が知ってるキャストはシガニー・ウィーバーだけでしたが
彼女のキャリアを思うと、ゴーストバスターズ→エイリアンシリーズ→ギャラクシークエスト(?)
→アバターと、所謂、宇宙チックな特撮ものが多いけど、まさに技術の進歩と共に歩んでるのね〜
などと考えつつ・・・ふと、え?あの人年は幾つなんだろう?
殆ど最初に見た時辺りから変わってないなー。
「もしやCG?」
イヤイヤ、やっぱり凄い存在感ある女優さんですね。
すばらしく変態っぷりのイイ、悪役軍曹もよかった。

それにしても「眼鏡オンめがね」は重たかった。
映像も大事だけど、メガネも進歩していただきたいものです。
[PR]
# by kohakuza | 2010-01-15 22:11 | cinema