<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
王子、旅からもどる。
f0019410_2483543.jpg

長い旅からもどると知らせが届く。
王子は旅から帰って来たのか。
もしくは、まだ続く旅の途中なのか。
そもそも彼が旅に出る理由はなんだったのか。

そんなコトは「うさぎ」にしか分からない。
ただただ、心待ちにしてるだけ。

小沢健二コンサートツアー『ひふみよ』
二零一零年 五月 六月



LIFE

小沢健二 スチャダラパー東芝EMI


[PR]
by kohakuza | 2010-01-20 01:47 | music
パッセンジャーズ
『sabunoriさん、まさかコレほどの嬉しい誤算になるとは・・・。』
f0019410_241640.jpg

と、いきなりメッセージから入ってしまいました。
私がほぼ毎日お邪魔するsabunoriさんの龍眼日記の
"2009お気に入り映画ベスト10"
に入っていた、
『パッセンジャーズ』をDVDにて鑑賞。

この映画、公開してた事すら知らなかったのですが
ヒットしてたのかな?イヤ、知らなかったのはバカな私だけと信じたい。

見終わった後に感じる事、思い浮かべる事、思い出す顔は
見た人それぞれに、きっと違うのだろう。
内容は控えておくが、ハラハラとしみじみと
温かい涙が落ちてしまうような映画でした。

sabunoriさんに感謝をこめてサービスショット♪バウバウ
f0019410_275838.jpg

f0019410_281263.jpg

f0019410_282627.jpg

★犬の映画じゃないのですが、重要な登場犬物なのです↑

パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


[PR]
by kohakuza | 2010-01-17 01:38 | cinema
AVATAER
今年の劇場観初めは『かいじゅうたちのいるところ』になるはずでしたが
映画部スケジュールにより、意外にも『アバター』となった。
へ?アバターって何?ぐらい世間からハズレてて、まったく内容とか知らなかったので
ええっ!!3D映画?!眼鏡かけて観るの?という具合。
CG系の作品をほぼ観てないアナログトリオ部にとっては衝撃的な3D元年となりました。
f0019410_21363488.jpg

で、映画の内容は本当に面白かった〜♪
ストーリーはオーソドックスですが、映像美だけに目を奪われる事の無い力もあり
楽しめました。とはいえ、ホント完璧な世界観!
半分以上は見きれてないと思うので、もう一度観て細部を観察したぐらいです。

この中で私が知ってるキャストはシガニー・ウィーバーだけでしたが
彼女のキャリアを思うと、ゴーストバスターズ→エイリアンシリーズ→ギャラクシークエスト(?)
→アバターと、所謂、宇宙チックな特撮ものが多いけど、まさに技術の進歩と共に歩んでるのね〜
などと考えつつ・・・ふと、え?あの人年は幾つなんだろう?
殆ど最初に見た時辺りから変わってないなー。
「もしやCG?」
イヤイヤ、やっぱり凄い存在感ある女優さんですね。
すばらしく変態っぷりのイイ、悪役軍曹もよかった。

それにしても「眼鏡オンめがね」は重たかった。
映像も大事だけど、メガネも進歩していただきたいものです。
[PR]
by kohakuza | 2010-01-15 22:11 | cinema
真冬のラッキーガーデン
奈良へ行った帰りに
生駒山の上にあるスリランカ料理、
『Lucky Garden』へ久々に行きました。
f0019410_220238.jpg

ホントだったら、このショップカードみたいに
緑と羊さんに囲まれて、生駒山の風を頬に感じながら
ビールとスリランカ料理を堪能するのがベストだけど
真冬の夜も中々でした・・・?!
f0019410_226131.jpg

この日は特別寒かったので
室内でフリースの膝掛け、湯たんぽ、ストーブ借りても
中々暖まらなかったけど、スパイスきいた美味しいカレーを食べると、
やっと暖まりました。
それにしてもカゴに入った湯たんぽの山!笑えますが必需品♪
f0019410_2324992.jpg

ここに辿り着くには道を分かってても、やはりビビる。
かなりの急勾配に、毎回この道で本当にあってるんだろうか??と
不安になり、店に着いただけで満足して、正直料理の味を堪能しきれてない感もあり。

とは言え、初めてこのお店に行った時は
もう一本の大阪側から登る道があって、そっちの方が百倍怖かった!
素人が行ってはいけない旧街道、超急勾配&細道の暗峠(くらがりとうげ←名前が既に怖い!)を
私が運転して登ってしまったことがあって、この時の恐怖は未だにトラウマです。

でもここから見る夜景は、都会の夜景とは違って
空気がキレイなせいか、一段と輝いてて美しく見える。
キラキラの星空も間近だし。
大阪から近くて、こんな山小屋気分を味わえるのだから
やっぱりラッキーなガーデンなのよねー。

Lucky Garden・HP
[PR]
by kohakuza | 2010-01-11 01:04 | 美味しいモノ
ワルカツ!
たまってたポイントやら、無料お試しやらで
とうとう宅配レンタルに申し込んでしまった。6枚程無料らしいので
自分では中々借りそうにない作品を選んでみることにした。

やってきたのは1960年、モノクロ作品『不知火検校』(しらぬいけんぎょう)
f0019410_3282569.jpg

勝新太郎が『座頭市』の以前に主演し、元になった作品らしい。
ストーリーは幼少から天才的な悪知恵を持つ盲目の杉の市(勝新太郎)が
按摩師・不知火檢校に弟子入りして一人前の按摩師になるが、
次々と悪時を重ね、師匠の検校をも殺してその身代わりとして位につき、
さらなる悪事を重ねていく。

いやぁ〜とにかく悪いっ!容赦なく非道!でした。
何せ当時の予告編のコピーが『手さぐりで、女をくどき、金をゆすり、人を殺す』ですから。
杉の市は盲目の按摩ですが、彼に見入られると、
善良な人々はアッと言う間に闇へ突き落とされるのです。
そんな杉の市にまんまと騙される、武家の貞淑な妻役、(後の勝さんの奥様)
中村玉緒さんは可憐で美しかったです。

あまりの悪カツ振りに驚きますが
とことん悪いにもかかわらず、どこか笑えて痛快で艶っぽくて
正にピカレスクでしょうか。
そういうキャラクターを作り上げた、勝新太郎とはスゴい役者さんだったのかー。と
今頃ですが思いました。
「座頭市」も観た事ないので、是非観たいです。

さて・・・。
[PR]
by kohakuza | 2010-01-06 01:24 | cinema
2010♪
f0019410_18132830.jpg
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年はのんびりお正月で、
まともに外に出たのは初詣のみ。
その初詣で引いたおみくじが
まさかの大吉!(初詣ではハジメテかも?)で
カラッと気分晴れやかです。

『おみくじを売ってる巫女さん達をじっと見て
キラリとした女の子のところで買うべし!』

友人からのアドバイス、大当たりでした♪
[PR]
by kohakuza | 2010-01-05 18:24 |