<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
におひの記憶
少し前、朝から用事で母と奈良へ行ったのですが
お昼過ぎには終わったので、久々に奈良公園へ行きました。
少し雨が降った後に奈良公園に踏み入ると、大きな樹々や草の濡れた香りと共に
プワ〜ンと香しき薫り〜。あぁ、これは鹿のふん?
うんと小さい頃に少しだけですが、奈良に住んでいたので
私にとっては懐かしい薫りなのです。
近くだったので、よくこの辺りに来ては、鹿と戯れていたなー。
多分生まれて初めて触った動物は、猫や犬じゃなく鹿です。
f0019410_1204199.jpg

この薫りと、鹿と、今も変わらぬ奈良の寺院を見ていると
目の前に幼き頃の記憶が映像で浮かんできました。
そう、まさに同じ場所で鹿に蹴られた事を鮮明に思い出したのです
子鹿を触ろうと近づくと、私を見てた子鹿の視線が私の背後にふと移ったと思うと
背後からドン!と蹴られた私は、ポ〜ンとボールのように宙を飛んだのでした。
そして、這々の態でお寺の石段を這い上がって、振り返ると・・・

母が大爆笑していたのでした!

その事を思い出したと母に訴えると、
母曰く、「向こうも親だから手加減して蹴ってたわよ。」と、アッサリ。
私は懲りずに、しょっちゅう子鹿に近づいては蹴られ慣れてたらしい。
「カラスにも突かれて追いかけられてたわよ。」など。
その後も犬に2回噛まれ、猿に襲われ、トンビに弁当取られてたらしい。
大らかな時代だわー。どうりで丈夫なはずだわー、私。
f0019410_1405975.jpg

さてこの日、たまたま訪れた興福寺にて、
東京〜福岡と奈良のために長期プロモーションツアーを終えた
阿修羅像が奈良に帰って来られてまして、初日だしすごい人だかりかな?と思いきや
雨のせいか空いていたので、すんなりお堂に入れました。
久々の阿修羅様と八部衆をガラスケースなしで拝めましたが
さすがスーパーアイドル!と言った風格。美しいお姿はやはり奈良で
見るのが一番じゃないでしょうか。

ふらりとやって来たのに、阿修羅像を拝めるとは何だかスゴイ幸運だ。
ついでに大仏様も見よう!と、夕暮れの道を早歩き。
f0019410_1172651.jpg

仁王さんを足早に通り過ぎ、そこに現れた雨上がりの大仏殿の美しいコト!
「写真家オジさんが、今日は凄い鮮明や。」とシャッターを切ってました。

無事に大仏様も拝めたし、満足満足。
夕陽は二月堂から見るのが最高だけど、今日は欲張り過ぎだし
さぁ帰ろうか〜と、母を見るとおもむろにバッグから取り出したのは
ビニール袋に入った『輪切りのさつま芋』
鹿センベエ屋さんが店じまいしたのを確かめて
「鹿にお土産〜♪」とご機嫌にやりだした。(我が家では奈良へ行く=お芋を持って行くなんです)
f0019410_2253546.jpg

カワイイ小さめの雌鹿限定で、こっそりやっていたのに
どこからか、ヨボヨボのおじいちゃん鹿登場。
お辞儀をしながら、「ワシにも少しいただけますかな」と
控えめにやって来て、「やっぱり芋は旨いね〜」とモシャモシャ食べていた。
しかし、あっという間にお芋が無くなって
母が「ハイ、もう無いよ〜終わりね〜。」と言ってもお辞儀し続ける。
「もう無いのゴメンネ〜又持ってくるね〜。」と言う母に
突如お爺ちゃん鹿がギロ〜ンと目をむき・・・「なんやと〜コラァ〜」とヤクザ顔に豹変。
そしてドーンと一発、頭突きをかましたのでした。

ギャーーッ!と逃げる母。

私はその光景を携帯ムービーで撮りながら
「大丈夫、相手も年寄りだから手加減してるよ〜。」
と、大爆笑してたのでした。

動物に懲りてないのは、母譲りのようです。
[PR]
by kohakuza | 2009-10-26 01:05 |
天高く馬肥ゆる秋
ここ数日の空の高さ。
時々香る金木犀の香りに立ち止まると、ついつい見上げてしまいます。
f0019410_1722895.jpg

さぁ、この日は遊園地のような扇町のキッズプラザへ!
f0019410_17222527.jpg

じゃなくてーっ、キッズプラザ前の扇町公園でおこなわれていたイベントへ
知人が出店してたので、覗きに行ってきました。(すんごいギャップ)

ダダーン!とゴージャスなドラァグクィーン達の登場♪
自然光の下で見る彼女らは、また夜とは違った迫力あります。デカッ!
見渡す限り〜男性だらけ〜まるで男文化祭〜と、一瞬ビビりますが
このイベント、PLuS+
●エイズの予防啓発と、陽性者への支援・共生
●コミュニティの活性化
をテーマとしたお祭り型複合イベントです。
お祭りをきっかけに、エイズやコミュニティについて、ともに考え、ともに動き、
強いつながりを持ち、未来に向かって「ポジティブな何か」を創造するプロジェクトです。

と、至って真面目なテーマで毎年開催されております。
HIVの予防啓発という誰もがシビアに考えなければならないテーマを
楽しく明るく意識向上できるように考えられた
何も知らずにヒョッコリやって来た人でも面白いイベントでした。
(さすがにキッズは少なかったけど)
f0019410_172311.jpg

メインステージでは1日中色んなショウをやっていたようですが
日が暮れてきてだんだんと人も多くなり、盛り上がってきました。
さき程、会場を闊歩していたクィーン達のショウもゴージャスに繰り広げられました。
ヒュ〜♪
[PR]
by kohakuza | 2009-10-14 18:25 | 見つけた。
『しんぼる』
f0019410_1223763.jpg

ハワ〜イと言ってもかなり奥地の人里離れた所に住んでいる友人が
久々に帰国して、映画部メンバーに加わって『しんぼる』鑑賞。
「何故に、しんぼる?」と思いましたが
海外では中々日本映画を見る機会がないので、観たかったのだそうです。

それでめっちゃくちゃウケていました!?
以前メキシコにも住んでた彼女曰く、メキシコの家族の描写がめっちゃ笑える!!と
ほぼ貸し切り状態の、レイトショーのシネコンでお腹抱えて大爆笑してました。
すでに海外生活10年以上の彼女は、笑いのツボはやや日本人離れ。
この反応を見て「この映画、結構海外でウケちゃうのかも?」とか思うのでした。

私の感想はというと、まったく違うツボでしたが
結構面白かった。
それで意外にも時間を感じなかったように思いますが
これをDVDで見ると、途中で止めちゃうでしょうね。
完全に映画時間の間の取り方でした。
深読み無用で、残る物もナイところが好きです。
[PR]
by kohakuza | 2009-10-12 01:45 | cinema
ゲイの栗鼠と月に住む猫のおはなし
f0019410_154880.jpg

先日、新町でランチを食べた後、何気なく通りを入ったら
あれ?こんな場所にギャラリーあったっけ?と思って
その小さなギャラリーstudio Jを覗くと
とても楽しそうな作品をやっていたので、観させてもらった。

Johan Peter Hol(J.P.ホル) 個展
『ゲイの栗鼠と月に住む猫のおはなし』

会場: studio J

段ボールや粘土で作られた10分間のストップモーションアニメ。
キュートでどこかしら頼りない顔の主人公の栗鼠と
月に住むシッポのない青い猫は思わずカワイイ!のだが
そんな上辺だけじゃなく、タイトルにもなっている通り
作家J.P.ホル氏のセクシャリティがテーマになっている。

あらすじ:
ゲイであるために、親兄弟から「森」を追われ「地獄」へ追いやられた栗鼠は、
罪人ではないことを理由に「悪魔」にも地獄を追われて「都会」へとやって来ます。
そこで栗鼠は住む場所と仕事を見つけ、ディスコダンスなどいくつかのがっかりな冒険をし
さみしく部屋に引きこもってしまいます。
ある夜、栗鼠は窓から見上げた月に住む猫と恋に落ちます。その恋の行く末は…


と、中々ドラマティックで深いお話しなんです。
ただこれだけの内容を、10分間のストップモーションアニメで
一方通行な訴えだけではなく、表現されていて
それはセクシャリティだけに限らず、どんな人の中にも内省できる
テーマのようで、切なくも感じられるのでした。

東京、大阪で同時開催。
大きな立体作品によるインスタレーションがあって、
東京の会場ギャラリー・エフには「ゲイの栗鼠」が、
大阪の会場 studio J には「月に住む猫」がいました。
この距離感がいいなぁー。

大阪 studio J
10月3日(土)〜24日(土)
13:00 -19:00
日、月、火曜日休廊

東京 ギャラリー・エフ
10月16日(金)〜11月8日(日)
12:00-19:00(展覧会開催中は21:00まで)
火曜日 定休



ところで偶然出会った作品でしたが,作家のP.ホル氏はオランダ人。
そう言えばこの間、偶然出会った天満橋の巨大なアヒルちゃん
オランダ人作家ではないですか!
全然知らなかったけど、『2008-2009年は日本、オランダ年』だったのねー。
嬉しい偶然でした。

f0019410_2485391.jpg

[PR]
by kohakuza | 2009-10-10 01:50 | art
"May I help you?" 
f0019410_1415880.jpg

あぁ、怒濤の日々。
とか言いつつ、ちゃっかり堪能したハナレグミライブ↑は、早くも先週の話し。
でも未だに余韻の残る楽しい夜でした。時々ポカンと思い出の雲を食べながら過ごしてます。

さて、地下鉄「新大阪」という新幹線もある駅をよく使うのですが
ここでホント〜〜によく道を聞かれる。
別に私がにこやかに歩いてるからではなく
それだけココで迷ってる人が多いという事。
特に新幹線から降りて、分かりにくい地下鉄の路線地図や
券売機とにらめっこして、目が点になってる外国人観光客多数。
もう少し分かり易い表示は作れないのかしら?と、いつも思うのです。

先日も私がICカードをチャージしてる視界に
ドデカイトランク持って途方に暮れる外国の中年ご夫婦。既に奥様は現状放棄状態なので
思わず、「May I ...?」と声をかける。(この...部分は大概、しり切れとんぼ)
彼らは二駅向こうの中津へ行きたいらしい。
フムフムと金額を確認して、券売機を見て
さぁ、切符を買おうと思うと・・・???
アレレ?切符ってどうやって買うんだっけと、アタフタしてしまった。
やたら表示の多い券売機。
そう言えば、ここ1年程切符を買ってないわ!ずっとIKOCAだったわ!
やや不安気なご夫婦に、ひきつりスマイルでこたえ
手順を真剣に眺めてから、おもむろに切符購入できました。ホッ。

その後、ホームまでtogetherし
「暑いでしょ、大阪って〜」なんて言いつつ
実は英語は大の苦手なので、かなり緊張しながら接してます。
「Have a Nice Trip !」と別れるのですが
この一連のやり取りで、使った英単語は5つぐらいか。
バイバーイ!と手を振りながら
こんな事に遭遇することが多いのだし、自分も海外では何度も助けられてるのだから
少しは英会話を勉強しなきゃな〜とは
思うのですが、くるっと踵を返して歩き始めると
もうケロリと忘れているのでした。

分かりにくい路線表示は困りものですが
道を案内すると、私の脳内のウスッペライ英和辞書が
かなりの勢いで活性化されるみたい。
切符を買う動作も、危うく抜け落ちるとこでした。
アブナイアブナイ〜



パリノルール 最新版

メディアファクトリー


[PR]
by kohakuza | 2009-10-04 01:40 | 見つけた。