<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
R.I.P
本当に太陽をつかんでしまったのか。

早すぎる。
アベさん、どうか安らかに。





TMGE 106

Thee michelle gun elephant / コロムビアミュージックエンタテインメント


[PR]
by kohakuza | 2009-07-22 23:00 | music
舞子さんのお昼ごはん
f0019410_2247315.jpg
京都へゾーファ展を観に行き、お昼に前から行ってみたかった洋食屋さんへ向かいました。
小さいお店なので、ブログなどに情報を載せると大変らしいって
どこかのブログに書いてあったので、名前はシークレット。
f0019410_22522514.jpg

まずはお店のつき出し。分厚く切ったサラミに自家製甘み濃いドライトマト。
プハーっとビールにしたかったのですが、この日は飲めなかったのでシードル。
f0019410_22544379.jpg
この後の予定を考えて、食べ過ぎないようにしようと決めてたにも関わらず
いきなりボリューム大の鮪のタルタル。パプリカとピリッとする香辛料がきいてて
アルコールプリーズ〜な味です。
f0019410_2257351.jpg
出たっ!ドッカーンと田舎風パテ!コニャック風味。
この分厚さ、煉瓦じゃないのよ〜
いくらでもパンを食べてしまいそうですが、この後のメインを考えると
パンに手が出ません。ちなみに後方に写ってるバゲット、
多分二人で1本だと思います。(お土産に包んでくれます)
f0019410_232448.jpg

ドーンとこちらも分厚いブルーチーズ入りのカツレツ。あまりの美味しさに
食欲がリセットしそうになりました。しかしこんなにスゴイボリュームなのに・・・
f0019410_239045.jpg
カツレツの付け合わせのサラダが、更にデカイッ!
他にも色々食べてみたいメニューがイッパイ黒板に書かれている。
胃袋を修練して望みたい物です。夏バテしてる場合じゃなーい!

ところで私達が食事してる時、お稽古帰りか普段着姿の舞子さんが
何組かやって来て、お昼を食べてはりました。
舞子さんと言えど、食べ盛りのお嬢さん。
そりゃ、ガッツリと食べなきゃ夜のお座敷は務められないよなー。
それにしてもお昼の舞子さんの、何とカワイイこと。
コロコロと楽しそうに笑いながら、食べる姿は
まるで小さな栗鼠のよう。
[PR]
by kohakuza | 2009-07-14 23:32 | 美味しいモノ
京都 ミヒャエル・ゾーヴァ展
f0019410_14295235.jpg
京都でやっていたミヒャエル・ゾーヴァ展を観に行きました。
京都駅はコンチキチーン♪の音色のお出迎えで
すっかり祇園祭ムードでした。

ミヒャエル・ゾーヴァ展は2年程前にも、同じISETANの美術館でも
やっていましたが、新しい作品や作家本人の仕事の紹介映像もあって
ゾーヴァのファンには嬉しい限り。

画集やポストカードを眺めるのも良いですが
原画を観ると、この絵は実際にはこんなに小さかったの??とか
こんな大きなキャンバスに描いてたのかー!!とか
その拡大縮小率が変わって印刷してあっても、
絵のパワーが全く失われていない事に
本当に驚きます。



ミヒャエル・ゾーヴァの仕事

ミヒャエル・ゾーヴァ


[PR]
by kohakuza | 2009-07-12 14:43 | art
映画部 感想文
今年の春ごろ、何を思ったか
幼なじみの友人が「映画部」を作ろう!と言い出した。
なんて事は無い、用は時々レイトショーの映画を観ようって事で
一応、このメンバーで一番多く映画を観てそうな私は顧問として就任。(が、メンバー3人)
恋人同士で観ても盛り上がらないような映画をモットーに地味に活動中。
ちなみに今までは『少年メリケンサック』『スラムドッグ・ミリオネア』
『鴨川ホルモー』など・・・(一番人気は「鴨川ホルモー」)
f0019410_151534.jpg

本日鑑賞は『ディア・ドクター』
何と言っても西川美和監督『ゆれる』で、かなり心揺らされた私です。
今回は笑福亭鶴瓶主演とあってか、かなり前宣伝が派手だったので
内容は見ないように心がけても、大体の予想はつきますが
ストーリーよりも、登場人物一人一人の描写がとても
興味深く、役者さんもそれぞれ良かった。
そして油断してた頃にやって来る、香川照之の演技力のパンチは
バーン!と利いてました。

さて、この映画をチョイスした時もう一つ興味深かったのは
我が映画部メンバーの一人が医師であること。
終わった後、感想を聞いてみると
『大学病院の医師である井川遥が、刑事に最後に言ったセリフが正に
今の医療の問題点であり、自分にとっても悩む所だ。』らしい。
ナルホドなー。
私のような患者になる人間の求める医師像と
医師が応えられる患者の姿。
どちらもただの人間なのだ。難しいのだ。

そして3人揃って、意見一致は・・・

このエンディングの曲はイイってとこ。
そうか『ゆれる』のカリフラワーズは解散してたのかー。
そしてモアリズムとして活動してたのか。



笑う花

モアリズム


[PR]
by kohakuza | 2009-07-10 01:51 | cinema
beyer
この前しばらくぶりの友人から連絡をもらい
お茶を飲みに玉造へ向かった。
いい感じの商店街をぬけた路地を入った所に
『beyer』(バイエル)というBookcafeがあって
ここは、かなり居心地が良い。
なぜ居心地がいいのかというと
2階は天井がやや低くて、屋根裏部屋のような感じ。
靴を脱いで階段を上がると、思わず開けてみたくなるような
本がズラリと並んでいる。
それにカステラやお茶もとっても美味しい。
しばらくぶりの友人と私は、2階へ上がるなり
本を物色。次から次へと黙々と本を開く。
時々見せ合って、又黙々と本を見る。
その内、ボーンボーンボーンと古めかしい時計の鳴き声がして
そろそろ帰ろうかと言う事になって、解散。
f0019410_131186.jpg

あんまり大したコトを話さなかったけど
まー、いいでしょう。
きっとあそこへ連れて行きたかったのでしょう。

そして写真さえ、ちゃんと撮ってませんでしたが
素敵なお店でした。


beyer(バイエル)
大阪府大阪市天王寺区玉造元町14-25
06-6625-8915

[PR]
by kohakuza | 2009-07-08 01:21 | Books
獣のような女になりたい。
f0019410_221759100.jpg
先日、友人からのお土産で
『いのしし石鹸』なるものをいただいた。
天然イノシシ油入り!と書かれていて、何か野性。
どっちかって言うと、ラードみたいに炒め物に使えそうですが立派な石鹸。

さて、どこを洗おうか。
[PR]
by kohakuza | 2009-07-04 22:26 | 見つけた。
雨の日は唄いながら悼む。
それにしても、よく降りますな。
もう7月。
こんな日は音楽を聴きながら、静かに追悼を。
この数ヶ月間に色々起こった事の中で
悲しむべきは忌野清志郎さんの死。
ケニー・ランキンの死。
マイケル・ジャクソンの死。
沢山の名曲を残して、駆け足で天国へ行った人達。
彼らの音楽は私の沢山の思い出と共にあるのだけれど
その事を感謝してる想いは伝えられぬまま。
心からご冥福をお祈りするしかない。
何とも、もどかしい。


6月26日のコト。
名古屋のTOKYO No.1 SOUL SETのライブが
始まるまで、ずーっと会場で流れていたのはマイケルの音楽。
何だか切ないやら、だけどしみじみと良い曲に聴き入れて
嬉しいやら。その後、オープニングアクトで
ギター1本持って登場したリリー・フランキーさんは、
とつとつと楽しいトークの合間に清志郎さんとの思い出を語りつつ、
RCの『三番目に大事なもの』を歌ってくれた。



この曲を最初に聴いた時の「すんごい歌詞だー。」の驚きは今でも同じ。
なんて正直な歌なんだろう。最後の「三番目に大事なものは・・・アナタよ。」と
唄う若き清志郎さんの表情が、ゾクッとする程カッコいい。

そしてリリーさんは、その後
『下の世界堂で(画材屋)紙を買ってきて歌詞を書いてるから
皆でマイケルの「HEAL THE WORLD 」合唱するからね。』と
言って、本当に全員で何度も「HEAL THE WORLD 」のサビ部分を
大きい声で合唱したのでした。
誰もが歌えるのがスゴい。


リリーさん曰く、「もしかしたら日本で一番早い追悼会かも。」と
言ってましたが、とにかく偶然にもこの小さな追悼会に居合わせた事は
悲しさも、もどかしさの吹っ飛ぶような
晴れ晴れとした時間でした。
f0019410_1133716.jpg

ありがとう、リリーさん。
『ジェイミー』買いました。

シルヴァー・モーニング

ケニー・ランキン / VIDEOARTS MUSIC( C)(M)


HARD FOLK SUCCESSION

RCサクセション / EMIミュージック・ジャパン


オフ・ザ・ウォール

マイケル・ジャクソン / SMJ


ジェイミー

TOKYO MOOD PUNKS / エイベックス・エンタテインメント


[PR]
by kohakuza | 2009-07-01 01:18 |