<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
冬を迎えるためのパーティー
毎年この時期になると食べたくなるチーズフォンデュ。
この日だけは、冬眠前の熊の如く
ハイカロリーな料理を並べて、しっかり太りましょ。
f0019410_1343975.jpg
デッカいチーズおろしでチーズをおろしたり
焼き立てのバゲッドを、つまみ食いしながら切ったり

ジャガイモ、にんじん、チコリにマッシュルーム。
鴨の煮込みや海老とアボガドの炒め物。
パテとミモレットは本番前になくなって、ワインはどんどん空いてていく。

料理はもちろん、美味しいのだけどパーティーを始める前の
買い物や用意が何と言っても楽しいのだ!
f0019410_1345967.jpg

学生の頃、フォンデュはお花見の定番メニューで
フォンデュ→バーベキュー→おでん→ケーキという順番で朝から晩まで
桜の下で飲み食いしてたのだから、女子大生というより
女子プロレス並みの食欲で、思い返すと恐ろしい。
この光景を見ていた桜はもっと恐ろしかったに違いない。
f0019410_1352343.jpg
デザートはイチゴをみんなが最も気に入ってる
ハイカロリーにこだわった食べ方で。

このメンバーでカナダへ行った時に、教わったカナディアンスタイル?なのだけど
まずは大きめの苺とサワークリームと
ブラウンシュガー(黒糖ではなく料理用として売られてるもの)
f0019410_135404.jpg

たっぷり付けたサワークリームに、これ又たっぷりと
ブラウンシュガーをつけて食べるのですが
いくら食べても飽きのこない甘さで
イチゴ大争奪戦になってしまうのです!

体重が増えゆく瞬間を、ヒシヒシ感じつつ
気付かないフリして
笑い声と共に、夜は更けてゆくのでした。
[PR]
by kohakuza | 2008-11-30 01:11 | 美味しいモノ
Nice Middle
グーグーやトウキョウソナタ、そして雑誌など。
今年はキョンキョンを観る機会が多かった。
演じてる彼女も良いのだけれど、
今晩放送していた『僕らの音楽』で歌ってる姿も
やっぱり素敵だなーと思いました。
しかも愛しのTOKYO No.1 SOUL SETの曲をカバーしてるなんて、
さすがカッコイイです。
おそらく、今年一番よく聴いた『Innocent Love』
キョンキョンの声で聴いても、更に名曲でした。
コラボで出演してたTOKYO No.1 SOUL SETを
TVで見れて、かなりドキドキ。

久々のアルバムは『Nice Middle』
ホント、こんなナイスミドルな女性になりたいものです。




  • Nice Middle(初回限定盤)(DVD付)
  • 小泉今日子
  • No.1(初回限定盤)(DVD付)
  • TOKYO No.1 SOUL SET

[PR]
by kohakuza | 2008-11-29 01:26 | music
太郎邂逅
渋谷から路線図と矢印を見ながら井の頭線へ走る。
電車は好きだけど、乗り換えは難解極まり無し。
コートを着てるのに汗ばみながら走ってると
パッと視界が開けて、そこに太郎が。
f0019410_250864.jpg
ここだったんだ。
こんなに大きかったんだ。
予想もしてない出会いだったので、しばし時間が止まる。思わぬ幸運。
素晴らしいな、岡本太郎。

f0019410_2502677.jpg
仕事を終えて、再び渋谷へ戻り今度はじっくり『明日の神話』を眺めてみる。

沢山の人が行き交う中、いつまでもいつまでも
この絵を見つめる人がいました。

いつかある人が、「美しいものとは何ですか?」と質問された時に
「それは美しい物を見ている人の顔です。」と仰しゃった事を思い出しました。
[PR]
by kohakuza | 2008-11-27 01:17 | art
レッドクリフ Part1
あー、面白かった!
『この作品は騙されたと思っても観た方がいいわ。』と
香港をこよなく愛すマダムSに言ってもらって観に行きましたが
もぉ、アッと言う間でした!楽しかった〜
f0019410_038173.jpg

「三国志」と言えば、NHKの人形劇派で
役者と人形の顔がダブってしまう不思議な感じでしたが、
てっきり、劉備、関羽、張飛の義兄弟と諸葛亮孔明が主人公と思っていたら
主役は金城武の孔明とトニー・レオンの周瑜だったのね。
この2人の配役はピッタリな感じでしたが、孔明が周瑜に同盟を
頼みに行ったときの2人の琴のセッションシーンは、ジョン・ウーらしい
男のロマンティシズム健在!鳩も健在クルックゥー♪
本当は曹操が周瑜の妻である絶世の美人姉妹、妹の小喬と姉の大喬を
「江東の二喬をはべらしたい」と、詩で唄った事を
孔明が周瑜に耳打ちした事で、周瑜が激怒して
劉備と同盟を組んで「赤壁の戦い」へと向かうのですが
この辺りのエピソードがPart2のキーになるのかな?

しかしマダムSの記事によると、はじめ劉備の配役は
チョウ・ユンファだったそうな。
これは惜しいっ!なんでやらなかったのよ〜チョウ・ユンファ!
この映画の劉備がちょっと影が薄くて残念でした。
しかし孔明や周瑜、趙雲は人間味あふれて描かれてるのに
関羽と張飛はどこか伝説の人物みたいにファンタジックな設定だった。
これはこれでいいのですが、三国志の中でもっとも
忠義と勇気があって人気のある関羽はもっと登場して欲しいなー。
f0019410_24237100.jpg
ところで、どの役も適役でカッコ良かったのですが、
素敵だったのは曹操役のチャン・フォンイーでした。
曹操は嫌われ役ですが、チャン・フォンイーの曹操は
冷酷だけど孤独で存在感があって、ギラリとしてて
他の役者を全員敵にまわしても負けそうにない、
余裕の悪っぷりがカッコイイ。


あぁ、来春公開のPart2が楽しみです。
出来ればPart1.2.と続けて観たい感じでした。
[PR]
by kohakuza | 2008-11-25 01:03 | cinema
お父さんのバックドロップと悪玉
なんなんでしょうね、突然やって来るなんて。
ウチは急な来客には対応出来ないんですよ!
ねずみ色のゆき雲ガウン着た、冬将軍さん。
f0019410_2134759.jpg
ゾクッとした瞬間から鼻水が止まらない。もしやこれは間違いなく風邪ですか。
仕事も食事も朦朧としてきました。湯たんぽ抱えて、文庫1冊。

『お父さんのバックドロップ』中島らもさんが子供向けに書いた
色んなクセのあるお父さんが登場する4つの短編小説。
f0019410_214390.jpg
あっという間に読めてしまえるけれど、何度読んでも声を出して笑ったり
ハラハラしたり、涙なのか鼻水なのかあふれてきたり。

らもさんの文章や言葉の選び方は、面白おかしいようで嘘が無い。
悪役プロレスラーの牛之助を父に持つ、下田君の家に遊びに行った主人公が
八百長について、素朴に質問した時の牛之助の答えは
ナルホド!真意を突いていて納得できるし、誰もイヤな気持ちにならない。
曖昧な会見ばかりして、見てる側をゲンナリさせる
相撲協会の人達に、是非この本を読んで欲しいものだ。


3



そして、キリンジの『悪玉』を聴く。
本人がそう思って作ったのかどうか、定かじゃないけれど、
この『お父さんのバックドロップ』の世界を
淡々と見事に表現している。
この曲を作った堀込兄弟の兄は、きっとちょっとクセのある
お父さんなんだろうなー。

らもさんとキリンジ・・・。風邪は治るかしら?



お父さんのバックドロップ (集英社文庫)
中島 らも
[PR]
by kohakuza | 2008-11-20 03:31 | Books
魔女、西に集う
西の国で魔女会談開催。
f0019410_23274045.jpg

初めてお会いするようでもあり・・・
イヤ、千年前に魔女学校に通ってた
級友と再会するようでもあり・・・

猫茶園さん、sabunoriさん、何だかお二人の魅力に
すっかり魅了されてしまいましたよ〜♪
不思議で楽しい時間をありがとうございました。
[PR]
by kohakuza | 2008-11-16 23:47 |
Chico Buarque
岡山で泊まるのは昨年以来。
いつも1泊な上に慌ただしいので、街をゆっくり見てまわる事が
中々できないのですが、一度見たいな〜と思っていた中古レコード屋さんの
前を通りかかると、何と閉店セールのポスターが貼ってある!
あぁ、残念だなーと嘆きつつ、ポスターの30%OFFの文字に反応。
f0019410_239525.jpg
しかし通りかかった日はお店の定休日なので、次の日に出直すしかない。
『開店と同時に行って10分したら駅に向かわないと次が間に合わないわ。』
と、勝手に店の前でシュミレーションし、次の朝を待った。
さて次の日、意気込んでその店に行ったら、とてもとてもいいお店だった。
こんなイイお店なら閉店しなくてもいいのにな〜と惜しみながら、
タイムリミットがあるので目はギラギラと棚を物色。
f0019410_251334.jpg
そしてChico Buarqueの"As Cidades"を選んだ。
シコ・ブアルキはブラジルの偉大な音楽家で小説家。
いつか日本に来てくれるだろうか。
間近で彼の歌声を聴いてみたいな。

イイ買い物ができました。




ブダペスト
シコ・ブアルキ




As Cidades
Chico Buarque
[PR]
by kohakuza | 2008-11-07 01:10 | music
空と0系
よく晴れた空の日。
f0019410_1555411.jpg
新幹線の岡山駅に降りると、高価なカメラを持った沢山の
鉄男さん達がホームにいたので、慌てて辺りを探すと
向いのホームに、美しい配色と何とも親しみ深い丸顔の
『0系こだま』を発見しました。
f0019410_15676.jpg
やっと会えたという感じ。
そしてもうすぐお別れです。






ペインテッド・フロム・メモリー
エルヴィス・コステロ & バート・バカラック
[PR]
by kohakuza | 2008-11-06 02:08 |
Chocolat Chaud
夜はグッと冷え込んできた。
『お、来たなー冬め』と呟くにはちょっと早いけど
12月後半ぐらいの本格的な冬到来の時期よりも、
今ぐらいの時期、急にぞくっと感じる時の方が
身体がギュッと寒さに敏感なような気がします。
f0019410_0175670.jpg
夏場は遠のいていたチョコレートが俄然美味しい季節。
それからショコラ・ショーにオレンジリキュールのグランマニエ。
最初に全部混ぜてしまうか?一口グランマニエをそのまま飲んで
喉がポッと暖かくなったところに、ショコラショーを飲むか?
などと・・・今年も又、この甘さにウットリと冬中悩んでみたいと思います。






もうすぐ発売のキリンジのBest!↓
キリンジ 10th Anniversary Celebration 1998-2008
[PR]
by kohakuza | 2008-11-04 00:46 | 美味しいモノ
ナイスミドル♪
非常口のピクトも真っ赤な梅田のシャングリラにて
『大阪ナイスミドル03』というナイスなイベントへ。
f0019410_202239.jpg
仕事終わりで急いで行っても8時過ぎからの参加だったのですが
pug27とRustic Pansのこゆーい音楽に
お腹ペコペコな事も忘れて盛り上がりました♪
f0019410_221095.jpg
久々にpug27のライブを見たのですが
Okujiさんのサスペンダー姿が見れなかったのが残念だったけど
Iggy Pop Okujiさんのパフォーマンスに、すっかり魅了され
やっぱり絵になる人だわーと感心したのでした。

その後、福島のポルチーニで、遅めのご飯を食べて
帰り道、すっかりヨレヨレで酔っぱらった
魔女やジャック・スパロー船長などに会って
そう言えば今夜はハロウィンだった事を思い出す。
さすが秋の夜長の金曜日、みんなクレイジー。

しかしどうも私の人生には、ハロウィンって
しっくりこないイベントだなー。


Just The Way You Are [Analog]
pug27
[PR]
by kohakuza | 2008-11-02 01:10 | music