<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ブルーノ・ムナーリ展『あの手 この手』
滋賀県立近代美術館へ『ブルーノ・ムナーリ展 あの手 この手』を観に行く。
昨年末に板橋美術館で開催されていて、やっとこの滋賀の美術館にやって来ました。
ココへ来るのは久しぶり、私の所からだとかなり遠いのですが
近江に住んでいた祖母が健在な頃、たまに二人で訪れた思い出の美術館。
f0019410_21194939.jpg

ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)は、グラフィックやプロダクトの
デザイナーとしても、絵本の制作や、持ち運びで来たり動く彫刻の制作や実験映像、
子どものための美術教育や玩具のみならず、本当に色んな活動を多岐にわたる分野で
活躍しそのどれもが独創的で、夢とユーモアにあふれた作品を世に送り出した
イタリアのアーティストです。
f0019410_21201892.jpg
私がムナーリを知ったきっかけは絵本。
目に飛び込んできた鮮やかな色とカタチ。英語で描かれていましたが
文字を理解しなくても、絵と文字の配置、そのカタチが想像力を引き出すものでした。
ムナーリは自分の子供に見せたい絵本が無くて、イッキに9作品の絵本を
製作し出版したそうです。
今回の展覧会では、この絵本をはじめ初期の絵画や彫刻
本の装幀など様々な作品が展示されてて、面白かった!
彼の作品を観てると、どんな人生の中にもユーモアと想像力が
大切なんだなーと思いました。
f0019410_2121095.jpg

また展示や図録のデザインが素晴らしいのですが、これは駒形克己氏
デザインで、さすがー!という感じ。
初めてムナーリを見た人でも大人子供に関わらず、楽しく観れます。

私が行った日は、たまたまかもしれませんが
学芸員の方のギャラリートークがあったのですが
素敵な女性の学芸員さんで、お話しも分かりやすく楽しく聞かせてくれて
ムナーリを初めて観られる方は、是非お薦めです。
f0019410_21214663.jpg
彼の本はとても素晴らしいのですが、本そのものの作りが凝っているせいか
絶版になってる物が多くて残念。
知育玩具など珍しい玩具から、Tシャツ、トートバッグなど
かわいいグッズも販売してました。


生誕100年記念
『ブルーノ・ムナーリ展 あの手 この手』


滋賀県立近代美術館
会期  2008年5月31日(土)〜7月6日(日)
休館日  毎週月曜日
開館時間  午前9時30分 〜 午後5時(入場は4時30分まで)




闇の夜に
ブルーノ・ムナーリ




ファンタジア
ブルーノ ムナーリ
[PR]
by kohakuza | 2008-06-24 21:40 | art
トクマルシューゴ♪
先日、梅田のシャングリラで、テニスコーツとXIU XIUとDEERHOOFと
お目当てのトクマルシューゴのライブへ行く前に『赤い風船』の前売りチケットを
購入しようと、すぐ近所のガーデンシネマへ行って尋ねてみると
「この映画は、朝1回だけの上映になるか、
時間がまだ確定していないのですがいいですか?」と言われてしまった。
やっぱりわずか10分足らずの作品の2本立てでは
1日中の上映は難しいのねー。(なっとく)
でも早起きして行きますよ!出来ればレイトショーもお願いします!と
願いを混めて前売りゲットしました。
「赤い風船」をご覧になろうと思ってらっしゃる皆さま
どうか上映期間&時間は確認してから観に行って下さいませ。
ちなみに「赤い風船応援団キャンペーン」は現時点で5010人になってました〜
続々プレゼントなども増えてます!・・と密かに応援♪
f0019410_15582298.jpg
さて、トクマルシューゴですがライブを見たのは初めて。
4バンドの一番最初、カーテンが開いて、本人が出てくるや否や曲が始まり
続けざまに30分の疾風のようなライブでしたが、曲も歌声も独特な演奏も素晴らしく
トクマルシューゴの世界観に感激。
3人なのにサーカスの楽団みたいな楽しさ奇妙さ面白さでした。

UKのレーベルと契約も決まって、アルバム『EXIT』のワールドリリースツアーも
始まるらしい。次回はやっぱりワンマンライブで、じっくり聴きたいものです。
f0019410_1613840.jpg
でもって、ライブが終わると大雨。
し、しまった!油断して傘を忘れた・・・。
アルバム『EXIT』の「Green rain」はイイ曲だなーと、聴きながら
トボトボ帰りました。

トクマルシューゴmyspace←こちらから視聴できます♪



EXIT
トクマルシューゴ
[PR]
by kohakuza | 2008-06-19 16:26 | music
湾岸線
『危』なんて書かれてても・・・

f0019410_2374762.jpg
キラーンと光る

f0019410_238026.jpg
ミラーがあると

f0019410_2382043.jpg
近づきたくなるのが女心なのよ〜♪

f0019410_2383546.jpg

梅雨だというのにカラリと晴れやか。
[PR]
by kohakuza | 2008-06-17 23:24 |
はじめてのWAHAHA本舗
昨夜のキリンジの夢のようなライブ熱が冷めやらぬというのに、今日は何故か
f0019410_332247.jpg

『WAHAHA本舗版 
ザッツ・エンターテインメント 踊るショービジネス・FINAL(ファイナル)
〜満月ダンス御殿の花嫁〜』
へ!

この2日連続の2本立てはどうなのよ?と突っ込みたいでしょうが
ライブって重なるときは、重なるのだ。

WAHAHAの舞台についてはい、いつも歌舞伎や文楽など舞台に関しての
楽しいブログを書いておられる、、かしまし娘さんも絶賛されていたので
私も一度観たいな〜と思っていた矢先・・・(あれは数ヶ月前)
お互いが誘うライブは断らない、イヤ断れない!という暗黙の掟を守る
幼なじみのY君から一本の電話が

『喜べ!WAHAHAの前から3列目が取れた!』

と、かかってきました。
さすが小1からの竹馬の友ですな。どうでもいい事で一番気の合うところがコワイ。

そんな訳で今日観に行く事になったのですが、とにかく爆笑しっぱなしの
文句無く楽し過ぎるショーでした♪
久本雅美さんの童謡妄想ショー
柴田理恵さんの元スターだった、ホームレスのキャバレーショー
梅ちゃんの桜の大木を頭にのっけて3階席まで
唄いまくる歌謡ショーなどなどが
2時間半ほどぶっ続けで、も〜大笑いで腹筋が筋肉痛になりそー。
これが、めくるめくWAHAHAワールドなのね。
f0019410_3352396.jpg
そしてショーが終わってロビーに出ると
さっきまで舞台で踊ってた役者が次回のチケットを売ってたり
今日とちった役者さんがが踊って、小銭を集めたり
劇団員が作った手作りアートキューブなる物を演出の喰始さんが
自ら売ってたり、サイン会したり、グッズ売ったりで
熱気はまだまだ続き、舞台をする人の貪欲なそこ力を目の当りにしました。
f0019410_3373421.jpg
そして10月にIMPホールで催される『梅ちゃんのパンドラの箱』のチケットを売っていた
梅ちゃんの周りには携帯カメラを持ったお客さんが押し寄せ、エライ事に〜
「押さないでねー」と、初めは優しい梅ちゃんでしたが・・・
f0019410_3393974.jpg
余りの混雑っぷりの割りにチケットが売れてない事にキレまくり
「テメーら、昨日の神戸とエライ違いじゃねーか〜!」
「いい加減にしろ〜!バーカ!」と毒を吐いてましたが
そんな梅ちゃんに、おかまいなくガハハと笑い飛ばして
押し寄せる大阪のお客のパワーも侮れないのでした。


あ〜もう笑い過ぎでクタクタ。


WAHAHA本舗オフィシャルHP
[PR]
by kohakuza | 2008-06-14 02:07 | theatre
KIRINJI 10th Anniversary Tour
久々のキリンジのライブへ。
心斎橋クアトロなんて久々じゃないかなー。
やっぱりこれぐらいの小さいスペースで聴くのは、とっても一体感あってヨカッタ♪
前日の雨も上がって、日中の日射しは鋭かったけど夕暮れには風も心地よく
ライブ前に近所のスペインバルで待ち合わせし、ハッピーアワーで飲んでたら
つい話しが盛り上がって気付けば開場時間!
大急ぎで走ったら、始まる前に酔いがまわってしまった。
f0019410_284633.jpg
『KIRINJI 10th Anniversary Tour』つまり10周年な訳で
ついこの間のような気がするけど、気付けば彼らのアルバムは部屋に10年分あって
新しいアルバムの曲以外にも、懐かしい曲もたっぷりやってくれて
その殆どがフルで口ずさめるのだから、改めて私の10年にも彼らの音楽が
重なってるんだなーと、ちょっとしみじみ感激する。
ホントに不思議な兄弟に魅了されてしまったものだ。
f0019410_212418.jpg
さて、ライブが終わって夜風に当たりばがら、そのまま千日前まで歩き
以前から黒門市場で魚卸の家業を続ける鮮魚のプロがやってる
お店だから魚が美味しいよ〜と聞かされていた
『Barbara』と云うワインバーに行った。
何と、いきなりお店の壁に「ZINGARO」のポスター発見して、一人舞い上がる。

一見、ちょっと怖いかも?と思うような風貌のご店主だけど新鮮なお魚を
珍しい食べ方で出してくれて、しかもワインはグラスからこぼれる程
なみなみとついでくれる。ここは又是非とも来たいお店だ!と帰る時に
ショップカードを貰って、帰り道ふと裏側を見ると地図の上に
小粋な言葉が書いてある。
f0019410_2292526.jpg

『想い出なんか捨てちゃってさ』

あの強面のご店主が考えたのよね・・・。
何だか堀込兄弟のフレーズで聴こえてきそうな夜でした。



Barbara(バルバラ)
大阪市中央区難波千日前5-30
tel/06-6636-0315

[PR]
by kohakuza | 2008-06-13 01:47 | music
金沢21世紀美術館
金沢へゆっくり行くのは初めてで色んな観光名所もあるのだけど
今回は突然決まった事もあり、滞在時間も少ないし、大雨も降ってたので
あちこち欲張らず金沢21世紀美術館のみを充分堪能しました。
f0019410_1740634.jpg
大きな円形の館内を展示事にパーテーションで区切っています。
展示以外にもライブラリーやミュージアムショップも充実。
それに円形の美術館をラウンド出来る庭も素敵。
所々椅子が配置されてて、いくらでもゆっくり出来そうです。
f0019410_17402955.jpg
f0019410_17541065.jpg

美術館のカフェにて、「あ〜真剣に作品観ると疲れる〜」と
マンゴーパフェやケーキで脳に糖分補給です。
ここから見える景色も、都心なのに緑が多くてゆったりしてて
金沢っていい所だな〜と思いました。
f0019410_17411610.jpg
託児所も完備されてました。
子供達が作ったものが、センスよくディスプレイされてて、さすが!
f0019410_17414588.jpg
美術館裏手の倉庫のような場所では、何か不思議な物が??
f0019410_17415775.jpg
この次の日から、日比野克彦さんのアートプロジェクト
「ホーム→アンド←アウェー」方式の展示が始まるようでした。
黄色いプラスティックの「何か」にうっすらと白いラッカーで塗装中。
日が沈むにつけ、塗装チームが増えてました。日比野さんもチラリと見かけました。
初日に向かって、今日は徹夜の覚悟でしょうか、この裏方さんのバタバタ感が
何だかワクワクしちゃうなー。
あれはどんな風に使われるのかな?
f0019410_1742996.jpg
と云う事で気になったので、次の日も朝から美術館へ向かいました。
とても面白い展示で、あの黄色「何か」の正体も分かりました。
もし、この期間に行かれる方がいたら「なるほど〜」と思うはずです。


金沢21世紀美術館 HP

オマケ♪
[PR]
by kohakuza | 2008-06-09 18:38 | art
ロン・ミュエック展  金沢21世紀美術館
どうしても間近で見てみたかったロン・ミュエックの彫刻。
日本で初公開となる今回の展覧会を観るために
金沢21世紀美術館へ行って来ました。
f0019410_3355086.jpg
ポスターに写し出された生まれたばかりの赤ん坊の彫刻、何と3m弱はある巨大Babyなのだ。
余りにもリアルなので、気持ちが悪いと思う人だって居て当然だと思いますが
イヤだと思っても心惹かれても、どちらにしても心が揺り動かされる
作品ではないだろうか。

ロン・ミュエックは1958年、オーストラリア生まれ。
現代アーティストとして作品を発表する前は、マペットやアニマトロニクスなどの
TVや広告の制作をしていて、私の大好きな映画、デヴィッド・ボウイが
魔王を演じていたジム・ヘンソン監督の『ラビリンス 魔王の迷宮 』などが代表作だ。
しかしこう云う裏方的な職人的な仕事をしている人が、割と短期間の間に
現代アートの寵児になるというのは、彼の作品がいかに精巧で
パワーがあるかという事だと思う。
f0019410_4243365.jpg

その不思議さは、何といっても作品の大きさ。(Ron Mueck作品)
巨大であったり、とても小さかったりなのだけど、どの角度から見ても
とても精巧に出来ている。
だからといって、ただ人間を精巧に拡大縮小しているのではなく
ほんの少し微妙に顔や手足のバランスが違うような気がする。
これがまったくデジタル的に人間と同じバランスだったら、蝋人形的のように
どこか滑稽に見えてしまうだろう。
写真で見ると、そのリアルさや大きさの圧倒的な存在感ばかりが
気になるけれど、実際に間近に対面するともっと人間の内面的な部分に訴える
力がある。それは例えば母性や、老いや幼さ、怪訝な視線の先にあるものかな。
f0019410_42784.jpg
雨上がりの金沢21世紀美術館。
人気の展覧会にも関わらず、この日は人も少なくじっくりと作品鑑賞できました。
金曜日だったので8時まで開館していてくれたのも有り難かった。
噂に違わぬ、素敵な美術館でした。



ロン・ミュエック展  金沢21世紀美術館
2008年4月26日(土)〜2008年8月31日(日)
月曜日休館
[PR]
by kohakuza | 2008-06-08 01:24 | art