<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ケ・ブランリー美術館とエッフェル塔
2006年6月にオープンしたばかりのケ・ブランリー美術館。
5区にあるアラブ世界研究所と同じくジャン・ヌーヴェルの設計らしい。
f0019410_1431892.jpg

こちらは美術館裏手の庭園側で、間近にエッフェル塔が見える。
もちろんケ・ブランリー美術館とエッフェル塔を同じ視界で見るのは初めてなのに
この外観のビビットな色合いに関わらず、あまり違和感は感じなかったのは
庭園がシンプルなせいかな。この庭は小さいけど小川や草むらや丘があって、
何だか気持ちいい。
f0019410_1434261.jpg
中はアジア・アフリカ・オセアニア、ラテンアメリカを中心とした原始美術、
民族文化の展示が行われている。
民族楽器や服装品、日常品から祭礼に使われる物まで幅広く扱ってて、数もかなりの物。
所蔵作品は30万点以上あるらしいからスゴイ。

内部は薄暗い証明になってて、洞窟のような廊下が続いている。
この壁が触ってみると、とても滑らかなのでよく見ると、何と革張りなのです。
その革の壁面の所々に民族文字や模様が刻印されてる。
この気持ちいい壁に触れながら進んでると、まるで美術館にいるようには感じらない。
夜のライトアップも素晴らしいそうですが、私は見れなかったので
k-hummingさんのパリ建築旅行記で、どうぞ〜。

さて、やはりここまで来たからにはエッフェル塔をしっかり見なくては。
だけど、その前に同じ名前のカフェで
パテを目一杯はさんだバゲットをいただいとこうーっと。
f0019410_2114027.jpg

・・・と、もたもたしてたら、パリの空は気まぐれでみるみる曇ってきました。
そう言えば毎日一度は傘をさしてたような。
この日はこの後、ビューービューの嵐になりました。
f0019410_2325536.jpg

外に出たらどよ〜〜んと、まるでモノクロ写真のようですが
くれぐれもカラーで撮ってます。

でもやっぱり、その美しさは何度見ても感激でした。


Musée du quai Branly
37, quai Branly - portail Debilly 75007 Paris
[PR]
by kohakuza | 2007-03-30 16:30 | 旅へ
Nemo の赤い風船
ある日、パリの胃袋と言われてるムフタール通りに美味しいモノを求めてやって来た。
ちょっと傾斜強め坂道、古い石畳の通りに料理の本から抜き出したような総菜店や
フロマージュ、クレープリー、ブーランシェリーなどが並んでて見てるだけでも楽しい。

時間をかけてゆっくりと見回ってると、トンネルの中に何やら・・・赤い風船が?
まるでアルベール・ラモリス監督の映画『赤い風船』Le Ballon Rougeみたいと
思って近寄ってみる。
f0019410_23304939.jpg

かなり上描きされたり痛んだりしてるけど、思わず見入ってしまう素敵な壁画を発見した。
よく見ると、黒い影のような男の他にもネズミやクワガタなどもいて、他の壁にも
描いてある。多分テンプレートのような型を使って、スプレーで描いてるみたい。
これは近くに他の作品があるはずだ〜っと探しまわったけど、同じようなタイプの物は
見つからない。
f0019410_23295883.jpg

それでも用心深く壁の隅々を見ながら、坂道を降りて行くと
又しても同じような作風の赤い風船と蝶を追いかけるネコ!
f0019410_0465555.jpg

まるで自分だけが暗号を探して歩いてるようで楽しくなって来た。
ヒャッホ〜ッと写真を撮って、ふと後ろを振り向くと
あれれ?本屋のドアに同じ黒い影男のポスターが貼ってあるではないか。
f0019410_0422342.jpg

どうやらこの作家の壁画の作品集らしい。(と、あっけなく暗号解読の任務終了。)
f0019410_043342.jpg

彼の名前はNemo(ネモ)と言って、パリのあちこちに黒い影男の絵を描いている。
残念ながら私が見つけたのはこの作品だけだったけど、帰ってから探してみると
こんなに多くの作品が、パリの壁に描かれている。(←他の作品も素敵)
Nemoの壁画は、街との調和と壁の特性をうまく生かして世界観を作っている。
今度パリへ行ったら他の作品も探して歩いてみたい。


どこの国でもおなじみのギャング同士の暗号(タギング)も、
これぐらいロマンティックだといいのになー♪
[PR]
by kohakuza | 2007-03-29 23:28 | my favorite things
パリの朝食に欠かせないリトルボコボコ
フランスで朝食と言えば、クロワッサンにカフェオレ。多分。
星付きホテルならこれに何か付くのかも?
ちなみに正統派パリの朝食はコチラです。
(パティシエになってほしい猫茶園さんのブログ)

だけど我がホテルにはもちろん、どこを探しても星は無いっ!
一応朝食は4.5ユーロで食べさせてくれます。でも約¥720もするのだ。
結局一番最後の日に食べたんだけど、こんな感じ↓でよく言えばシンプル?
f0019410_2501382.jpg

このクロワッサン、↑バター気がすこぶる少なくて致命的でした。
f0019410_235653.jpg

で、もっぱら近くの美味しいパン屋さんやスーパーで前日に買ったフルーツとヨーグルト、
チーズなどを部屋で食べる毎日でした。これが何でも美味しくてお安い。

フランスは基本的にコーヒーの国なので紅茶はカフェに行っても、いきなり高いのです。
その上にマズかったり、ぬるかったり。
そんな訳で紅茶好きな私たちは、毎朝お部屋で紅茶を飲んでたんですが
その時にとっても役立ったのが、コンパクトセラミックヒーター。
f0019410_2393777.jpg

その名も『リトルボコボコ』・・・・(このネーミングに、ブラボー)

これを持って行こうかな〜と真剣に悩む友人に「そこまでいらないんじゃない〜」と
斜めに見ていた私でしたが、旅の途中このリトルボコボコに何度助けられた事か。
約幅11×奥2.8×高11.7cmと携帯に便利だし、カップ2杯分ぐらいなら
あっという間にボコボコと沸騰するし、寒い夜に飲む紅茶も、急に欲しくなる
カップラーメンにもスゴく役立った。

しかし今回実物を見るまで、こんな便利な物があるなんて知らなかったな・・・。

ありがとよ〜ボコボコ。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-27 03:08 | 旅へ
不思議な剥製屋 DEYROLLE
パリには色んな素敵なお店が数あれど、私が是非行ってみたかったお店は
RUE DE BACから少し歩いた所にある剥製屋、DEYROLLE (デロール)

f0019410_148623.jpg

以前は1階も剥製が置いてあって、カフェや洋服屋さんが立ち並ぶ街並に、いきなりライオンや
シマウマが出現してたそうだが、今は1階はガーデニングのショップになっている。
(と言ってもガーデニングウェアのマネキンの首がインパラだったりするのだけど)

2階へは小さな螺旋階段をミシミシ上がって行く。壁は美しい草色。
見上げると楕円形の額縁の中に馬が描かれている・・・?のではなく、馬の首の剥製?
かと思ったら、何と壁を額縁状にくりぬいて、そこから馬が首を出していた。
もちろん馬は全身である。
こんな大きな剥製を間近に見たのは初めてて、度肝を抜かれた。
だけど、余りにも美しく状態も素晴らしい。まさに本物の馬が時間を止めてそこにいる。
しかも壁に空いた穴からボンジューゥ♪と顔をだしてイタズラしてるみたいで、
ちっとも怖さがない。
f0019410_1483124.jpg

このデロールは1831年にエミリー・デロールと言う人が学校などで使う理科実験の道具を
扱うお店として始めたらしいが、この時代、ヨーロッパの人は自然や動物に特に関心が強くなった
時代だったので、その後昆虫の標本や動物の剥製などを世界中から集めるようになり
今に至るらしい。

だから店内には白クマやオオカミなど今では希少になってしまった大型の動物から
ウサギのような小型動物、様々な鳥類、貝類、昆虫、植物、鉱石、骨格標本まで
多くの動植物が陳列されてて、博物館よりもスゴいのだけど実際に販売もレンタルも
されてるそうだから、ビックリ。
そしてどの動物もとても美しい状態で管理、陳列されてる。

動物園で生きてる動物を観察するのも好きだけど、ここでは間近にライオンや虎を
見る事が出来る。そのしなやかな肩のラインや、毛並み、足の筋肉やお腹のふくらみや
骨格など、こんなにマジマジと眺めてると、初めて動物を見たように新鮮で
初めて図鑑を開いた時のように、ワクワクとして色んな想像が沸いてくる。

生きた動物を見られなかった時代であっても、ヨーロッパの図鑑の絵が素晴らしいのは
こういうお店があったからなんだろうなと思う。
が、一方で植民地や未開の地をどんどん侵略して無軌道に収集し続けた
人間の歴史も忘れてはいけないと思う。

f0019410_2243014.jpg

昆虫写真でも有名な今森光彦さんが2003年の月刊『たくさんのふしぎ』で
「好奇心の部屋 デロール」と題して紹介されています。
月刊誌なんだけど、写真集みたいです。



『DEYROLLE』
46, RUE DU BAC 75007 PARIS

[PR]
by kohakuza | 2007-03-26 03:32 | my favorite things
リュクサンブール公園の人形劇
再びパリのお話しへ。
パリ中心部にあるリュクサンブール公園はいつも子供達の声で賑わってる。
f0019410_1342923.jpg

その中でも元気なパリッ子の熱気をしみじみ感じてしまったのがココ
Theatre du Luxembourg。週に3回ほど人形劇をやってるそうなのですが
大人気で開演前にはワクワク感たっぷりの親子が並んでいます。
f0019410_184191.jpg

中は木製のカワイイ椅子が並べられた小さい小さい劇場。
だけど作りは本当にきちんとしていて大きな劇場をそのままミニサイズに
したようで歴史を感じます。
面白かったのは子供は前列、大人は後列に座るようになっていて後ろで大人達は
自分の子供が泣いてないか楽しんでるかと気を揉んでるのだけれど、子供達は人形劇が始まると、も〜っ、ママンの心配などそっちのけで大盛り上がりです。
f0019410_1203553.jpg

本日の演目は『ピノキオ』
小さい子供にも、言葉の分からない私達にも理解できる永遠の名作。
でもここの劇場の主人公は常にギニョールと言う人形で(一番左)
彼が何か言うと子供達が「ウィーー!!」と大盛り上がりです。

それで普通のお芝居と同じでちゃんと二幕あり、間の幕間には明かりがついて
後方の親達が一斉に子供の方へ走る走る!!子供は子供で『ママ〜ン』と大声で呼ぶ!叫ぶ!
すぐに合えないとギャ〜ッと泣く声、さっき見た人形劇の話しを必死にする子、
泣きながらお菓子買ってーっと訴える子、お菓子を両手に持ってる子、ケンカ、大笑い、大泣き
まるで子供達が人形になって自由に演じ始めたようで、私にとってはこっちも面白い。
f0019410_1484681.jpg

1時間ほどで人形劇が終わると、皆は外へ。
そこにはちゃーんと風船売りのおじさんが待ち構えてる。ピノキオの教訓は効き目ナシ。
しかしこんな罠ならいくらでも引っかかってしまいたいわ〜
f0019410_152561.jpg

劇場を出ても、お楽しみはまだまだ沢山ある。
これはエッフェル塔のジャングルジム。色合いが風景に溶け込んでて
子供達が浮かんでるみたい。楽しそー♪
f0019410_1544481.jpg

こちらも色合いが抑えられて、公園の樹々の色に溶け込むメリーゴーランド。
子供達を見守る大人達。皆が子供を慈しんでる。
フランスは少子化対策が功をなしてベビーブームらしいけど
その理由がよく分かるような気がする。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-25 02:15 | 旅へ
Salvador Dali 展 サントリーミュージアム天保山
『創造する多面体』と題されて、サントリーミュージアムで開催中のダリの展覧会。
f0019410_1341754.jpg

小さい頃、ダリの絵画を画集で初めて見た時の何とも言えない衝撃を思い出した。
心の中にあるのか、夢の中にあるのか分からないけれど、その世界は確かにある。
と言うような確信を幼心に持ったような記憶がある。
その後、再び衝撃を受けたのは授業で『アンダルシアの犬』を観た時。
その頃からダリの作品や本人の生き方にも興味を深く持つようなった。
言わば芸術家に興味を持つようになった最初の人だと思う。
f0019410_2424585.jpg

今回の展覧会にはダリに惹かれるあらゆる要素が仕掛けられていて
シュルレアリストとしてだけではなく、まさに多面体の彼の世界を観る事ができる。
絵画だけでなく映像作品やオブジェ、インスタレーション、詩や文筆作品、
グラフィックデザイン、広告、衣装デザインなどなど数多く展示。
これだけの色んな作品を見せられて心の琴線を震わさない人はいないでしょう。多分。

特に1939年のニューヨーク万博のパビリオンで「ヴィーナスの夢」と題されて
作られたオブジェはまさにインスタレーションの走り。
これを製作過程から写真に収めて平面作品化してるところも、スゴイ。
こんなパビリオンを生で見てみたかったなー。

そして、ダリとガラの関係やダリがダリを演じているような部分。
アーティスト本人がアイドル化されてマスコミに取り上げられるようになって
イッキに名声を高めたのもダリが始まりなのかもしれない。

とにかく色んな角度から、改めてダリを知る上では貴重な展覧会でした。
すべての作品を観終えた満足感と、頭グチャグチャにされて全身倦怠感が
襲うので出口のミュージアムショップでは、ついついいらないグッズまで買ってしまいそう。
図録はよく出来ててお薦め。もちろん購入。
表紙が2パターンあって、ファン心をくすぐられるわ!(中身は一緒だけど)
脳が糖分補給の命令をくだしてる方にはチュッパチャプス!
(ロゴはダリがランチの席でササッと描いたデザインらしい)

f0019410_2221797.jpg

で、私がつい購入しちゃったのはコレ↑『ダリうちわ』 今年の盆踊りはコレだ!

¥300なり。微妙なとこついてるわぁ。
くぅーー、ダリの商売人め〜。





ダリが脚本・出演をこなし、ルイス・ブニュエルと組んだ異色作。
アンダルシアの犬




2007年3月8日(木)〜5月6日(日)会期中無休
Salvador Dali 展 サントリーミュージアム天保山HP
[PR]
by kohakuza | 2007-03-24 02:47 | art
フランス映画祭 『恋愛睡眠のすすめ』
f0019410_1492264.jpg

今年は高槻だけじゃなくて難波でも開催されたフランス映画祭2007in大阪。
私が観たのは、以前から楽しみにしてた『La Science des rêves』
邦題は『恋愛睡眠のすすめ』←う〜ん?
(英題の『The Science of Sleep』でよかったような気もする。)
期待はしてなかったけど監督のミッシェル・ゴンドリーのトークイベントは東京のみ。
残念〜。

さて、映画を観るかなり前からサウンドトラックを聴きこんでたのは果たして
良かったのか悪かったのか?
と言っても、音楽の流れが分かってたからって
映画の内容が手に取るように分かるかと言えば全然そうじゃない!

f0019410_1457253.jpg
だって夢と現実が混同していく恋のお話しですから、先はまったく掴めません。子供の頃、住んでいたパリにメキシコから数年ぶりに戻った夢見がちな青年ステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)が彼の魅力的な隣人ステファニー(シャルロット・ゲンズブール)と恋に落ちた時、夢と現実が交錯する。・・・と言うか夢と現実の境目と言うより、夢に妄想がプラスされてステファンにも私達にもどっちなのか?分かんなくなっちゃう訳です。


それにしてもぎこちなく不器用で、まるで縫い目ガタガタな縫いぐるみのような愛おしさを持つ主人公のステファンとステファニーの設定にガエルとシャルロットの二人がピタリと重なる。
シャルロット・ゲンズブールの素の美しさと吐息のように消えそうな声が
本当に魅力的だったな〜


f0019410_15164723.jpg

ゴンドリー監督ならでわの映像も満載。実写とストップモーションの組み合わせ方が
全体的にこの映画の象徴になってる「壊れたオモチャ」的な味わいを出してて
惹き込まれてしまいます。
エンディングにもかかるDick Annegarnの「Coutances」も心に残る。

少々好き嫌いに別れる映画だろうけど、ネガティブとポジティブが秒単位で切り替わる
恋愛した時の夢見がちな妄想感には、すこぶる共感です。

f0019410_15224916.jpg

一番左からミッシェル・ゴンドリー監督とこの映画の出演者。(上の写真の猫3匹です)
何かこうやって見ると、意外と監督が一番俳優らしく見えるのは私だけ?



『恋愛睡眠のすすめ』オフィシャルHP
[PR]
by kohakuza | 2007-03-23 15:55 | cinema
サンドニ通り
ほんの数日で他に移るつもりが、ホテル代の安さと下町の雰囲気に魅了され
私達のパリでの拠点となった10区のSaint-Denis通り。
f0019410_2492981.jpg

ホテル代は二人で1泊40ユーロ。
最初の日はあまりの部屋の狭さと、窓を開けたら井戸の底のようだったので
目が点になった。もちろんトイレ&シャワーは共同。
な、くせにビデだけはある。(これだけは未だにどうやって使うのか不明よっ!)
タオルはバスマット?と見まがうし、しかもベッドはダブル。
ただフロントの人がとてもイイ人だったり、毎日お掃除してくれるマダムはとても
丁寧に部屋も共有部分も掃除してくれるので居心地良くなって来た。
旅先では10嫌な事があったとしても、一人の素敵な人と出会うと
すべてがオッケーになっちゃうもんだ。
そんな事でオーナーに「ずっとここに泊まるから窓付きの部屋に変えて〜
シャワー付きにして〜!でも値段は安くして〜!」と嘆願すると同じ値段で
通りに面したシャワー付きの部屋にしてくれた。
で、この部屋に変わったからと言って安心できない日々は続くのだが
ここのホテルは私達に取って、結構面白いネタが満載であった。
特に窓から観察できる向かいのホテルの人間模様やこの
ホテルに泊まってる常連達については、また今度。

f0019410_2444725.jpg

さてホテルを一歩出ると、インド音楽がガンガンに流れインド系の雑貨店、お肉屋さん、
CDショップなどが並んでいて漂う香りもスパイシー。カレーも5ユーロで食べれてあり難いけど、
ちょっとおフレンチなせいか辛みが少なめなのが残念。
少し歩くと今度はトルコ系の雑貨店、薬局、ケバブ屋さんがひしめき合う。
私達がよく行っていた端正な顔立ちの親子の経営するケバブやさんも
その一つ。ケバブロースターで回転しながら焼くお肉が美味しい。
f0019410_2424628.jpg

他に中国系のレストランや総菜屋も結構あって「ここってパリ?」と聞きたくなるが
もちろんブランシェリーやフロマージュ屋さんもあり、その上なんでも安く揃う下町なのだ。

ただいつも二人組のスリらしき者が訳の分からぬ事を言いながら
寄ってくる角があるかと思うと、ずーっとポリスバスが待機してる角もあって
たまにデモなんかもやっており、警察とかなり揉めてる場面にも遭遇する。
しかし脳天気な私達には、どんなデモのスローガンもしばらくすると
「猪木、ボンバイエ!」と聴こえてくるから不思議だ。
f0019410_2441313.jpg

こんな気の抜けない通りを毎日通過してメトロに乗るのだけど
メトロの入り口にアフリカ系の若いお兄ちゃん達が、日中から集団でたまってる。
最初はさすがに怖い感じがして、他の入り口から出入りしてたが
数日経つと他の入り口の方がひと気が無くて、物騒なので
このお兄さん達のお見送りとお出迎えを受ける事にした。(勝手に)
でもって雨が降ると、お迎えが近くに避難してていないので寂しかったりする。

なんのカテゴリーにも入らない、只のツーリスト私達と
そんな私達をさして暖かく迎えてくれる訳でもない多民族なサンドニの町。
だけどこの町に腰を据えた事で、パリに滞在中はここが家になったようなもの。
自然と「モノプリ寄って家に帰ろう〜」と口走ってしまうのが、中々心地よろし。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-19 02:43 | 旅へ
ヴェルサイユ 馬術アカデミー
ヴェルサイユと言えばマリーアントワネット。
f0019410_16452011.jpg

じゃなくて大厩舎。

ここは宮殿の向い側にある大厩舎。つまり馬が飼われてる場所。
と言っても、宮殿のように大っきい〜!
f0019410_1651149.jpg

パリに行ったら是非観てみたかったZingaro ジンガロ
バルタバスと言う馬を知り尽くした人が主催する騎馬舞踏団。
ジンガロは残念ながらチケットが取れなかったけれど、彼が主任をしているヴェルサイユの
馬術アカデミーのショーを観に行きました。

それにしてもフランスではどこへ行っても馬のモチーフが使われてる事が多く
本当に馬が愛されてて、身近な存在だ。
チケットは指定席ではないので1時間前にココに着いたけれど
既に並んでる人もいて、入場する頃には大勢の人の行列ができてました。

f0019410_1711866.jpg

エントランスはすべてエルメスカラーよりやや朱が多めのオレンジで
さっきまで曇った小雨の中で待っていたので、ここに入った瞬間にパーッと目に入る
オレンジが、次の世界に入る高揚感を高めてくれます。
このライトのデザインが素敵。天井がすーっと高く感じる。

f0019410_1781383.jpg

さて、厩舎ホールの中へ。
この馬術アカデミースペクタクル、いきなり日本の弓道が登場したりして
いかにもバルタバスらしいと思わせる前衛的な物から、
とてもオーソドックスな馬術まで幅広くたっぷりと見せてくれる。
真っ暗なホールに突然光が射して馬が入ってくると
生き物の鼓動が建物全体に振動するよう。
馬の美しさ、馬に乗る人の無駄の無い身体と動き、馬と人との信頼関係、
どれも溜め息をつくばかり。どこで切り取られても絵画のように美しい。


うっとりしながら大厩舎を出て、ヴェルサイユ宮殿には背を向け
『ラ・セーヌの星』を思い出しつつ、パリへと帰りました。
だって私は花屋の娘、シモーヌだもの〜♪



ヴェルサイユ馬術アカデミーHP
[PR]
by kohakuza | 2007-03-18 18:08 | 旅へ
デジャブ?
パリに来て数日。
どこかで見た事のある人に出会う。(ポンデザールにて)
f0019410_1612143.jpg

どこかで見たのよね〜
誰だっけ??(オペラにて)
f0019410_1631944.jpg

しかもパリのあちこち至る所に貼られてる彼。
顔写真以外の情報は一切書かれてない。

尋ね人?
それとも何かメッセージ?
もしくは私への任務の暗号か?? (サンジェルマンにて)
f0019410_160457.jpg

モヤモヤしてんのに、毎日私の行く先々で現れる彼。
でも、パリに来る前に何処かで見た顔なのよねー。
気になるなぁーー。
(リュクサンブール公園前にて)
f0019410_1651385.jpg

もーーーっ、イライラする〜誰なのよっー!と、頭を抱えた頃に
ふと立ち寄ったムフタール通りのカフェで天使がヒントを与えてくれました。
f0019410_162710100.jpg

『La pièce』
と書かれた文字の下にサイトのアドレス。

あぁ、天使さまありがとう!日本に帰ったらGODじゃなくてGoogleで
検索してみます。

・・・・で、彼の正体は!
f0019410_16252265.jpg

スイマセン。
サイト見たけどコメディ集団らしき事しか分かりませんでした。
(ここまで引っ張っておきながら申し訳ないっす)
でもこの『La pièce』にアクセスして♡マークをクリックしたら
このポスターがダウンロードできるみたいです。
これからパリに行く方は是非。
中々素敵な彼ですね〜(汗)

だからどうよ!って言われても困ります。ハイ

もひとつ、私のデジャブの理由は・・・。
時々覗かせてもらってるfjell97さんの『N60』に以前載ってたのでした。
全部思い出せて良かったです!

任務完了。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-16 16:47 | 旅へ