<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
PARIS
f0019410_2585913.jpg


今からやーっと、荷作り。
明日からしばらくパリへ行って来ます。

どんな美味しいモノや素敵なモノに出会うのか?
はたまた、どんなトラブルが待ち受けてるのか?

旅は私を成長させるのか?



ではでは、皆さまオルボワール♪
[PR]
by kohakuza | 2007-02-19 03:08 | 旅へ
いぬ的生活
我が家の2匹の大猫は1日の内、多分20時間以上は爆睡。
でもって起きてるわずか数時間の間に、ご飯食べたり、用を足したり、
私が無理やり遊んでもらったり・・・。

結構、巷のビジネスマン並みの忙しいスケジュールなんです。(?)


そんな訳で先日、友人のトイプードルちゃんと念願のお散歩をしました。

わん、わほっ〜ん!
テンション高いぜ〜まだ1歳にもなってないぜ〜ヒュー♪
f0019410_23314496.jpg

遊んでーっ!誰でもいいからボール投げて〜!!
嬉しすぎて地上から2〜3センチ、常に浮いてる状態のトイプーちゃん。

どんなに遠くにボールを投げても、風のように疾走して追いかけます。
f0019410_23332269.jpg

うう、速い動き過ぎて目で追えないぞー。ピントも合わないぞー。

ボールを拾ったら、「もっと遠くまで投げろー!」と、全力疾走で帰って来ます。


。。。。。。。。


これをひたすら繰り返す事、2時間。

。。。。。。。。


もう日も落ちたし帰ろうよー。って、言ったら、今度は中々捕まりません。(泣)

。。。。。。。。


日が暮れました。


恐るべし、犬的生活。(こんな毎日なのねー)
私はやっぱり猫的人間なのでしょうか。

f0019410_23402273.jpg

帰ってご飯食べたら、プツッとスイッチ切れたように
ねむねむタイム。zzzzzz・・・


あぁ、寝顔が可愛すぎ♡やっとお鼻にピントも合いました。
おやすみ、また一緒にお散歩してねー。

zzzzzz・・・・。
[PR]
by kohakuza | 2007-02-19 00:04 | 見つけた。
モード・ディ・ポンテベッキオ
地上150m、30階からの眺め。
うひょ〜!!空中庭園をこの角度から見られるのは素敵ですが・・・。
やっぱり、ちょっとクラクラします。(高いとこ苦手)
f0019410_1454296.jpg


普段こんな場所で中々ランチする機会はありませんが、ちょっと特別に
西梅田のモード・ディ・ポンテベッキオでカナダから帰国中の友人とランチ。
行ってみると、オフィスビルの上と言うのに
店内は何と女性で溢れてます!(私も一応女ですが)
セレブなOLさん?マダム?とにかく高さ6mの天上も女性のおしゃべりで
響いておりました。平和な世の中にカンパイ。

f0019410_156058.jpg


お店からのお楽しみの一品はブロッコリーのスープ。
パスタはほうれん草とリコッタ、生ハムのカネロニ。
お魚は、ほうぼうと蕗(春の味だけど蕗のシャキシャキ感が無くて残念)

コチラには何度が来てますが、
実はあんまりお店の接客が好きではない。←コレ重要。
悪いと言うのではなくて、私が余り好きじゃないだけかもしれないけど。
何かちょっと違和感。

f0019410_221611.jpg


でも何か忘れた頃に、たーまに来てしまうのは
ドルチェはすーーごく充実してて好きなのです。
終わりよければすべて良し。
甘い物は幸せだ♡

f0019410_3124533.jpg


ところで最初の写真。実はお手洗いから撮ってます。
ギリギリまでガラスなのでちょっと怖い。(汗)


PONTE VECCHIO
[PR]
by kohakuza | 2007-02-17 03:41 | 美味しいモノ
『Paris, Je T'Aime』 パリ、ジュテーム
先日、いつもお邪魔してる龍眼日記のsabunoriさんのところで
春に公開になる「パリ、ジュテーム」の記事を読んで、俄然盛り上がって来ました。

f0019410_0282916.jpg


この映画はフランスだけでなく、全世界から、この企画に賛同し、
パリに恋した世界に名だたる18人の映画監督による
1区〜20区を舞台に織りなす5分間、20本の小さな「愛」のショートストーリー。
こうして出来上がったのが、この『パリ、ジュテーム』です。(早く観たいな〜)

さて、私は今月20日から20日間程、久々にパリに旅立ちます。
去年は忙しくて、ろくに旅行も出来なかったので
パリに行ったら、あんな所もこんな所も・・・とあれこれ計画してましたが
途中で「イヤイヤ、もっと行き当たりばったりでもいいのでは?」と、軌道修正。

のんびりと偶然を楽しんで、必然とする事にしました。

宿も最初だけ決まってますが、後は行ってから移動しつつ考えようと思ってます。
そんなこんなで、映画みたいに1日1区づつ散歩するのもイイかも?


f0019410_1104130.jpg


後、1週間で行けるかと思うとワクワクも最高潮。
まさにパリ、ジュテーム♡なのです。
スタンダードブックスストアで、一緒に行く友人と
ユーロ高に頭を痛めながら会議中。



『パリ、ジュテーム』オフィシャルHP
[PR]
by kohakuza | 2007-02-14 01:25 | 旅へ
御堂筋のボテロ
最近、ホントにお天気がいい。
昨日は友人と梅田界隈でランチした後に、あんまり気持ちいいので
御堂筋をミナミへ歩く事にした。

f0019410_284578.jpg


平日なら人や自転車で混み合ってるが、連休とあって静か。
大阪ガスビルを少し行った所に、大好きな作家のボテロの『踊り子』と言う彫刻がある。
(ちなみに御堂筋の淀屋橋から長堀までに27体も彫刻があるらしい!ビックリ)


この踊り子さん、見かける度にクスっと笑ってしまうような微笑ましさです。

作家のフェルナンド・ボテロはコロンビアの画家で彫刻家。
どんな人物も、動物もすべて丸々とふくよかに描く事で有名です。
f0019410_2265357.jpg

彼の絵や彫刻を見ると、その体型のせいか赤ちゃんのように可愛く思えてしまうのだが
実は作品にとても強いメッセージをこめる激しい作家。
2005年には、アブグレイブ収容所での米兵による囚人の拷問と虐待を描いた
50枚の絵画を発表した。
これは今までカレンダーやポスターなどでおなじみのボテロのイメージとは
全く違った衝撃がありました。

f0019410_228953.jpg

手前の怒ってる人がFernando Botero です。
この50枚の絵は売却せずに、この事件が忘れ去られ風化しないように
美術館に寄贈するらしい。
ショッキングな絵ですが、TVで連日流れる戦争の映像よりも、ずっと本質的に
人間の心の闇を描き出している。この絵を彼に描かせた怒りのパワーが
どれほど強かったのかと思いました。いつか間近で対面してみたいです。

Fernando Botero Paints Abu Ghraib


平和ボケしちゃった暖かな1日が急に愛おしく感じられました。
[PR]
by kohakuza | 2007-02-12 02:55 | art
なかひがし 京都
いま京都で最も予約が取りにくいと言われている
『なかひがし』に、ナゼか私がくっ付いて行ってきました。

f0019410_3292468.jpg


銀閣寺の交番前にひっそりとたたずむお店。

f0019410_3333750.jpg


美味しい、美味しいとは聞いておりましたが
それ以外にも、何か料理の奥深さみたいな物を感じました。
こんな味があるのだなぁーと、一品一品つくづく実感して噛み締めるようなお味。

器やお酒やおもてなしもその一部で、すべてが一つになって
オーケストラで最高の音楽を聴いた後みたいに、身体にジンジンと
染み渡ってくるような興奮は、まさにコンサートの後の気持ちに似ています。
本当に驚きのお店でした。


*八寸
*白みそに栃餅と筍
*鱒、蓮根の雪輪と鯉の鱗
*鯉のお刺身、山芋、鯉の皮
*ホロホロ鶏と椎茸あんかけ
*なれ鮨と大吟醸!
*菜の花と根菜の炊きあわせ
*お釜で炊きあがったご飯
*杓子菜の炊いたもの
*めざしとお漬け物、おネギにお味噌、納豆、ピカピカのごはん
*おこげさん
*おこげさんのお茶漬け
*デッカイ苺、酒粕のシャーベット
*黒糖の金平糖、ちょっと珈琲

私はあまり日本酒が飲めなかったのですが、なれ鮨と一緒に出して下さった
大吟醸が飲みやすく、料理とあってていくらでも飲めそうでした。
なれ鮨も初めて食べたのだけど、とてもインパクトがあって
帰り道でも、ふと味が甦ってきました。

それにしてもご飯や最後にいただいたおこげさんは
甘くてビックリしたなー。


カウンターだったので、中でテキパキとお仕事されてる様がよく見えて興味津々です。
板さんの無駄の無い動きって、見てて気持ちいいんです。
店内はもちろん満席、常連さんが多いようで帰りに次の予約をされてるようでしたが
もちろん、ぺーぺーの私には恐れ多い!!

・・・でも、また行きたいっ!否、絶対行こう!今度はお着物で!
って密かに誓った夜です。

お料理の写真は・・・・。
[PR]
by kohakuza | 2007-02-11 04:14 | 美味しいモノ
顔に出し過ぎです。
f0019410_043414.jpg

猫を飼うまで知りませんでしたが
猫って結構、表情をおもてに出しはります。

今日は、もの凄くイケズな顔してるワサビはん。
お腹が減ってるのに、カメラを向けてるので目が尖ってます。
(後ろのデスクトップのカワイイ顔してる猫とは別人よね)

おーこわ・・・。
[PR]
by kohakuza | 2007-02-09 00:52 | cat
魯肉飯 PEI PEI
大阪って不思議な地名が沢山ある。
例えば『放出』と書いてハナテンとか『喜連瓜破』と書いてキレウリワリなどなど。
『野江内代』と書いて普通ならノエウチダイと言いたいところが、実はノエウチダイ!
f0019410_0525253.jpg

そのウチンダイに地名と同じく謎の商店街があります。
谷町線の野江内代駅からスグの野江国道筋商店街。まさに国道沿い。
f0019410_054298.jpg

おお! 素敵なポスターが貼ってあります!!

この短い商店街の中に『PEI PEI』と言うお店があって、
何と!魯肉飯(ルーローハン)専門店なのです。
f0019410_0584751.jpg

かなり小さいお店で半分外にせり出してますが、中にちゃんとテーブル2ツぐらい
食べれる所もあるし、お持ち帰りも出来るらしいです。

しかし、この写真ってどこから見ても日本じゃないよーな。
f0019410_1102479.jpg

途中、いれてくれた毒出し民間薬草の『決明子』ケツメイシのお茶。
サッパリしてて、飲みやすい!(便秘でお困りの方には良いらしいです)
f0019410_123394.jpg

シュウマイやら水餃子、青菜、ザージァー麺、魯肉飯とたらふく食べましたが
どれもだいたい一品¥380ぐらいなんです。やっぱり値段も日本じゃないよーーな。
そんでもって、半屋台のようなお店で厚着してワイワイ言いながら食べた
お料理はどれもシンプルで美味しかった。
f0019410_113658.jpg

最後にいれてくれた、苦いお茶と甘いお茶。お茶請けの向日葵の種。
不思議と口の中がサッパリ!
それにしても、どうして中国茶は何杯でも飲めちゃうんだろう?
お腹がチャプチャプにならないのよねー。

もう一つ、ここには不思議なシステムがあって商店街の他のお店、ラーメン屋さんや
たこ焼き屋さんの料理もそれぞれのお店で注文できる。
だから、PEI PEIでラーメンが食べたくなって注文すると、2件隣のお店から
ラーメンがやって来るのです。逆ももちろんアリって訳。

何だか、いかにも下町の温かいほっこりした商店街でした。
[PR]
by kohakuza | 2007-02-08 01:45 | 美味しいモノ
『てぬぐい本』 濱文様
私は年中、手拭い派。
ザブサブ洗ってすぐ乾く手拭いは普段にも旅にも欠かせません。
それにハンカチよりも俄然面白い模様がいっぱいありますから
ついつい目に付くと、買わずにはいられません。

f0019410_214548100.jpg


昨日見つけた濱文様の『てぬぐい本』
手拭いを本のように折り畳んで、 二箇所をとじひもで綴じてあります。
とじひもをほどくと一枚のてぬぐいになって使えると言うもの。

f0019410_21462556.jpg


なーーんて、ワンダホ〜ォなデザインなんでしょうか〜♪

こりゃ、手ぬぐい好きにはたまりませんね。
色んな種類があって、手ぬぐい収集家魂に火をつけられそうでしたが
まずは最近、久々にカナダから帰国した友人へのお土産も兼ねて
『日本のこと』と言う種類を買ってみました。(もちろん自分のも)

糸をほどけば使えるけど、当分は飾って目で楽しみたいです。


濱文様 HP
[PR]
by kohakuza | 2007-02-06 00:52 | 見つけた。
京都 Sfera Building
再び京都へ。
金曜のあの雪はどこへやら?小春日和の暖かな日曜日。
京阪三条から縄手通を四条の方向へてくてく。

Sfera Building(スフェラビル)の2階Exhibitionへ
飯田竜太さんの個展を見に行く。

f0019410_1293224.jpg

去年、偶然この人の作品を見て、とても心に残った。
本や紙が好きな私にとって、このようなカタチで本を言葉をオブジェにしてしまう事が
とても驚きで心地よく、抜き出された言葉が音となって耳に聴こえてくるような感じがした。

2007/1/28(日)〜2007/2/12(月)
飯田竜太個展 「ryuta iida in sfera exhibition」




さて、このスフェラビルに来るのは久しぶりだし、1階のカフェでゆっくりして行く事に。
本当はおぜんざいを食べたかったけど、もう夕食の約束まで時間も無いし
お茶だけにしようとメニューを見て、プリンを注文。

f0019410_2161875.jpg



大きな窓から外観のパンチングメタルを通した日射しが気持ちよい空間です。


Sfera Building HP
[PR]
by kohakuza | 2007-02-05 02:28 | art