<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
『フラガール』
米アカデミー賞外国語映画部門へのノミネーションを目指す
日本代表作品に決まった「フラガール」
f0019410_15405672.jpg

朗報を受けた異色キャストの南海キャンディーズのしずちゃんは
「思惑通り全米が食いついてきましたね」 と自信のコメントを寄せたらしい。

さすがっ!!

f0019410_1614219.jpg
実は大のしずちゃんファンなので、彼女がどんな役で
出て来るのかとても興味津々でした。
軽めのスパイス的な役かな?と思いきや
あなどれませんよ〜!

蒼井優ちゃんも美しかったけど、
負けないぐらいしずちゃんの魅力爆発でした。

(以下ちょっとネタバレ)

(ストーリー)昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンスのショー。早速、本場ハワイでフラダンスを学び、松竹歌劇団で踊っていたという平山まどかを東京から招き、地元の娘たちのダンス特訓を始める。しかし数世代も前から山で生きてきた住民は、閉山して“ハワイ”を作る計画に大反対。まどかや娘たちへの風当たりも強く…。

今で言うところのスパリゾートみたいな所を、東北の炭坑の町で作ろう!
そしてそこでハワイアンダンスショーを見せて、ダンサーは地元の子にしよう!なんて
現代で考えても「ウソっ?」って言いたくなる計画。

だけどこんな一大計画にひたむきな夢をかけた人がいたのが、昭和の高度成長期。
まるでプロジェクトX?のようなストーリーなのだけど、明日も前向きに生きよう!なんて
素直に感動できる、丁寧に描かれた映画でした。

f0019410_16332871.jpg主役の松雪泰子、本当に美しいし演技も素晴らしい。
東京の舞台で華やかにダンサーとして生きていたのに
こんな田舎にダンスを教えるためにやって来たのは
実は借金まみれだったからですが、最初は飲んだくれて
やる気の無い、プライドだけの落ちぶれダンサー。
だけど炭坑の町の娘達とふれ合う事によって
だんだんと変化していく。

そして、ダンスを教えていた娘に暴力をふるった父親に
キレて銭湯に殴り込みに行くシーンなど、
正に体当たりで迫力あって熱さが伝わってきてスゴイのです。
思わず「どこまでも付いて行きます!」と言いたくなります。

他にフラガールの結成を見守るマネージャー役の岸部一徳も、やっぱり上手い。
別れを言う松雪泰子に「先生、いい女になったねー。」とポツリと話すところなど
グッと胸に応えます。

最後の息をのむようなダンスシーンを踊りきった蒼井優と他のダンサー達も
ホントに拍手喝采したくなる。元気になれる映画でした。

ちなみに映画館シネ・リーブル前にはこんな看板が・・・・
f0019410_17141846.jpg

もちろん、私は顔入れて写真撮りましたよ。(友人は年賀状に使うわ〜と喜んでた)
見終わった後、皆さんも是非「フラガール!オーッ!」と、叫びたくなるはず。


フラガール・オフィシャルHP
[PR]
by kohakuza | 2006-09-30 17:24 | cinema
空中庭園 アジアンフェスティバル
梅田の空中庭園のある梅田スカイビルと言えば、ガーデンシネマとシネリーブルの
どちらかに映画を観によく行きますが、昨夜はなんやら騒がしい?
気持ちいーい秋の風が美味しい香りを運んできます。
しかも、この香りと音は色々混ざってるけど・・・・・♪アジア♪

f0019410_1449052.jpg

という訳で、9/29(金)〜10/1(日)「アジアフェスティバル」 やってました。
『フラガール』のレイトショーを観に行ったのですが、金曜日は早朝から京都で仕事だったので
お腹もペコペコ。取りあえずは映画館の整理券を取って、さっそく屋台へ直行しました。

f0019410_1502179.jpg
ステージでは様々なダンスや舞踏も観れます。
写真が今一歩で申し訳ないのですが、
これはインドネシアの綺麗なお姉さんの踊り。


FM COCOLOの主催なので、
詳しいステージプログラムなどの
情報はコチラから。



f0019410_1523086.jpg

さてさて、私達はインド料理屋さんのカレー、ナン、タンドリーチキン、
タイのフォー、韓国のトッポギ・・・その他諸々をステージを観ながらいただきました。
美味しい〜!と言うか、本当に味も良かったのですが
心地よい気候と、お祭りの雰囲気とインドネシア舞踏のゆったり感で、
仕事の疲れも一気にクールダウン。
f0019410_1525844.jpg


映画を観るまでの30〜40分でしたが、すっかり満喫しました。
今日と明日で終わりなので、散歩がてらフラリと出かけられては如何でしょうか?

お腹を満たした我らは、いざ『フラガール!!』
[PR]
by kohakuza | 2006-09-30 15:13 | 見つけた。
絹笠 『とん蝶』
久々に岡山へ。
f0019410_1355214.jpg

いつもは新神戸から乗りますが、今日は新大阪から新幹線に。
やっぱり新大阪はお土産もお弁当もカフェも充実してる。
大阪人でも食べた事無い「大阪名物」なるものが勢揃い。
ちょっと小腹も空いたので、あれこれ物色してたら
「隠れ大阪名物、とん蝶!しかも七味唐辛子入り!」を発見しました。
大阪〜岡山は新幹線で40分ちょい。
普通のおにぎり一個半ぐらいの「絹笠のとん蝶」は丁度いいんです。

f0019410_1435445.jpg
中身はと言うと、「ヒヨク餅米の白蒸しに大豆、塩昆布を合わせ、 彩りに小梅を添えました。 添加物を一切加えずに蒸し上げております。 白蒸しの味わいが郷愁をそそる弊舗自慢の逸品です。」とのコト。

餅米と大豆の味と歯ごたえ、七味のピリリがきいてます。
この二等辺三角カワイイでしょ。
心惹かれるデザインですね。

極めて素朴な味ですが『絹笠』と言う老舗の和菓子屋の出してる
物なので、コンビニのオニギリとはひと味違いますよー。
お芝居を観に行った時に、知り合いが合間に食べよう!と
買って来てくれてからの私の中ではヒット商品。

だけど何故か、ここの和菓子は食べた事が無いのですが・・・。


新大阪以外でも売ってます↓コチラの店舗情報を見て下さい。
絹笠 『とん蝶』 オフィシャルHP
[PR]
by kohakuza | 2006-09-28 01:59 | 美味しいモノ
福島 Pizzeria Morita
この夏、どーんとダイエットしようと毎日コントレックス飲んで
和食ばっか食べてたにも関わらず、ほとんど体重現状維持。
秋も深まり、冬眠前のクマのように俄然食欲も沸いて来た!
どーでもいいわよっ、ダイエット!とばかりに福島へ息巻いて行ってきました〜

石釜ピザ専門店・Pizzeria Morita。
f0019410_23134777.jpg

2001年にイタリアのアドリア海北部の街、ラベンナで修行中に、バドバで開催された
ピッツア・コンテストにイタリア人以外で初めて優勝したモリタさんが
オープンさせたお店らしいですが、私はあんまりこの辺の受賞経歴などは信用しない方です。

しかーし!!お店に入ると、かわいらしい石釜と香ばしい焼き上がりの香りが充満してて
早くもアドレナリン全開です。まずは前菜盛り合わせ(小)
f0019410_23144190.jpg
おおっ、小にしてこのボリューム↑
f0019410_23155777.jpg
もう一品はアスパラと玉子のグラタンみたいなの。(名前忘れてしまいました)
意外と重たくなくてパクパク食べれました。添えられてたパンも美味しかった。
f0019410_23164252.jpg

そしてメインのピザ!(オレガノ、アンチョビ、モッツァレラ?)
生地が私好みの薄めで周りの部分がモチモチ、ふわふわです。
大きいけど二人でペロッと食べられる軽さがいいですね。
薄いと冷めるのも早いので、熱いうちにサクサク食べちゃいましょう!
ランチはピザとサラダで¥900〜というお安さらしいです。

ランチでピザは重たいかも?と思って夜に来ましたが、このピザならランチでも
大丈夫。(何なら、昼、夜でも大丈夫←私だけ?)

さて、ここまででも「ピッツア・コンテストにイタリア人以外で初めて優勝した」って事が充分に
納得できるところですが、私が驚いたのはドルチェメニューにあった「ピザのティラミス」
f0019410_23175788.jpg

どんなものなのかな?とシェフの動きを覗き見してると・・・
ピザ生地をコネてのばして、素焼き。その焼き上がったお皿のような生地に、
何とも甘い香りのメープルシロップのようなコーヒーリキュールのようなトロリとした
シロップを浸すように入れて、しばし休憩。
少し冷めたところにマスカルポーネをひいてココアパウダーをたっぷりとかけ、
バナナのアイスを添えて登場しました!
(もちろん、素人の私の覗き見ですからホントはもっと凄いテクニックですが)

これはイタリアでは一般的なんでしょうか?
私はあんまりティラミスが好きではないのですが、
これはサクッとしたピザの香ばしさ温かさが残ってて、甘さも丁度いい
久々に目から鱗のドルチェでした。
一緒に頼んだキャラメルソースのパンナコッタも美味しかったです。

お店はそんなに大きくないので夜は予約がベターです。
シェフの森田さんはテキパキと厨房を動き回って、ピザをこねたり焼いたりで
動きを見てるだけでも、きっと美味しいはずだ!と食べる前から確信できますよ。
シェフもお店の方も、とても丁寧な接客で気持ちよくディナーが楽しめました。



Pizzeria Morita ピッツァリア・モリタ
営業時間:11:30~14:30/17:30~21:30
電話:06-6450-0630 定休日:日曜日   
所在地:大阪市福島区福島5-6-33 井上ビル1F
(阪神ホテルの近くです)

[PR]
by kohakuza | 2006-09-22 00:02 | 美味しいモノ
『チェコアニメ映画祭2006』のエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー
f0019410_116856.jpg

久々に九条のシネ・ヌーヴォーに行きました。お目当ては「チェコアニメ映画祭2006」
チェコと言えば、人形をコマ撮りしたストップモーションアニメが有名ですが、今回は
アニメーションが主なチョイスになっています。
作品はどれも10分程度の短編8作品80分ぐらいでA〜Dプロの入れ替え制。(全34作品)
今のチェコ雑貨ブームにピッタリのカワイイ作品からまだ社会主義だった頃の国への
批判を秘めたシュールな作品まで色んなタイプがあって、どれも楽しめるようになってる。

本当は全部観たかったのですがラインナップを悩み見比べると、やっぱりお目当ての
エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー の『ある粉屋の話/Jsouc na rece mlynr jeden』が
入ってるAプロを観る事にしました。

エヴァはヤン・シュヴァンクマイエルの妻で彼の映画作品の美術を手がけ、二人三脚でチェコの
シュルレアリズムを牽引し世界に広めてきた画家である。
「アリス」「悦楽共犯者」「オテサーネク」など彼女の絵画ぬきでは考えられないのに
2005年の10月20日に65歳の若さで急遽した事が残念でならない。新作「Lunacyルナシー」が彼女との最後の作品になるが、彼女を失った今後のヤンの作品づくりはどうなるのだろう?
(下は「悦楽共犯者」のポスター↓)
f0019410_1503023.jpg

そのエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー の「ある粉屋の話」はとてもとても怖いお話し。
一人の兵士の悲劇の物語。ある兵士が20年振りに家に帰ってきた。あまりに長い月日が過ぎていたため、彼が自分たちの息子だと気がつかなかった両親は・・・。
11分の短さを感じさせない程、ドキドキする恐怖感。1971年の作品とは思えない新鮮さがあるけれど、全編重厚な手描きの構成は現代のアニメでは太刀打ち出来ない、ド迫力。
子供が観たら絶対泣きそうですが、子供が泣く程怖いものを認識するのは大人になる上で
必要な事かもしれません。
f0019410_1553375.jpg

・・・と、ついついヤン&エヴァ・シュヴァンクマイエル夫妻が大好きな私は、他の7作品の
事を書いていませんでした。他も1960年代〜95年ぐらいまでの作品ですが素晴らしいユーモアとアイデアです。おじいさんが魔法のポットに入ってしまい、40人に増えてしまう
ミロスラフ・シュチェパーネク の「おじいさんは40人」には大笑いしてしまいました。

シネ・ヌーヴォでは29日までですがその後、神戸アートビレッジセンターや
京都シネマで巡演されます。ココ←
f0019410_236641.jpg

最後にやっぱりエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー のヤンとの最後のアートワークである
映画、『Lunacy』のポスターを。この秋公開予定らしいけど、早く観たいなー。
ご冥福をお祈りします。
[PR]
by kohakuza | 2006-09-21 02:58 | cinema
レンタルビデオ屋さんのオーナーになる♪
いつも楽しい映画や旅行などの記事満載の「龍眼日記 Longan Diary」のsabunoriさんの
「レンタルビデオ屋さんのオーナーになる♪」が、とても楽しそうだったので
私もテイクアウトさせていただきました。
どんな企画かと言いますと・・・

あなたは明日いきなりレンタルビデオ店をオープンしなければならなくなった。
と、とにかく今すぐタイトルを揃えなきゃ!
せめて五十音につき一本ずつは揃えなきゃカッコつかん!
でもどうせなら自分が好きな映画で揃えたい。
そこは譲れないところ。リストは手元にないけどとにかく発注先へ電話して…

f0019410_1715452.jpg
さて電話口であなたは何を注文する?

☆ルール
・自分の好きな映画から選ぶ
・1監督につき1作品とする
・自力で思い出す
・外国映画、日本映画は問わず


って、こりゃ面白いわ〜と思ってやってみると、結構難しい!
それでは開店しま〜す♪ちょっと長いですがおつき合い下さい。
へ〜いイラッシャ〜イ、ラッシャ〜イ♪(右は監督名)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ 「アンダルシアの犬」 * ルイス・ブニュエル
い 「インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク」 * スティーヴン・スピルバーグ 
う 「ウィズ」 * シドニー・ルメット
え 「悦楽共犯者」 * ヤン・シュヴァンクマイエル
お 「オペレッタ狸御殿」 * 鈴木清順
か 「カイロの紫のバラ」 * ウッディ・アレン
き 「奇跡の輝き」 * ヴィンセント・ウォード
く 「蜘蛛女のキス」 * ヘクトール・バベンコ
け 「ゲッタ・ウェイ」 *  サム・ペキンパー
こ 「コックと泥棒、その妻と愛人」 *  ピーター・グリーナウェイ
さ 「細雪」 * 市川崑
し 「ジョニーは戦場へ行った」 * ダルトン・トランボ
す 「スモーク」 * ウェイン・ワン
せ 「ザ・セル」 * ターセム
そ 「ソナチネ」 * 北野武
た 「タイタス」 * ジュリー・ティモア
ち 「チキチキバンバン」 * ケン・ヒューズ
つ 「つめたく冷えた月」 * パトリック・ブシテー
て 「デリカテッセン」 * ジャン=ピエール・ジュネ
と 「トーク・トゥ・ハー」 * ペドロ・アルモドバル
な 「ナイトメアー・ビフォ・クリスマス」 * ティム・バートン
に 「2001年宇宙の旅」 * スタンリー・キューブリック
ぬ  ????
ね 「ネイキッド・ランチ」 * デビッド・クローネンバーグ
の 「ノー・マンズ・ランド」 * ダニス・ダノヴィッチ
は 「バンデッドQ」 * テリー・ギリアム
ひ 「美術館の隣の動物園」 * イ・ジャンヒャン
ふ 「ブルース・ブラザース」 * ジョン・ランディス
へ 「ペーパームーン」 * ピーター・ボグダノヴィッチ
ほ 「僕の薔薇色の人生」 * アラン・ベルリネール
ま 「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」 *  ラッセ・ハルストレム
み 「ミクロコスモス」 * クロード・ナリドサニー
む 「無能の人」 * 竹中直人
め 「メアリーポピンズ」 * ロバート・スティーブンソン
も 「モーターサイクル・ダイアリーズ」 * ウォルター・サレス
や 「野性の証明」 * 佐藤純彌
ゆ 「ゆれる」 * 西川美和
よ 「世にも怪奇な物語」 * ロジャ・ヴァディム, ルイ・マル, フェデリコ・フェリーニ
ら 「ラ・マン」 * ジャン=ジャック・アノー 
り 「リバー・ランズ・スルー・イット」 * ロバート・レッドフォード
る 「ルル・オンザ・ブリッジ」 * ポール・オースター
れ 「レッド・バイオリン」 * フランソワ・ジラール
ろ 「ローマの休日」 * ウィリアム・ワイラー
わ 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明」 *  ツイ・ハーク

私は殆ど監督とか国とか考えずに、観てる事が多いので
とりあえずは思いついた映画を並べてみて、後から監督名で答えあわせをしました。
な行が難しかったですね。全部邦題のくせに、「ね」だけ「ネイキッドランチ」にしてる所が
怪しいです〜。あと、「ぬ」はやっぱり全然思いも付きませんでした。
他にもこの映画が出したい!と思っても、監督が被っててチョイスが大変。

しかし頭の体操&自分の好き嫌いの傾向が、よーーく分かりました。
私の傾向はミュージカルとダークファンタジーが多いような?
あんまりラブストーリーや感動作は少ないですね・・・。
頭の中を整理して、もう一度観たい映画がイッパイ思い出せて楽しかったです。
すっかりハマりこんで夢にまで「架空のレンタルビデオ店」が出て来たぐらいです。

どなたかトライしませんか〜?

sabunoriさん、ありがと〜ございました〜♪
[PR]
by kohakuza | 2006-09-19 17:26 | cinema
グエムル-漢江の怪物
何故か酷評が多いらしい『グエムル-漢江の怪物』観てきました。
確かにモンスターやパニックムービーを観に行こうと思って足を運んだ人には
ちょっと肩すかしかも?でも視点を変えて家族をテーマにしたヒューマンホームドラマと思えば
ユーモアと狂気、登場人物の細かい描写など、さすがの『殺人の追憶』の
ポン・ジュノ監督です。面白いです。(以下ちょっとネタバレ)
f0019410_15275371.jpg

(ストーリー)
ソウル市内を流れる川、漢江のほとりで売店を営む一家がいた。家長ヒポンの長男カンドゥは、いい大人なのに店番すら頼りにならないが、娘のヒョンソを愛する気持ちは人一倍強かった。行楽客でにぎわうのどかな午後、人だかりのする方へ行ったカンドゥンは、橋にぶら下がり、うごめく大きな”何か”を目撃する。そして”何か”は土手に這い上がり、あっという間に人々を襲って喰い始めた。そして逃げる途中、娘のヒョンソはその怪物にさらわれてしまう。その夜、一本の電話がカンドゥンにかかってきた。「おとうさん、助けて…」。


多分、映画の前宣伝の仕方がいかにもハリウッド的パニックアクションエンターティメント!!
なのが間違いなのではないかしら?イヤ、間違いです。


予告ではグエムル(怪物)は謎の怪物?というような
得体の知れない怪物への恐怖をテーマにしてるように思えますが、
本編では冒頭に軍の霊安室が出てきてアメリカ人の医師が化学物質を排水溝へ流せと、
無責任に命令して漢江に流れ込み、数年後グエムルが生まれると言う、
ものスゴーク安直な設定。(多分、ここでヤバイと思う人は多いはず)
そして川縁でのどかに過ごす大勢の人達を、真っ昼間からイキなりガンガン襲います!
もちろんこの時、怪物は完全に姿を現してます。あらら?何か見た事あるカイブツ?

f0019410_15283092.jpg

・・・・と、こう書いてしまうとこの映画はダメなのか?と言うと、全然そうじゃありません。
主人公の家族の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)は父が経営する猫の額程の売店の店番でさえ
満足に出来ず居眠りばかりだが、一人娘のヒョンソ(コ・アソン)を溺愛してる。
そしてグエムルが現れた時、娘の手を引いて逃げたはずが間違って違う女の子の手を引いてしまい、ヒョンソは目前でグエムルにさらわれてしまう。
ヒョンソが死んだと葬式会場で集まる家族は、感情むき出しに泣いて罵りあうのだが
悲しいはずの場面が、何故かこの家族を見てると悲しめない。
家族全員がどこか滑稽でとことん頼りない。

そんな家族がヒョンソが生きてると知った時、軍や警察を敵に回して無謀にも救出に向かう。
阻んでも阻んでも誰にも止められず、ただ自分達のやれる方法のみを信じて突き進んでいくのです。

まったくヒーロー向きじゃない家族を演じてる役者陣の演技が、この映画を支えている。
家族もそうだけど、例えば弟の携帯電話会社の先輩なんてスパイス効いてます。
もしも一人でも隙があったら、この映画は本当にB級になり兼ねない危険をはらんでる。
最後にイエローガス作戦?とか言って、漢江に細菌撲滅ガスを撒こうとするところなんて
「そんなアホな〜」と叫びそうになる。

しかしそんな怪物を殺すようなガスを同じように浴びても、ただただ自分達のやれる、信じる方法のみ(火炎瓶やアーチェリーなど)で真剣に怪物に挑む彼らの演技には引き込まれてしまう。
矛盾とか滑稽さとかを吹き飛ばす力があるのだ。
片方で安直な設定、片方では迫真の演技、そのアンバランスさが私には面白かったし
監督の狙い通りかもしれない。音楽の雰囲気でそんな風に思いました。


『グエムル-漢江の怪物』オフィシャルHP
[PR]
by kohakuza | 2006-09-14 15:43 | cinema
『Yonda?Movie』新潮文庫
新潮文庫を手に取った方なら一度は応募した事があるんじゃないでしょうか?
『Yonda?club』文庫カバーの最後の所に付いてる小さい三角の応募券を集めて送ると
読んだ冊数に応じて、色んなプレゼントがもらえます。
ピンバッジやマグカップなど、かわいいパンダグッズがいっぱいで迷う所ですが、
私のお薦めは何と言っても『Yonda?Movie』
f0019410_19435920.jpg

ストーリーもパペットアニメーションとしても、とてもよく出来上がっていて
本を10冊読んだだけで、もらえるなんてちょっとお得な気がする程です。

少しだけストーリーを。
動物園の人気者のパンダ君の前のベンチで、いつも本を読んでるお姉さんがいました。
パンダくんが不思議そうに見ていると、お姉さんは本のお話しを色々してくれましたが
数日後、淋しそうな顔をしたまま来なくなってしまいました。
パンダ君はお姉さんが来なくなったのは、もう本が無くなってしまったからだと思い
クリスマスの夜に本を探して動物園から抜け出すのですが・・・・。


20分程のショートストーリーなのですが、切なくてとても温かな気持ちになって
また本が読みたいな〜と思ってしまうのです。
ナレーションは宮沢りえちゃんが担当してて、イイ声なんですよね〜彼女。
クリエイティブディレクターは「日清カップヌードル hungry?」や「ペプシマン」などで
有名な大貫卓也さん。毎年年末に新潮文庫から発売の、何も書いてないベストセラー
「マイブック」を企画したのもこの人なのです。凄いデザイナーです。

以前はVHSのビデオでしたが最近はDVDに変わりました。
私は2本持ってましたが、貸し出して1本が行方不明に。
だから今回DVDに又しても応募しました〜。←パンダムービーマニア?
届くまでには4ヶ月程かかるそうです。
秋の読書に新潮文庫を10冊選んで、パンダムービーが
春にやって来るのを楽しみにするのはいかがでしょうか?

ちょっと気長なお話ですが、その価値は充分にある作品ですよ。


f0019410_22264351.jpg

新潮文庫のYonda?Club
[PR]
by kohakuza | 2006-09-10 22:32 | Books
めがねめがね・・・。
私は目が悪いので、普段は眼鏡だけど眼鏡をかけるのは大キライ。
特に暑い日は何とも鬱陶しいし、顔にはくっきりと痕がついてしまう。
きっと高くてイイ眼鏡をかけたら、眼鏡好きになるのではないかしら?と思って
先日大枚はたいて眼鏡を作ってみた。
これは本当に清水の舞台から更に梯子で屋根まで上がって落ちるような気持ちで購入した
にも関わらず、ちょっとした事で片方のレンズを割ってしまった。
(何故、割ったかは恥ずかしくて言えない)
何と修理代だけで¥25000と言われ・・・・。
ひゃ〜〜と気絶。

同じくド近眼組の友人に話したら、彼女も先日酔っぱらって高級眼鏡を無くしたらしい。
それで急場しのぎに無印良品で眼鏡を作ったら、思ってたよりずっとヨカッタと教えてくれた。

無印良品難波店でフレームを選んで、視力を計って出来上がるまでたったの1時間。
出来上がったら微妙に顔に合わせて調整してくれる。
すべて込みで1万円弱。安〜い、早〜い!

f0019410_21132268.jpg

↑靭公園の彼女にモデルになってもらいました。
ホント、軽くてつけ心地も良いのです。
フロント(前のフレーム)と柄(つる部分)がバラバラに選べるので
自分なりの色合いを見つける事もできますよ。
私はちょっと「優しそうな眼鏡女」を狙って薄いピンク色に・・・。
お安いので冒険出来るのもいいですね。

知人家族に「今までの眼鏡の中で一番似合うかも!」と言われて、ちょっと複雑。
あの高級フレームはいつか修理代が出せるようになるまで、当分出番が無さそうだ。


そんな訳で「龍眼日記 Longan Diary」のsabunoriさんにご紹介いただいて
慌てて情報を編集。(ミッキーがかけてる眼鏡も素敵。このミッキーはCDラック?でしょうか?)
買い物がてらに眼鏡を作られる方は是非。


無印良品のめがねの取り扱い店舗一覧はコチラ。
[PR]
by kohakuza | 2006-09-09 21:26 | 見つけた。
高松宮殿下記念世界文化賞 スティーブ・ライヒ氏
夕刊を何気なく読んでいたら、高松宮殿下記念世界文化賞の授賞式が
NYのロックフェラーセンターで行われた模様が載っていた。
優れた芸術の世界的な創造者たちを顕彰する賞らしい。
その写真をチラリと見てビックリ。この世界文化賞受賞らしからぬ
野球帽を被ったオジさん・・・・。あっ、スティーブ・ライヒ!!ブラボー!
f0019410_411713.jpg

ライヒ氏曰く「男性は帽子で髪の毛を隠すというユダヤ教の戒律に従ってるためだが
アメリカ人なので野球帽が丁度いいでしょう。」との事らしい。

スティーブ・ライヒは最小限に抑えた音型を反復させるミニマル・ミュージックの先駆者として「現代における最も独創的な音楽思想家」(ニューヨーカー誌)と評される。
と、書いても彼の音楽を説明するのは難しい。
聴く人によっては、気持ちが不安になったり、高揚したり、感覚が全開したりと
評価はそれぞれ。あんまり、そこかしこで聴こえて来る音楽ではないけれど、何かのチャンスで聴く事になったら難しい事は置いといて、即スキかキライで判断できると思う。
ベルギーを拠点に活動するコンテンポラリーダンス集団「ローザス」にも音楽を提供している。

f0019410_430578.jpg

さて、この授賞式の後のセレモニー、今年の5人の受賞者と何らかの縁を持つ5人が
その業績を紹介するという形で進められたらしい。
つまりその日初めて打ち合わせする司会者が、彼らを紹介するのでは無く
受賞者が関わりのある人を選んで、その人に自分を紹介してもらうという形式。
何ともアメリカっぽくて、和やかなムードが見えてきます。
ちなみにこの記事では、絵画部門で受賞した草間弥生氏については書かれてなかったけど
もしかしたら欠席だったかも。ライヒと草間弥生のツーショットは是非見てみたかった!


高松宮殿下記念世界文化賞 オフィシャルHP

スティーブ・ライヒ オフィシャルHP


18人の音楽家のための音楽
ライヒ(スティーヴ) ライヒ /
ワーナーミュージック・ジャパン
[PR]
by kohakuza | 2006-09-09 04:55 | music