<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ベアーズ・キス

f0019410_16433763.jpg孤独なサーカスのブランコ乗りの少女と
親を撃たれた小熊のミーシャ。
ミーシャを飼い育て愛情を注ぐうちに
クマは人間に姿を変えれるようになり、二人は恋に落ちる。
ロシアのシベリアを起点に、スウェーデン、ドイツ、スペインとヨーロッパを巡る道程で
現実世界とはかけ離れた部分にあるサーカスの世界と
その中でさえも許されない二人の恋。
f0019410_16441528.jpg
余りにも動物に対して愛情を注ぎ過ぎて
「あ〜お前が人間だったらね〜」などと
思うのは女性だけなのかな?
人間には無い(もちろん自分にも無い)
生き物の純粋な部分を見ると、
誰もが思ってしまうのかもしれない。
f0019410_17251290.jpg
素敵な題材の大人のおとぎ話のような映画ではあるが
もう少し、シベリア〜スペインへの距離感や
旅の特徴を出してほしかった。土地を移るごとに出て来る絵本のような見開きが無いと、
何処にいるのか曖昧になってしまう。
特にスペインからシベリアへ少女とミーシャが帰るところは
何だかとっても呆気ない。
ラストシーンまでもが希薄に感じてしまうので惜しいなー。
f0019410_16435725.jpg
とは言え、ローラを演じたレベッカ・リリエベリはとっても目力があってカワイイし、熊のミーシャを演じた
セルゲイ・ボドロフJr.(監督の息子)も独自の寂し気な瞳が魅力的だった。
他にはどんな作品に出演してるのか?と思って調べてみたら
『2002年9月20日、監督作の準備中に北オセチア共和国の山岳地帯で発生した氷河崩落に巻き込まれ、惜しくも30歳でこの世を去った.』とあった。
何て、残念な事・・・。
この映画を見た後だから、彼が純粋な動物へ生まれ変わっていたら
いいのにな。と思ってしまった。


オフィシャルホームページ BEAR'S KISS
[PR]
by kohakuza | 2006-02-19 17:38 | cinema
家政婦は確かに見てるわ。
f0019410_13475411.jpg

どう見てもお隣を覗き見してる、我が家の家政婦ショウユさん。
くるりと巻き上がった鍵シッポが、微妙な緊張感を漂わせています。
どうも家の猫達は長いな〜。
[PR]
by kohakuza | 2006-02-18 13:58 | cat
桐野 夏生著 『柔らかな頬』
もう随分前に桐野 夏生原作の『OUT』のドラマをテレビでやっていた。
彼女の本を読んだ事は無かったけれど、話題になっていたので初回を見る事にしたが
室井滋や渡辺えり子と言った超個性派の女優陣の演技も手伝って、非常にドロドロとした
導入部分に一気に見る気がなくなって断念してしまった思い出がある。
だって、このまま見てもこのドラマに救いは無さそうだったからである。
しかし最近『柔らかな頬』を読んで気付いた事がある。
もちろんこの作品にも、救いのあるエンディング何てのは無い。
だけどそこに真実があるのだと。
最後まで救いを求めながら読むけれど、最終地点におざなりな感動など存在しない。
読みながら胸をグリグリとかき回されて、動揺し最後に落胆する。
ご期待どおりの救いを求める、自分の甘い部分を指摘し辱められるようだ。
だけど又他の作品も読みたくなってしまう。凄い作家だなー。
f0019410_17165341.jpg

柔らかな頬〈上〉 
柔らかな頬〈下〉 桐野 夏生 / 文藝春秋

桐野 夏生オフィシャルホームページBUBBLONIA
[PR]
by kohakuza | 2006-02-15 17:39 | Books
オペラ座の怪人
去年見逃してしまったけれど、やっぱり大画面で見たいので
DVD観賞をしばらく我慢してた『オペラ座の怪人』
オリンピックと共に我が家にやってきた液晶大画面テレビで今日やっと見る事が出来た。
日本では四季の舞台で何度も演じられてるし、有名な物語。配役を聞いた時は、ファントム役のジェラルド・バトラーってどんなヒト?何だかモッサリしてるわ〜などと思ってしまったのだけれどイヤイヤ歌うと素晴らしい!しかもとってもカッコイイ!
マスクを取っても全然カッコいいじゃん!と突っ込みたくなる程ですから、顔を背ける意味が分からない私でした。
f0019410_21115785.jpgもう少し若き恋人のラウルに男気があったりカッコよくて応援させてくれたらいいのだけど、最初から最後まで何とな〜く後からやって来た邪魔者王子様みたい。『首を絞められないように』と、ちゃんと注意を受けたにも関わらず、ファントムに余りにも簡単に縛られてしまう。しかもアッと言う間に頑丈に縛られてしまう。←アッケナイ
舞台を見た時から、最終的に若い恋人を選ぶクリスティーヌの選択に納得できない私は今回増々、ファントムに肩入れしてしまいました。私だったら、自分の才能を引き出してくれた人に惹かれるけどな〜。と、少々ミーハー気質が前面に出た感想でした。それにしてもオペラ座の劇場の舞台裏の雰囲気やシャンデリアが落ちて来る有名なシーンは雄大でゴージャス。例のファントムのテーマ曲が頭の中から離れなくなって、妙に大きなリアクションで歌いながら料理したりしてしまいます。やっぱりミュージカル見た後はこうでなくっちゃね〜♪

The Phantom of the Opera (2004 Movie Soundtrack)
[PR]
by kohakuza | 2006-02-14 21:46 | cinema
grafから見える関電ビル
仕事の資料集めに本屋を何件か梯子したけど、結局お目当ての本は見つからず終い。
その代わり、今の私には必要ない長編小説やら写真集やら雑誌のバックナンバーやらを
たっぷりと購入。

俄然やる気が無駄に沸いてきたので、奈良美智+graf『home』展を見に
中之島のgrafまで足を伸ばす事に決める。
去年からやってるのに会期が長いとついつい行きそびれてしまう。
で、今日はすでに会期延長期間。
f0019410_0422659.jpg
私はgrafから出た時に見える夜の景色がとても好きだ。この中之島界隈って、ここにgrafが出来たぐらいから急速に変化してるみたい。
目の前には大きな鳥が羽根をひろげたようなオブジェのある国立国際美術館と市立科学館、そして青くゆるやかに瞬くような関電ビルの灯りがある。

夜になると色んなビルが灯りをともすのだけれど、この関電ビルの照明だけはついつい探してしまうような不思議な光り方をする。
まるで暗号みたい。
それにはちゃんと訳があって、この照明はリブリット(liv-lit / Lighting as Live Reflector)と言うコンセプトで作られていて、周囲の環境、例えば風の方向や強さを表現してるらしいのである。
つまり風を表現してるって事?

でも決して街のお天気予報みたいに、ここぞとばかりにピカピカしてるのではなく
あくまでも控えめにゆっくりと、まるで大樹が鼓動してるみたいに語りかけるのです。

色んな場所から見える関電ビルは無機質な夜景の中に
ふんわりと浮かんでいるようで、
私はいつも見つけてはホッとしてしまう。


大阪・中之島の関電ビルディング・リブリット
[PR]
by kohakuza | 2006-02-11 01:01 | 見つけた。
THE有頂天ホテル
f0019410_0431674.jpgどこのブログでも大人気の『THE有頂天ホテル』
見に行く前は映画の情報を頭に入れないで
行きたいので、どの記事も見ないように
見ないように流して、やっと映画館へ
足を運べました。でも、小耳に挟んでたとおり
やっぱりスゴく笑えました。コレに尽きる!
私のお気に入りは何と言っても、筆耕係「右近さん」
オダギリジョー
には、この役で完全にハマってしまいました。『オペレッタ・狸御殿』の雨千代では、
美剣士役でチャン・ツィーと甘い歌声でデュエットを披露してくれ、この右近役では男前を打破し、超地味で繊細な筆耕係を好演。監督は唐沢寿明には一九分けの変な芸能マネージャー、オダギリジョーは妙にオデコの広いヅラを付けさせて、イケメンイメージを完全に壊してる。二人ともそれを楽しんで演じてる所がカッコイイ。謎のコールガール、篠原涼子は最高にキュートでセクシーでした。
それと忘れちゃいけないアヒルのダブダブ!ラブリ〜

ブラボ〜!あぁ面白かった!
[PR]
by kohakuza | 2006-02-08 01:22 | cinema
カイロの紫のバラ

f0019410_170113.jpg
私の大好きな映画の1本
ウディ・アレンの『カイロの紫のバラ』
映画を愛する人なら、このタイトルにビビっと来るに決まってる!と私は勝手に思っている。




主人公のセシリアは暴力をふるう夫に耐え、ウエィトレスとして働いている。
そんな彼女の唯一の楽しみは映画館へ通う事。
ある日何と映画の中のスターが彼女に話しかけ、スクリーンを飛び出して彼女と逃亡する。
映画の中と現実が入り乱れてのファンタジックでほろ苦いラブストーリー。
こんな無茶苦茶だけど、誰もが映画館で見てしまう夢の世界を違和感無く、
最後まで惹き付け感動させてしまうウディ・アレンは凄い。

f0019410_1701574.jpg
この映画が何故こんなに好きなのかと言うと、やはり映画を見るという事に
喜びに見出している人にスポットを当てているからだと思う。
最後、主人公は全ての物を失ってしまったのに、今までのように儚い虚構を
追いかけているのではなく、
本当に愛す事愛される事を知り、生き生きとした力強い目で映画を見続けます。

この映画を見ると涙が止まらず、
『バンザ〜イ映画があって良かった!』と心から思ってしまう。

世に出される全ての映画は
こんな風に映画を愛した人が
作り出すのだから気に入らなくても、
どこかいい所を探してみたい。
と、観客として初心に返る私でした。

・・・と言いつつ、
スグ忘れて文句言っちゃうけど。


カイロの紫のバラ
Woody Allen/ Mia Farrow/ Jeff Daniels
[PR]
by kohakuza | 2006-02-06 17:13 | cinema
カーネーション
f0019410_117160.jpg昨日夕暮れの京都は、突然の雪で
みるみる白くなって来ていた。
これは早く帰らなきゃ、と慌てたのが悪かった。
ちょっと凍えた階段を駆け足でダダダと降りたら
・・・・視界が急降下。
ツルッ〜ンとすべり
グニュっと嫌な音がした。

あ、あ、あ足首があらぬ方向に曲がってる〜!

どうやら何年ぶりかに捻挫したらしい。
湿布をいかめしく臭う我が家の猫たち。
週末の約束はキャンセル。
ついてないな〜(泣)

何ともトホホな気分で今日は1日音楽を聴いていた。
カーネーション の "My Little World"
この曲の歌詞のように、♪ラーラララー何だか泣けちゃうのさ〜♪ と言いたくなる。

いい曲なんだな〜と、しみじみしてたら
直枝政広さんのブログ Straight Branch を発見してしまった!

なんか、嬉し〜


GIRLFRIEND ARMY 
カーネーション
[PR]
by kohakuza | 2006-02-05 01:32 | music
ツチノコじゃありません
f0019410_2181293.jpg

みょう〜に長い2足歩行の猫、ワサビ。
洗濯物を干しにいく時に、くっ付いてベランダに出て
閉め出しをくらっちゃってます。
[PR]
by kohakuza | 2006-02-04 02:21 | cat
ショコラティエ・なかたに

f0019410_23552816.jpg『実はチョコレートが大好物である。』と
ここで宣言する必要は無いのですが
先日やっと行く事ができた
『ショコラティエ・なかたに』
チョコがあまりにも美味しかったので
かなり興奮気味です。

最近ぞくぞくとオープンする
チョコレート専門店。

私はパッケージデザインもお味も
DEMELやドゥバイヨルが好きなんですが
さすが上本町の人気パティシエ
「なかたに亭」 の出した
チョコレート専門店だけあって
期待以上のお味でした。


f0019410_23561635.jpgお店は谷町4丁目付近で、ちょっと見つけにくいです。
ビルの外観は、まるでパリのアパートメントみたい。
名前も鎗屋アパートメント。
そのレトロなビルの地下1階にあるのですが
お店を見つけて階段を降りていくだけで
ドキドキしますよ。

こういうお店の演出や雰囲気は
あの高価なチョコを買う勇気を与えるためにも
必要だなーと思います。
デパ地下で買った時と、満足感が違いますもの。




f0019410_081361.jpgカカオたっぷりの板チョコやボンボンもお薦めですが
このチョコレートのジャムをサクサクのクロワッサンに付けて
食べると美味しいのです〜。

バレンタインの下見で行きましたが
自分のばっかり買ってしまいそうだな〜。



『ショコラティエ・なかたに』
大阪市中央区鎗屋町1-4-1鎗屋アパートメントB1・1F
TEL 06-6943-0023
営業時間 11:00AM〜7:00PM
 定休日 月曜日

[PR]
by kohakuza | 2006-02-03 00:27 | 美味しいモノ