カテゴリ:cinema( 60 )
祝・初ゾンビ!
暑中お見舞い申し上げます

毎年の事ながらこの暑さ…慣れないわー。
連日食べ続けるアイスバーの木の棒で
いつか甘い薫り漂うお家を建ててみたい。

さて、しばらく映画を観ていなかったので
久々に映画部で何か観ようと思ったら、既に夏休みシーズン。
トイストーリー3にする?かりぐらしの・・・?と
思案する友人に、イヤイヤそんな感動作を観てもいいのか、このメンバーで。
そもそも我が映画部は「一人で観れない、でも誰も誘えない」をモットーとしているのだ。
ここは初心に戻って『今日はゾンビランド観る!』と発表。
かなりのブーイングでしたが決行です。
f0019410_16235487.jpg

人生初のゾンビ映画鑑賞。
金曜のレイトショーというのに、お客は私達3人と前列1人。
始まって30秒で、ギャァ〜〜〜とのけぞり
お客が少ない事もあって、大声で悲鳴上げまくりでした。
でも悲鳴と大爆笑が交互にやってきて、終わった後は遊園地の
アトラクションのような爽快感。そして何故かハートウォーミング。
私達があまりに騒ぐので、前列一人の男性も
その内大騒ぎ&オーバーアクションになって
席を立つ時、振り返り様満面の笑みで『どーも』と言って
去って行きました。何なんだーこの一体感。

最後までトイストーリー3にしようと言ってた生真面目な友人Aが
始まり直後から一番大騒ぎで笑い声が響いてたのですが
「めっちゃストレス解消したわ!アリガトー、ナーイスチョイスッ!」と
見終わった後、眼をギランギランさせロック大音量で
ヒャッホ〜とアクセル踏んで帰って行きましたが
今度会った時、車に『3』と描いてないか心配です。

さて、私にゾンビ映画観てみようかなーと思わせてくれたのは
いつもお世話になってる龍眼DAIARYのsabunoriさん。
映画の楽しい解説はコチラで!
BMサイコー♪
[PR]
by kohakuza | 2010-07-30 23:03 | cinema
かいじゅうたちのいるところ
f0019410_2353716.jpg

早く観たい!と焦る映画ほど、忙しい時期にあたったりする。
昨年から熱望しつつ、ほぼ上映最終日にセーフで鑑賞。

絵本とは、全く違うものになるとは予想してたけど、
さすがはスパイク・ジョーンズ監督で
絵本の持つメッセージ性を損なわず
現代的な家族の問題も含ませてるのに、そこからサラリと
かいじゅうのいる島へ、私の気持ちを運んで行ってくれました。
かいじゅう達とマックスの暴れっぷりも最高!
あんな無茶な事しまくりたいわ〜
f0019410_23532430.jpg

絵本も映画も、大切な事は一切言葉として
声高に語られない。
子供ならでわのジレンマを抱えつつ
マックスは何一つ解決出来ずに、お家に帰る。
その冒険の成長の証は不完全なままで、むき出しの未熟さが
切なく心に突き刺さるのだ。
そんな風にもがいてた子供時代を思い出すのだ。


もちろん音楽もホント素晴らしかったです♪




Where the Wild Things Are

Karen O. & the Kids / Interscope Records


[PR]
by kohakuza | 2010-02-11 00:22 | cinema
パッセンジャーズ
『sabunoriさん、まさかコレほどの嬉しい誤算になるとは・・・。』
f0019410_241640.jpg

と、いきなりメッセージから入ってしまいました。
私がほぼ毎日お邪魔するsabunoriさんの龍眼日記の
"2009お気に入り映画ベスト10"
に入っていた、
『パッセンジャーズ』をDVDにて鑑賞。

この映画、公開してた事すら知らなかったのですが
ヒットしてたのかな?イヤ、知らなかったのはバカな私だけと信じたい。

見終わった後に感じる事、思い浮かべる事、思い出す顔は
見た人それぞれに、きっと違うのだろう。
内容は控えておくが、ハラハラとしみじみと
温かい涙が落ちてしまうような映画でした。

sabunoriさんに感謝をこめてサービスショット♪バウバウ
f0019410_275838.jpg

f0019410_281263.jpg

f0019410_282627.jpg

★犬の映画じゃないのですが、重要な登場犬物なのです↑

パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


[PR]
by kohakuza | 2010-01-17 01:38 | cinema
AVATAER
今年の劇場観初めは『かいじゅうたちのいるところ』になるはずでしたが
映画部スケジュールにより、意外にも『アバター』となった。
へ?アバターって何?ぐらい世間からハズレてて、まったく内容とか知らなかったので
ええっ!!3D映画?!眼鏡かけて観るの?という具合。
CG系の作品をほぼ観てないアナログトリオ部にとっては衝撃的な3D元年となりました。
f0019410_21363488.jpg

で、映画の内容は本当に面白かった〜♪
ストーリーはオーソドックスですが、映像美だけに目を奪われる事の無い力もあり
楽しめました。とはいえ、ホント完璧な世界観!
半分以上は見きれてないと思うので、もう一度観て細部を観察したぐらいです。

この中で私が知ってるキャストはシガニー・ウィーバーだけでしたが
彼女のキャリアを思うと、ゴーストバスターズ→エイリアンシリーズ→ギャラクシークエスト(?)
→アバターと、所謂、宇宙チックな特撮ものが多いけど、まさに技術の進歩と共に歩んでるのね〜
などと考えつつ・・・ふと、え?あの人年は幾つなんだろう?
殆ど最初に見た時辺りから変わってないなー。
「もしやCG?」
イヤイヤ、やっぱり凄い存在感ある女優さんですね。
すばらしく変態っぷりのイイ、悪役軍曹もよかった。

それにしても「眼鏡オンめがね」は重たかった。
映像も大事だけど、メガネも進歩していただきたいものです。
[PR]
by kohakuza | 2010-01-15 22:11 | cinema
ワルカツ!
たまってたポイントやら、無料お試しやらで
とうとう宅配レンタルに申し込んでしまった。6枚程無料らしいので
自分では中々借りそうにない作品を選んでみることにした。

やってきたのは1960年、モノクロ作品『不知火検校』(しらぬいけんぎょう)
f0019410_3282569.jpg

勝新太郎が『座頭市』の以前に主演し、元になった作品らしい。
ストーリーは幼少から天才的な悪知恵を持つ盲目の杉の市(勝新太郎)が
按摩師・不知火檢校に弟子入りして一人前の按摩師になるが、
次々と悪時を重ね、師匠の検校をも殺してその身代わりとして位につき、
さらなる悪事を重ねていく。

いやぁ〜とにかく悪いっ!容赦なく非道!でした。
何せ当時の予告編のコピーが『手さぐりで、女をくどき、金をゆすり、人を殺す』ですから。
杉の市は盲目の按摩ですが、彼に見入られると、
善良な人々はアッと言う間に闇へ突き落とされるのです。
そんな杉の市にまんまと騙される、武家の貞淑な妻役、(後の勝さんの奥様)
中村玉緒さんは可憐で美しかったです。

あまりの悪カツ振りに驚きますが
とことん悪いにもかかわらず、どこか笑えて痛快で艶っぽくて
正にピカレスクでしょうか。
そういうキャラクターを作り上げた、勝新太郎とはスゴい役者さんだったのかー。と
今頃ですが思いました。
「座頭市」も観た事ないので、是非観たいです。

さて・・・。
[PR]
by kohakuza | 2010-01-06 01:24 | cinema
かかしのマイケル
f0019410_3194682.jpg

メリークリスマス!

素敵な聖夜をお過ごしでしょうか?
私はこの小人みたいに切れない岩石を
楽しくギーコギーコ切ってます。

さて1ヶ月程前の事、ある方が言いました。
『でもクリスマスも近いので『ウィズ』が観たいです。かかしのマイケル。』

そうそう!そうなのよ!
私も観たかったのです。このクリスマスまでに、かかしのマイケル。
M・ジャクソンの出演作品の中で一番好きな映画『WIZ』です。

しかし我が家の近くのレンタルショップには無い。
DVDはMJの死後、高値がついていて手が出せない。
家にあるのは、昔TVでやってた録画ビデオだけ。
と、思いきや
家には既にビデオデッキがないのだ。
さて、どうしよう・・・。
友達に連絡すると、デッキがあるから家で観よう!って事になり
先週に行くと、デッキの中に詰まったビデオが出て来なくて見れず終い。

ビデオ・デッキさん、つい最近まであんなに楽しい日々を過ごしていたのに
一度お別れしたら、よりは戻せないのね〜。(泣)

そして何とか観れたのは一昨日。
ザラザラのビデオ画像(CM入り)で観る『WIZ』は、やはり名作でした。



ところが、本日友人からメールが「今晩TVでWIZやるみたいよ〜」と、来ました。

そうなんです!クリスマスイブにTVで深夜に放送されていたのです。ヒュ〜♪

更に嬉しい知らせが!
DVD『WIZ』が来年1月27日に再発されるみたいです。
わーいわーい!しかも安いっ!


ウィズ [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



『オズの魔法使い』の原作も好きなのですが
この「WIZ」もとても素晴らしい作品で、マイケルが本当に楽しそうに
歌って演じていてキャストの中でも、ズバ抜けてるように思う。

彼が亡くなってしまった今観ると
かかしのマイケルが本当に欲しかったのは、勇気だったのでは?
と、思ってしまった。
[PR]
by kohakuza | 2009-12-25 01:33 | cinema
『生きているのは、お前か俺か』
f0019410_0384856.jpg

ご無沙汰しております。
季節の変化を感じる間もなく、怒濤の忙しさの中
完全に煮詰まってましたが、生きてます。

これだけは!と上映最終日に、遠く八尾市のシネコンのレイトショーに
飛び込んだのは『松田優作 SOUL RED 生きているのは、お前か俺か』
ある意味、映画館に辿り着いただけで満足して
睡魔が襲ってきましたが・・・。

そんな私に往復ビンタ。
スクリーンに映し出された冒頭シーンは
『ブラックレイン』のサトウ役オーディションのために
東京のホテルの1室で演じる松田優作の姿でした。
そこから映画が終わるまでの間、瞬きが出来ない程の圧倒的な存在感。
何なんだろう?この人の放つパワーは!

親交が深かった映画関係者や役者のインタヴューを交えて
進んでいくのですが、生きてる彼らよりも
例えスチールでも松田優作の姿の方が
えぐるような躍動感を感じられるのでした。
f0019410_263587.jpg

少し前に観たマイケルジャクソンの『THIS IS IT』の時も
思いましたが、この人たちは本当に死んだのだろうか?

そして私は本当に生きれているの?
[PR]
by kohakuza | 2009-11-26 00:37 | cinema
『しんぼる』
f0019410_1223763.jpg

ハワ〜イと言ってもかなり奥地の人里離れた所に住んでいる友人が
久々に帰国して、映画部メンバーに加わって『しんぼる』鑑賞。
「何故に、しんぼる?」と思いましたが
海外では中々日本映画を見る機会がないので、観たかったのだそうです。

それでめっちゃくちゃウケていました!?
以前メキシコにも住んでた彼女曰く、メキシコの家族の描写がめっちゃ笑える!!と
ほぼ貸し切り状態の、レイトショーのシネコンでお腹抱えて大爆笑してました。
すでに海外生活10年以上の彼女は、笑いのツボはやや日本人離れ。
この反応を見て「この映画、結構海外でウケちゃうのかも?」とか思うのでした。

私の感想はというと、まったく違うツボでしたが
結構面白かった。
それで意外にも時間を感じなかったように思いますが
これをDVDで見ると、途中で止めちゃうでしょうね。
完全に映画時間の間の取り方でした。
深読み無用で、残る物もナイところが好きです。
[PR]
by kohakuza | 2009-10-12 01:45 | cinema
南極料理人
f0019410_1295159.jpg

『南極料理人』を観に行きました。
私は常々食べる事には、最大重きを置いてるので
(と、言っても美食家ではなく楽食家)
映画の間中、只ただ堺雅人演じる料理人が繰り出す料理を目で食し
きたろう隊長が、ラーメン在庫が無くなった事に嘆くシーンで
同情しまくって涙しましたが、物語の展開とか意味とかまったく忘却してしまいました。
でも何となくとても平和な気持ちになって、さっそくサッポロ一番を食べて
『きたろう〜!ヒュ〜ッ!』と夜中に吠えました。

メチャいい映画です。
[PR]
by kohakuza | 2009-09-09 01:47 | cinema
『色即ぜねれいしょん』初日舞台挨拶
おぉ、関西先行上映!?
みうらじゅんさん原作、田口トモロヲ監督の
『色即ぜねれいしょん』初日舞台挨拶へ行って参りました。
上記のお二人に主役の渡辺大知くん、リリー・フランキーさんなど。
リリーさんは何と、名古屋のTOKYO No.1 SOUL SETのライブ時にも着ていた
TOKYO No.1 SOUL SETのキャップ、バッジ、Tシャツ姿!
社長愛だわー♪つくづく感心したのは私だけでしょうか。
f0019410_3241016.jpg

開口一番、田口監督のお言葉。
今日は沢山おこしいただいて・・・(←ココまでは渋い声)
『マンモスうれピーッ!』でした。さ、さすが〜

その後もみうらさん、田口監督、リリーさんの面白トークは続き
映画のジュン役そのままの黒猫チェルシーの渡辺大知くん、この日19歳の誕生日で
ご両親もお見えになってて、何だか和気あいあいムードのまま終了。
その後本編が始まりました。
f0019410_324389.jpg
ストーリーは、1970年代、京都の仏教系男子校に通う高校一年生のジュン。
ボブ・ディランに憧れてロックな生き方を目指してるけど、体育会系でもヤンキーでもない
文科系は肩身が狭いし、家では優しすぎる両親が心配してくれるし・・・。
と、ロックとはほど遠い平凡で退屈な日々に悶々としていた。
そして夏休み、フリーセックス!を目指してユースホステルへ向かうのでした。
のような、見事にみうらさんらしい青春ノイローゼ的物語。
f0019410_3245210.jpg
脇を固める音楽系役者陣もかなり豪華で、ジュンの両親役の堀ちえみ、リリー・フランキー。
ユースのヘルパー役に峯田和伸くん(銀杏BOYZ)
ジュンのヒッピー家庭教師に岸田繁くん(くるり)と、二人ともミュージシャンの時とは
違った良い味わいを醸し出してました。
峯田くんはきっと今後も役者として色んな映画にでるだろうなーと言うような存在感。
ヒッピー家庭教師、岸田くんがジュンを「ぼん」と呼びかけるナチュラルな京都弁が渋ーい。
1970年代の似合い過ぎる二人だ。
そしてもじもじ悶々としたジュン役を、素のまま演じたような
渡辺大知くんが歌った時の変貌ぶりは
今後、黒猫チェルシーとしてどんな活躍をするのかとても楽しみ。

体育系でもヤンキーでもないけど、大多数の音楽を愛する文科系に
ぴったりの青春映画でした。

『色即ぜねれいしょん』HP

色即ぜねれいしょん (光文社文庫)

みうら じゅん / 光文社



どうしようかな

峯田和伸(銀杏BOYZ),岸田繁(くるり) 渡辺大知(黒猫チェルシー) / UKプロジェクト


[PR]
by kohakuza | 2009-08-09 01:22 | cinema