カテゴリ:旅へ( 32 )
サンドニ通り
ほんの数日で他に移るつもりが、ホテル代の安さと下町の雰囲気に魅了され
私達のパリでの拠点となった10区のSaint-Denis通り。
f0019410_2492981.jpg

ホテル代は二人で1泊40ユーロ。
最初の日はあまりの部屋の狭さと、窓を開けたら井戸の底のようだったので
目が点になった。もちろんトイレ&シャワーは共同。
な、くせにビデだけはある。(これだけは未だにどうやって使うのか不明よっ!)
タオルはバスマット?と見まがうし、しかもベッドはダブル。
ただフロントの人がとてもイイ人だったり、毎日お掃除してくれるマダムはとても
丁寧に部屋も共有部分も掃除してくれるので居心地良くなって来た。
旅先では10嫌な事があったとしても、一人の素敵な人と出会うと
すべてがオッケーになっちゃうもんだ。
そんな事でオーナーに「ずっとここに泊まるから窓付きの部屋に変えて〜
シャワー付きにして〜!でも値段は安くして〜!」と嘆願すると同じ値段で
通りに面したシャワー付きの部屋にしてくれた。
で、この部屋に変わったからと言って安心できない日々は続くのだが
ここのホテルは私達に取って、結構面白いネタが満載であった。
特に窓から観察できる向かいのホテルの人間模様やこの
ホテルに泊まってる常連達については、また今度。

f0019410_2444725.jpg

さてホテルを一歩出ると、インド音楽がガンガンに流れインド系の雑貨店、お肉屋さん、
CDショップなどが並んでいて漂う香りもスパイシー。カレーも5ユーロで食べれてあり難いけど、
ちょっとおフレンチなせいか辛みが少なめなのが残念。
少し歩くと今度はトルコ系の雑貨店、薬局、ケバブ屋さんがひしめき合う。
私達がよく行っていた端正な顔立ちの親子の経営するケバブやさんも
その一つ。ケバブロースターで回転しながら焼くお肉が美味しい。
f0019410_2424628.jpg

他に中国系のレストランや総菜屋も結構あって「ここってパリ?」と聞きたくなるが
もちろんブランシェリーやフロマージュ屋さんもあり、その上なんでも安く揃う下町なのだ。

ただいつも二人組のスリらしき者が訳の分からぬ事を言いながら
寄ってくる角があるかと思うと、ずーっとポリスバスが待機してる角もあって
たまにデモなんかもやっており、警察とかなり揉めてる場面にも遭遇する。
しかし脳天気な私達には、どんなデモのスローガンもしばらくすると
「猪木、ボンバイエ!」と聴こえてくるから不思議だ。
f0019410_2441313.jpg

こんな気の抜けない通りを毎日通過してメトロに乗るのだけど
メトロの入り口にアフリカ系の若いお兄ちゃん達が、日中から集団でたまってる。
最初はさすがに怖い感じがして、他の入り口から出入りしてたが
数日経つと他の入り口の方がひと気が無くて、物騒なので
このお兄さん達のお見送りとお出迎えを受ける事にした。(勝手に)
でもって雨が降ると、お迎えが近くに避難してていないので寂しかったりする。

なんのカテゴリーにも入らない、只のツーリスト私達と
そんな私達をさして暖かく迎えてくれる訳でもない多民族なサンドニの町。
だけどこの町に腰を据えた事で、パリに滞在中はここが家になったようなもの。
自然と「モノプリ寄って家に帰ろう〜」と口走ってしまうのが、中々心地よろし。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-19 02:43 | 旅へ
ヴェルサイユ 馬術アカデミー
ヴェルサイユと言えばマリーアントワネット。
f0019410_16452011.jpg

じゃなくて大厩舎。

ここは宮殿の向い側にある大厩舎。つまり馬が飼われてる場所。
と言っても、宮殿のように大っきい〜!
f0019410_1651149.jpg

パリに行ったら是非観てみたかったZingaro ジンガロ
バルタバスと言う馬を知り尽くした人が主催する騎馬舞踏団。
ジンガロは残念ながらチケットが取れなかったけれど、彼が主任をしているヴェルサイユの
馬術アカデミーのショーを観に行きました。

それにしてもフランスではどこへ行っても馬のモチーフが使われてる事が多く
本当に馬が愛されてて、身近な存在だ。
チケットは指定席ではないので1時間前にココに着いたけれど
既に並んでる人もいて、入場する頃には大勢の人の行列ができてました。

f0019410_1711866.jpg

エントランスはすべてエルメスカラーよりやや朱が多めのオレンジで
さっきまで曇った小雨の中で待っていたので、ここに入った瞬間にパーッと目に入る
オレンジが、次の世界に入る高揚感を高めてくれます。
このライトのデザインが素敵。天井がすーっと高く感じる。

f0019410_1781383.jpg

さて、厩舎ホールの中へ。
この馬術アカデミースペクタクル、いきなり日本の弓道が登場したりして
いかにもバルタバスらしいと思わせる前衛的な物から、
とてもオーソドックスな馬術まで幅広くたっぷりと見せてくれる。
真っ暗なホールに突然光が射して馬が入ってくると
生き物の鼓動が建物全体に振動するよう。
馬の美しさ、馬に乗る人の無駄の無い身体と動き、馬と人との信頼関係、
どれも溜め息をつくばかり。どこで切り取られても絵画のように美しい。


うっとりしながら大厩舎を出て、ヴェルサイユ宮殿には背を向け
『ラ・セーヌの星』を思い出しつつ、パリへと帰りました。
だって私は花屋の娘、シモーヌだもの〜♪



ヴェルサイユ馬術アカデミーHP
[PR]
by kohakuza | 2007-03-18 18:08 | 旅へ
デジャブ?
パリに来て数日。
どこかで見た事のある人に出会う。(ポンデザールにて)
f0019410_1612143.jpg

どこかで見たのよね〜
誰だっけ??(オペラにて)
f0019410_1631944.jpg

しかもパリのあちこち至る所に貼られてる彼。
顔写真以外の情報は一切書かれてない。

尋ね人?
それとも何かメッセージ?
もしくは私への任務の暗号か?? (サンジェルマンにて)
f0019410_160457.jpg

モヤモヤしてんのに、毎日私の行く先々で現れる彼。
でも、パリに来る前に何処かで見た顔なのよねー。
気になるなぁーー。
(リュクサンブール公園前にて)
f0019410_1651385.jpg

もーーーっ、イライラする〜誰なのよっー!と、頭を抱えた頃に
ふと立ち寄ったムフタール通りのカフェで天使がヒントを与えてくれました。
f0019410_162710100.jpg

『La pièce』
と書かれた文字の下にサイトのアドレス。

あぁ、天使さまありがとう!日本に帰ったらGODじゃなくてGoogleで
検索してみます。

・・・・で、彼の正体は!
f0019410_16252265.jpg

スイマセン。
サイト見たけどコメディ集団らしき事しか分かりませんでした。
(ここまで引っ張っておきながら申し訳ないっす)
でもこの『La pièce』にアクセスして♡マークをクリックしたら
このポスターがダウンロードできるみたいです。
これからパリに行く方は是非。
中々素敵な彼ですね〜(汗)

だからどうよ!って言われても困ります。ハイ

もひとつ、私のデジャブの理由は・・・。
時々覗かせてもらってるfjell97さんの『N60』に以前載ってたのでした。
全部思い出せて良かったです!

任務完了。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-16 16:47 | 旅へ
Pont des Arts 芸術橋
1804年に完成したパリ最初の鉄橋、ポン・デザール橋。
彼女は風船と空を写真に撮っていた。
f0019410_16451627.jpg

その姿がとてもカワイイので、後ろから私がパチリ。
しばらくして、風に放された風船はもの凄い勢いで空へ吸い込まれていきました。
余りにも速くて、あっという間に点になっちゃった風船を
彼女はニコニコしながらいつまでも眺めてました。

f0019410_1701576.jpg

車の通らない橋なので、この上で展覧会やライブなども催される芸術橋。
夕暮れ近いこの橋の上で、しばし眺めてると色んな人が色んな時間を過ごしてる。
歩くと木を踏みしめる音が気持ちいい。
そう言えば、この橋と同じ橋を京都の鴨川に作る計画があって、
猛反対受けて流れちゃったな〜とか思い出しました。
この場所に立ってみると、京都にあっても良かったかも?って思ってしまいます。

f0019410_16584675.jpg

大声で歌いながらやって来た謎の自転車集団。
めちゃくちゃ楽しそう!
写真を撮って、次の目的地へ又歌いながら行ってしまいました。

f0019410_172422.jpg


みんな、ニコニコです♪
[PR]
by kohakuza | 2007-03-14 17:12 | 旅へ
オペラ〜Ladurée
移民の街、サンドニからメトロ8番に乗ってオペラへ。
階段を上ると、さっきまで小雨が嘘のような、カラリと晴天のオペラ・ガルニエ。
よくTVや本で見るお馴染みの場所だけど、すーごく美しい。
f0019410_1512345.jpg

どこでもいいからカフェに直行。お腹がペコペコ!
そしてカフェでは定番メニューのフロマージュ、ジャンボンのオムレツに感激。
f0019410_2152343.jpg


空腹も満たされて、一安心。
今日はこの辺をブラブラ歩きつつ、fnacへチケットを取りに行く。
fnacはCD、DVD、本などが売ってる大型書店でプレイガイドもあって便利。
私達が行ってる間、Zingaro(騎馬舞踏団)の公演が3回程あったので、どんなに高額でも
観たかったのだけど、大人気公演らしくやっぱり無理でした。(泣)
「次回は必ずっ!」と、鼻息荒くリベンジを誓って
ヴェルサイユの馬術アカデミーとシルク・ディベールのチケットをゲット。
よしよし、これで安心です。


安心したら・・・欲しくなって来ました、甘い物が。
しかしパリとは何とお菓子屋さん、特にショコラティエの多い街でしょうか。
三歩歩けばショコラティエ、振り返ればマカロン!

f0019410_223483.jpg

サンドニ界隈では黙々と早歩きな私達ですが
オペラ界隈の甘い物の誘惑にはカンタンに負けます。
マドレーヌ寺院からすぐの老舗ラデュレ本店へ、マカロンタワーに導かれるまま
お店に入って、せっかくなのでサロン・ド・テで一時を。
このラデュレ・グリーン?が印象的だな〜、上品な色合いです。
店内は素敵なマダムとムッシュで満員。
フランスの紳士が一人で甘い物を食べる姿って、何とも絵になります。
f0019410_241161.jpg

浮かれましょうよー初日ですもの♪



LaduréeオフィシャルHP
Ladurée Royale
16, rue Royale - 75008 Paris

[PR]
by kohakuza | 2007-03-14 03:20 | 旅へ
パリ到着 Strasbourg-Saint-Denis駅へ
無事に帰国しました。
久々に長期で行ったパリは、ユーロ高に身ぐるみ剥がされる思いでしたが
本当に面白かった〜。これからしばらく、旅行中の事を書こうと思ってるので
おつき合い下さい。

f0019410_16392556.jpg

大阪からコリアンエアーでパリに到着したのは、日も暮れた頃。
C.D.Gから北駅で地下鉄に乗り換えて、日本から取った格安ホテルへ直行しようと
最寄り駅のGare de l'Est 駅へ。のはずが・・・
と、ここでイキなりパリの洗礼に遭遇。
何と駅に止まら〜ん!!
工事マークが付いてるのは分かってたけど、完全に閉鎖されてるとはっ!
仕方が無いので 次のStrasbourg — Saint-Denis駅で下車。
予想はしてたけど、かーなり荒んだ雰囲気です。
小雨降る中、重たいバッゲッジを引っ張って、どー見ても中近東な方々の多い
通りを歩き、何とかホテルへ到着。
雑誌に載ってるお洒落パリとは程遠いこの界隈。
ほんの2〜3泊したら他へ移るはずだったのに、何故か私達の拠点になってしまうとは
この時は予想もしてなかったのでした。

f0019410_18345996.jpg

さて一夜明けて、この10区のサンドニ界隈。
トルコ、インド、中国系、アフリカ系の移民の方々が程よくテリトリーを守って
生活していて、最初の夜こそ怖かったものの慣れれば中々混沌としていて興味深い。
通りのはじまりには凱旋門だってちゃんとある。
パリにはシャンゼリゼ以外にも凱旋門が5つもあるんですよー。
このサンドニ門は最古の凱旋門です。

f0019410_1934842.jpg

ちなみに私達の泊まっていたホテルから少し南へ行った所も北へ上がった所にも
娼婦街がありまして、フランス映画に出て来そうな絵になるお姉さんが
昼夜を問わずお仕事待ちされています。(フランスなんだから当たり前だけど)
と言っても、そこは洋服や布地の問屋街でもあったりして、やっぱり混沌としてる。

そんな訳で、ガイドブックにも書いてあるように決して治安の良い場所ではないけど
メトロは8.9.4番が乗り入れててどこへも行きやすいし、中心部に比べたら
何でも安く食べられるし、すっかり気に入ってしまったのでした。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-13 17:06 | 旅へ
PARIS
f0019410_2585913.jpg


今からやーっと、荷作り。
明日からしばらくパリへ行って来ます。

どんな美味しいモノや素敵なモノに出会うのか?
はたまた、どんなトラブルが待ち受けてるのか?

旅は私を成長させるのか?



ではでは、皆さまオルボワール♪
[PR]
by kohakuza | 2007-02-19 03:08 | 旅へ
『Paris, Je T'Aime』 パリ、ジュテーム
先日、いつもお邪魔してる龍眼日記のsabunoriさんのところで
春に公開になる「パリ、ジュテーム」の記事を読んで、俄然盛り上がって来ました。

f0019410_0282916.jpg


この映画はフランスだけでなく、全世界から、この企画に賛同し、
パリに恋した世界に名だたる18人の映画監督による
1区〜20区を舞台に織りなす5分間、20本の小さな「愛」のショートストーリー。
こうして出来上がったのが、この『パリ、ジュテーム』です。(早く観たいな〜)

さて、私は今月20日から20日間程、久々にパリに旅立ちます。
去年は忙しくて、ろくに旅行も出来なかったので
パリに行ったら、あんな所もこんな所も・・・とあれこれ計画してましたが
途中で「イヤイヤ、もっと行き当たりばったりでもいいのでは?」と、軌道修正。

のんびりと偶然を楽しんで、必然とする事にしました。

宿も最初だけ決まってますが、後は行ってから移動しつつ考えようと思ってます。
そんなこんなで、映画みたいに1日1区づつ散歩するのもイイかも?


f0019410_1104130.jpg


後、1週間で行けるかと思うとワクワクも最高潮。
まさにパリ、ジュテーム♡なのです。
スタンダードブックスストアで、一緒に行く友人と
ユーロ高に頭を痛めながら会議中。



『パリ、ジュテーム』オフィシャルHP
[PR]
by kohakuza | 2007-02-14 01:25 | 旅へ
『沖縄料理いろいろ』 沖縄旅行3
f0019410_2135679.jpg

まだあったのか?沖縄旅行!の最後。
「ブー。」

沖縄と言えばやっぱり料理無しでは語れません。
上の豚くんは牧志公設市場では有名な豚肉店の看板豚。
ちょっとシュールでフレッシュなディスプレーです。

これを見て「美味しそ〜!」って思う人と
「きゃ〜怖い!」って思う人では、この市場の楽しみ方は大きく違うかも。

牧志公設市場は食材豊富で日本じゃないような
でも、アジアのどこでもないような独特な雰囲気。
f0019410_152952.jpg


日本だって事も、冬だって事も忘れるよな色合い。
[PR]
by kohakuza | 2007-01-27 03:09 | 旅へ
『リバーカヤックと大宜味村』 沖縄旅行2
f0019410_1295281.jpg

今回の沖縄旅行は言わば、思いつきの親孝行旅行。
私は母のガイド&専属カメラマンでした。(海を前にはしゃぐ母↑)
とびきり好奇心旺盛な母にとっても初めての沖縄だったので
何もかも新鮮でかなり満喫しておりました。

家族旅行には付き物の大ケンカもなく、私のハードなプランにしっかり付いて来てくれて
我が母ながら天晴れ。楽しんでもらえてヨカッタヨカッタ。

そして我らはいざ冒険へ・・・
[PR]
by kohakuza | 2007-01-20 02:45 | 旅へ