ぐるりのこと
本当に淡々と、ある夫婦の10年が描かれているのですが
その視点が知らないうちに、観てる人の10年と重なっていく。
ココが良かったとか、沁みた!とかいう場面は沢山あるのだけれど
そんな簡単な言葉じゃ表現出来ないのは
この物語が始まる1993年から9.11テロまでの10年間は、
自分の大切な思い出の他にも、社会の意識や意義が
大きな黒い波にゆっくり呑まれていくみたいに
変わっていった時代だったからなのかなー。
いやー、振り返って思うとスゴイ時代に生きてしまった。イヤ、生きてるのだ。
f0019410_23244455.jpg
主人公の法廷画家のカナオを演じるのはリリー・フランキー。
こんなに長時間、まじまじと見入った事の無い人だけど
きっとカナオのように、どこか頼りな気で、いい加減なんだけど
嘘のない人なんだろう。
橋口監督が、この役にリリーさんをキャスティングしたというのが納得できる。
何にせよ、こりゃ今更ですが『東京タワー』読んでみようかと
思う程、カナオという人物は愛すべき人でした。(←ダブってます)
そしてカナオの妻、翔子を演じる木村多恵。もう美しいったらありゃしない!
絵を描く事によって、どんどん精神が再生し美しくなっていく姿は
今までのどんな役よりも、この人が光ってたんではないでしょうか。

そんなこんなで元々は法廷画家ってどんな仕事なんだろう?と
いう部分が気になって、何気なく観に行ってみたのですが
とてもとても心に残る映画、可笑しくって映画館が大笑いする場面も
あるのですが、いつの間にか泣いてるような。

橋口監督の『ハッシュ!』のメンバー、田辺誠一や片岡礼子も
少しだけ出ていたのですが、片岡礼子はスゴイ存在感でした。
あの場面だけポッカリと空気が変わったように思う程。

そしてエンディングに流れるAkeboshiの『Peruna』という曲が
すごく良く、余韻が残り続ける。
淡々とゆるやかなようで、何から何まで橋口監督のこだわりが
感じられ、丁寧に作り込まれた静かで強い作品だった。


『ぐるりのこと』オフィシャルHP



Roundabout(初回生産限定盤)(DVD付)
Akeboshi
[PR]
by kohakuza | 2008-07-02 00:49 | cinema


<< 海南チキンライス! 再び「赤い風船」10000人応... >>