城崎温泉
真夏の温泉もイイもんです。
f0019410_15461074.jpg

外を歩いてる人の殆どが浴衣姿の城崎温泉へ行って来ました。
ここは冬場の蟹と七湯ある外湯巡りで有名な兵庫県の温泉地。
大阪から特急に乗って約2時間半です。

久しぶりに来ましたが、小川に沿って建ってる旅館からの眺めも情緒あって
行き交う下駄の音がカランコロンと聞こえて、夕暮れになると涼しい風も吹いてて、
温泉気分盛り上がってきます。

f0019410_15513170.jpg

夜は外湯巡りと射的やスマートボールなど遊技場で遊ぶ気満々なので
まだ明るいうちからに旅館自慢の地ビールと、海鮮ボリュームたっぷりの夕食をいただいて
満腹満腹〜♪

そして上の写真の但馬牛はオプションで付けてもらったので
この牛肉代をかけて、いざ射的場へ!
ウフフ、もちろん私の圧勝ですよー。
(実は温泉地の射的に、毎回散財してて結構上手くなってますの)
余りにも必死になりすぎて、写真が1枚もありませんが・・・。

この城崎温泉の『山本屋』さんは子供の頃から
何度か来させてもらってるのですが、玄関部分が新しくなってて驚きました。
昔はミニカーがイッパイ並んだ棚があって
お風呂上がりに眺めて喜んでたのですが、すっかりお洒落になっちゃって
f0019410_165777.jpg

地ビールに力を入れられてるらしく、素敵なバーも出来ちゃって今風の旅館になってました。
旅館も世代交代なのねー。
そう言えば、外湯も昔は小さくてゴチャゴチャしててそれはそれで
良かったのですが、今はそれぞれが趣向を生かして
大きくキレイに整備されてました。
ただどこも城崎温泉の風情を大事にしたコンセプトが分かるので
大きな違和感はありません。
f0019410_16123842.jpg

どこも昔のままと言う訳にはいきませんが
懐かしさと、今の時代に合わせた観光地のあり方を
試行錯誤してるのですねー。
また、訪れたい場所です。
[PR]
by kohakuza | 2007-08-23 16:23 | 旅へ


<< 天橋立へ 「かん袋」くるみ餅 >>