『卍』 まんじ
つくづく関西弁って不思議なリズムのように思う。
もちろん普段生活してるとまったく気付かないし、芸人さんのような
面白い話しも出来ないのだけど、他の地域に赴くと
やっぱり自分は関西人なのだわーと再認識しちゃいます。
とは言っても、一応出張先などではちゃんと標準語を喋ってるつもりなんですが
これがやっぱり、東京の方からは『つもり』も甚だしいらしく
そればかりか長く一緒に過ごしていると、回りの方々に私の関西弁が伝染してしまうらしい。
しかし東京の方が話す偽関西弁は、また変に上下に抑揚のあるリズムで
何ともこそばゆくて可笑しくてカワイイのだ。

そんな訳で、生まれも育ちも東京、慶応出たばかりのうら若き美女、
谷崎潤一郎を尊敬するSちゃんは、一緒に話しているとアッと言う間に伝染してしまった。

谷崎の話しになって「コハクはぁぁん、次回は絶対「卍」を音読会してやぁ〜」と
何だかよく分からないイントネーションで言うので、谷崎は「細雪」か「春琴抄」しか
読んだ事ないなぁと言うと、「絶対面白いから読んで〜ついでに映画もスゴイ面白いで〜」と
薦められたので、取りあえず映画の方をレンタルしてみました。
f0019410_171011.jpg

おおっ、あの方の奥さま、若尾文子さん主演ですか。
しかも岸田今日子さんまでっ!全開に若ーーい!
ポスター見るだけでもお二人の魅惑的な美しさが伝わってきます。
物語は柿内弁護士(船越英二)の妻、園子(岸田今日子)は美術学校で知り合った若い娘
光子(若尾文子)と禁断の恋に落ちる。彼女との永遠の愛を信じていた園子の前に、光子の婚約者と名乗る綿貫(川津祐介)が。実は綿貫から逃れたいのだと言う光子に、園子は光子と心中の芝居を打つ。ところが、駆けつけた柿内は光子と関係を持ち、溺れていく。
光子に翻弄され続ける園子。ある日、綿貫は彼女らの奔放な性の行状を新聞に暴露する。
追いつめられた3人が選んだ道とは…。

・・・と、現代で映画化しても、かーーなりスーパー禁断なストーリーです。(汗)
改めて、谷崎ってぶっ飛び。
でもエロティックなだけな映画かと言えば、全然そうではなく
同性愛や不倫と言うテーマよりも、人間の疑心暗鬼や愛憎の心理部分を
深く描いていて、とても面白かったです。
大阪が舞台なので、主演の二人が話す昔の大阪言葉が
何とも上品でおっとりしてて滑稽で、ウソを付いたり騙したり甘えたり怒ったりして
ドロドロとする場面でも、どこか飄々としてて微笑ましいのです。
これはやはり独特な大阪弁のリズムのお陰なんだと思いました。

それにしても若尾文子さん、美しい〜っ!二人の洋服や着物や小物もオシャレですし
やり取りする情熱的な手紙のデザインも注目です。
しかし、この原作を私が音読しても、こんな艶っぽさは醸し出せるはずはなく
失笑間違いなし!もしくはかなり笑いを取ってしまうかも?

まぁ、艶っぽさは皆無としても、この上品でおっとりカワイイ大阪言葉は
是非使いこなしてみたいものです。





谷崎 潤一郎 / / 新潮社
[PR]
by kohakuza | 2007-08-10 02:40 | cinema


<< 『ジョルジュ・シュヴィツゲベル... 『黒いオルフェ』 >>