甘党 弥次喜多
京都には美味しい甘味処が沢山あるにも関わらず
この季節になると、つい足をのばして行ってしまう『甘党 弥次喜多』
f0019410_154209.jpg
何たって真夏の京都には近づきたくないから、暑くなり過ぎる一歩手前が
丁度お薦めの行き時です。
f0019410_1392415.jpg

フワッとした雪みたいな氷に濃い抹茶、もちもちの白玉に練乳、底の方には
金時がたっぷり控えております。わーい♪

しかし注意点が一つ。
昔、仕事の打ち合わせ前に弥次喜多に行くと長蛇の列が!
そのまま並んで食べてたら時間ギリギリでしたが、せっかく来たので諦めきれず
並んで食べて、大急ぎで打ち合わせ場所へ行ったら
相手の方の視線がどうも私の口回りへ集中してる。
そして堪えきれなかったのか「kohakuさん、唇がミドリですよ。」
ゲッ・・・・。
そうです。私の唇は濃いめの抹茶がしっかり残ってて、
まるで水草を食べた直後の河童みたいに緑色だったのです。
こんな失敗誰もしないと思いますが、食べた後はしっかり鏡を見ましょうね〜。


甘党 「弥次喜多」
TEL.075・351・0708
京都市下京区四条河原町東側下ル三筋目東入
12:00〜19:30 火曜休

[PR]
by kohakuza | 2007-06-11 02:04 | 美味しいモノ


<< ミナ ペルホネン 京都店 十三な先輩 >>