『ロバと王女』
このクレール・ブレトゥシェが描くポスターのイラスト、素晴らしいーっ、目が釘付けです!
f0019410_302538.jpg

昨年30年ぶりに公開された、ジャック・デュミ監督の幻の名作と言われている
1970年の作品『ロバと王女』を再び観る。
空と月と太陽のドレスをまとったカトリーヌ・ドヌーヴの魅力と言ったら
年代問わず誰もが溜め息をもらす美しさ。
太陽のドレスを着て『愛の魔法をかけたケーキ』をこねるシーンで口ずさむ
決して上手くないところが素敵な彼女の歌声も妙にラブリーなのだ。

映画の中の独自のテンポが絵本のページをめくるかのようにゆっくりとしてて
今の映画には求められないスローな展開だけど、その余韻が心に深く残るのかしら?
何度観ても素晴らしい〜
時々見返しては乙女な気分に戻りたーい、イヤ、戻らせて欲しいです。


『ロバと王女』HP
[PR]
by kohakuza | 2007-04-27 03:31 | cinema


<< カドヤ食堂とRahmens ビストロ・カメキチ kamek... >>