パリ的食物連鎖
f0019410_0571873.jpg

5区のモスケ・ド・パリのカフェテラスはお天気がいいと気持ちよく過ごせるし
コーヒー主流なパリに置いては、ちょっと甘めのミントティーは
とても美味しく感じられたので、旅行中何度か訪れた。

それにしてもパリの鳥達はたくましい。
鳩やカラスも頭上スレスレを飛んで、何か落ちてないか見張ってる。
それもそのはず、パリでは歩きながら何か食べるのは決してお行儀が悪い訳では無く
当たり前なのだ。道でもメトロの中でもスーパーの中でもまだ購入前のパンなんか
パクパクと美味しそうに食べてる。バゲットをかぶりつくと自然にパン屑が
落ちる訳でこれを鳥達は見つけるのを楽しみにしてるらしい。

この日も1羽の雀がチュンチュンと愛らしく私達の目の前に舞い降りた。
首を傾げてこちらを見てる様は何ともカワイイ。
お菓子のカケラをそっと投げてみると、ぴょんぴょんとテーブルに乗って来た。
ま〜カワイイ〜と更にお菓子をちぎって、写真を撮ってると
突如「みんな、やっちまいな〜!」とばかりに一斉に数羽の雀がやって来て
ガツガツとお皿の上のお菓子までかっさらって、あっという間に飛び去った。
f0019410_173740.jpg

お見事。・・・・盗賊のような速さでした。

こんな街だからか、ふとこんなお店を見つけました。
f0019410_1104455.jpg

ここは多分「ネズミ退治のお店」だと思われます。
ディスプレーが一目瞭然でした。




f0019410_1161180.jpg

ガラスの写り込みで分かりにくいかもしれませんが
何匹ものドデカイねずみがネズミ捕りに捕まったまま、剥製にされて
綺麗に陳列されております。
剥製屋デロールには、惚れ惚れした私でも思わずこのディスプレーの
グロテスクさには「ぎゃ〜っ」っと声を上げました。
(と、言いながらしっかり写真撮ってますが)
f0019410_121231.jpg

そして一番驚いたのは、このお店が町中のおしゃれなカフェとブティックの間に
挟まれてあったという事でした。

私がしげしげと眺めていると、お店から出て来た年配のマダムがニコッと
とびきりエレガントな微笑みを投げてくれたのが印象的。
彼女もこのネズミ捕りを購入して、素敵なバッグの中に入れてもって帰るのね。

人も動物もしたたかにパワフルに生きております。
f0019410_1303419.jpg

[PR]
by kohakuza | 2007-04-20 01:35 | 旅へ


<< サヨナラ 道頓堀 東映 「仁義... BerlinBooks→ std. >>