ケ・ブランリー美術館とエッフェル塔
2006年6月にオープンしたばかりのケ・ブランリー美術館。
5区にあるアラブ世界研究所と同じくジャン・ヌーヴェルの設計らしい。
f0019410_1431892.jpg

こちらは美術館裏手の庭園側で、間近にエッフェル塔が見える。
もちろんケ・ブランリー美術館とエッフェル塔を同じ視界で見るのは初めてなのに
この外観のビビットな色合いに関わらず、あまり違和感は感じなかったのは
庭園がシンプルなせいかな。この庭は小さいけど小川や草むらや丘があって、
何だか気持ちいい。
f0019410_1434261.jpg
中はアジア・アフリカ・オセアニア、ラテンアメリカを中心とした原始美術、
民族文化の展示が行われている。
民族楽器や服装品、日常品から祭礼に使われる物まで幅広く扱ってて、数もかなりの物。
所蔵作品は30万点以上あるらしいからスゴイ。

内部は薄暗い証明になってて、洞窟のような廊下が続いている。
この壁が触ってみると、とても滑らかなのでよく見ると、何と革張りなのです。
その革の壁面の所々に民族文字や模様が刻印されてる。
この気持ちいい壁に触れながら進んでると、まるで美術館にいるようには感じらない。
夜のライトアップも素晴らしいそうですが、私は見れなかったので
k-hummingさんのパリ建築旅行記で、どうぞ〜。

さて、やはりここまで来たからにはエッフェル塔をしっかり見なくては。
だけど、その前に同じ名前のカフェで
パテを目一杯はさんだバゲットをいただいとこうーっと。
f0019410_2114027.jpg

・・・と、もたもたしてたら、パリの空は気まぐれでみるみる曇ってきました。
そう言えば毎日一度は傘をさしてたような。
この日はこの後、ビューービューの嵐になりました。
f0019410_2325536.jpg

外に出たらどよ〜〜んと、まるでモノクロ写真のようですが
くれぐれもカラーで撮ってます。

でもやっぱり、その美しさは何度見ても感激でした。


Musée du quai Branly
37, quai Branly - portail Debilly 75007 Paris
[PR]
by kohakuza | 2007-03-30 16:30 | 旅へ


<< 『Paris, Je T... Nemo の赤い風船 >>