パリの朝食に欠かせないリトルボコボコ
フランスで朝食と言えば、クロワッサンにカフェオレ。多分。
星付きホテルならこれに何か付くのかも?
ちなみに正統派パリの朝食はコチラです。
(パティシエになってほしい猫茶園さんのブログ)

だけど我がホテルにはもちろん、どこを探しても星は無いっ!
一応朝食は4.5ユーロで食べさせてくれます。でも約¥720もするのだ。
結局一番最後の日に食べたんだけど、こんな感じ↓でよく言えばシンプル?
f0019410_2501382.jpg

このクロワッサン、↑バター気がすこぶる少なくて致命的でした。
f0019410_235653.jpg

で、もっぱら近くの美味しいパン屋さんやスーパーで前日に買ったフルーツとヨーグルト、
チーズなどを部屋で食べる毎日でした。これが何でも美味しくてお安い。

フランスは基本的にコーヒーの国なので紅茶はカフェに行っても、いきなり高いのです。
その上にマズかったり、ぬるかったり。
そんな訳で紅茶好きな私たちは、毎朝お部屋で紅茶を飲んでたんですが
その時にとっても役立ったのが、コンパクトセラミックヒーター。
f0019410_2393777.jpg

その名も『リトルボコボコ』・・・・(このネーミングに、ブラボー)

これを持って行こうかな〜と真剣に悩む友人に「そこまでいらないんじゃない〜」と
斜めに見ていた私でしたが、旅の途中このリトルボコボコに何度助けられた事か。
約幅11×奥2.8×高11.7cmと携帯に便利だし、カップ2杯分ぐらいなら
あっという間にボコボコと沸騰するし、寒い夜に飲む紅茶も、急に欲しくなる
カップラーメンにもスゴく役立った。

しかし今回実物を見るまで、こんな便利な物があるなんて知らなかったな・・・。

ありがとよ〜ボコボコ。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-27 03:08 | 旅へ


<< Nemo の赤い風船 不思議な剥製屋 DEYROLLE >>