リュクサンブール公園の人形劇
再びパリのお話しへ。
パリ中心部にあるリュクサンブール公園はいつも子供達の声で賑わってる。
f0019410_1342923.jpg

その中でも元気なパリッ子の熱気をしみじみ感じてしまったのがココ
Theatre du Luxembourg。週に3回ほど人形劇をやってるそうなのですが
大人気で開演前にはワクワク感たっぷりの親子が並んでいます。
f0019410_184191.jpg

中は木製のカワイイ椅子が並べられた小さい小さい劇場。
だけど作りは本当にきちんとしていて大きな劇場をそのままミニサイズに
したようで歴史を感じます。
面白かったのは子供は前列、大人は後列に座るようになっていて後ろで大人達は
自分の子供が泣いてないか楽しんでるかと気を揉んでるのだけれど、子供達は人形劇が始まると、も〜っ、ママンの心配などそっちのけで大盛り上がりです。
f0019410_1203553.jpg

本日の演目は『ピノキオ』
小さい子供にも、言葉の分からない私達にも理解できる永遠の名作。
でもここの劇場の主人公は常にギニョールと言う人形で(一番左)
彼が何か言うと子供達が「ウィーー!!」と大盛り上がりです。

それで普通のお芝居と同じでちゃんと二幕あり、間の幕間には明かりがついて
後方の親達が一斉に子供の方へ走る走る!!子供は子供で『ママ〜ン』と大声で呼ぶ!叫ぶ!
すぐに合えないとギャ〜ッと泣く声、さっき見た人形劇の話しを必死にする子、
泣きながらお菓子買ってーっと訴える子、お菓子を両手に持ってる子、ケンカ、大笑い、大泣き
まるで子供達が人形になって自由に演じ始めたようで、私にとってはこっちも面白い。
f0019410_1484681.jpg

1時間ほどで人形劇が終わると、皆は外へ。
そこにはちゃーんと風船売りのおじさんが待ち構えてる。ピノキオの教訓は効き目ナシ。
しかしこんな罠ならいくらでも引っかかってしまいたいわ〜
f0019410_152561.jpg

劇場を出ても、お楽しみはまだまだ沢山ある。
これはエッフェル塔のジャングルジム。色合いが風景に溶け込んでて
子供達が浮かんでるみたい。楽しそー♪
f0019410_1544481.jpg

こちらも色合いが抑えられて、公園の樹々の色に溶け込むメリーゴーランド。
子供達を見守る大人達。皆が子供を慈しんでる。
フランスは少子化対策が功をなしてベビーブームらしいけど
その理由がよく分かるような気がする。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-25 02:15 | 旅へ


<< 不思議な剥製屋 DEYROLLE Salvador Dali 展... >>