ヴェルサイユ 馬術アカデミー
ヴェルサイユと言えばマリーアントワネット。
f0019410_16452011.jpg

じゃなくて大厩舎。

ここは宮殿の向い側にある大厩舎。つまり馬が飼われてる場所。
と言っても、宮殿のように大っきい〜!
f0019410_1651149.jpg

パリに行ったら是非観てみたかったZingaro ジンガロ
バルタバスと言う馬を知り尽くした人が主催する騎馬舞踏団。
ジンガロは残念ながらチケットが取れなかったけれど、彼が主任をしているヴェルサイユの
馬術アカデミーのショーを観に行きました。

それにしてもフランスではどこへ行っても馬のモチーフが使われてる事が多く
本当に馬が愛されてて、身近な存在だ。
チケットは指定席ではないので1時間前にココに着いたけれど
既に並んでる人もいて、入場する頃には大勢の人の行列ができてました。

f0019410_1711866.jpg

エントランスはすべてエルメスカラーよりやや朱が多めのオレンジで
さっきまで曇った小雨の中で待っていたので、ここに入った瞬間にパーッと目に入る
オレンジが、次の世界に入る高揚感を高めてくれます。
このライトのデザインが素敵。天井がすーっと高く感じる。

f0019410_1781383.jpg

さて、厩舎ホールの中へ。
この馬術アカデミースペクタクル、いきなり日本の弓道が登場したりして
いかにもバルタバスらしいと思わせる前衛的な物から、
とてもオーソドックスな馬術まで幅広くたっぷりと見せてくれる。
真っ暗なホールに突然光が射して馬が入ってくると
生き物の鼓動が建物全体に振動するよう。
馬の美しさ、馬に乗る人の無駄の無い身体と動き、馬と人との信頼関係、
どれも溜め息をつくばかり。どこで切り取られても絵画のように美しい。


うっとりしながら大厩舎を出て、ヴェルサイユ宮殿には背を向け
『ラ・セーヌの星』を思い出しつつ、パリへと帰りました。
だって私は花屋の娘、シモーヌだもの〜♪



ヴェルサイユ馬術アカデミーHP
[PR]
by kohakuza | 2007-03-18 18:08 | 旅へ


<< サンドニ通り デジャブ? >>