パリ到着 Strasbourg-Saint-Denis駅へ
無事に帰国しました。
久々に長期で行ったパリは、ユーロ高に身ぐるみ剥がされる思いでしたが
本当に面白かった〜。これからしばらく、旅行中の事を書こうと思ってるので
おつき合い下さい。

f0019410_16392556.jpg

大阪からコリアンエアーでパリに到着したのは、日も暮れた頃。
C.D.Gから北駅で地下鉄に乗り換えて、日本から取った格安ホテルへ直行しようと
最寄り駅のGare de l'Est 駅へ。のはずが・・・
と、ここでイキなりパリの洗礼に遭遇。
何と駅に止まら〜ん!!
工事マークが付いてるのは分かってたけど、完全に閉鎖されてるとはっ!
仕方が無いので 次のStrasbourg — Saint-Denis駅で下車。
予想はしてたけど、かーなり荒んだ雰囲気です。
小雨降る中、重たいバッゲッジを引っ張って、どー見ても中近東な方々の多い
通りを歩き、何とかホテルへ到着。
雑誌に載ってるお洒落パリとは程遠いこの界隈。
ほんの2〜3泊したら他へ移るはずだったのに、何故か私達の拠点になってしまうとは
この時は予想もしてなかったのでした。

f0019410_18345996.jpg

さて一夜明けて、この10区のサンドニ界隈。
トルコ、インド、中国系、アフリカ系の移民の方々が程よくテリトリーを守って
生活していて、最初の夜こそ怖かったものの慣れれば中々混沌としていて興味深い。
通りのはじまりには凱旋門だってちゃんとある。
パリにはシャンゼリゼ以外にも凱旋門が5つもあるんですよー。
このサンドニ門は最古の凱旋門です。

f0019410_1934842.jpg

ちなみに私達の泊まっていたホテルから少し南へ行った所も北へ上がった所にも
娼婦街がありまして、フランス映画に出て来そうな絵になるお姉さんが
昼夜を問わずお仕事待ちされています。(フランスなんだから当たり前だけど)
と言っても、そこは洋服や布地の問屋街でもあったりして、やっぱり混沌としてる。

そんな訳で、ガイドブックにも書いてあるように決して治安の良い場所ではないけど
メトロは8.9.4番が乗り入れててどこへも行きやすいし、中心部に比べたら
何でも安く食べられるし、すっかり気に入ってしまったのでした。
[PR]
by kohakuza | 2007-03-13 17:06 | 旅へ


<< オペラ〜Ladurée PARIS >>