オペレッタ狸御殿
f0019410_124838.jpg

去年見れなかった映画で、悔やんでいた作品をこの連休に見る事にした。
それは『オペレッタ狸御殿』 鈴木清順監督。

感想は・・・いやはや、も〜最高! 劇場で見たかった〜!

チャン・ツィーの事、こんなにカワイイなんて今まで気付かなかった!
歌声も小鳥のようです。
オダギリジョーも艶っぽくて素敵。
それにこの二人のデュエット曲『恋する炭酸水』
何とも可愛くて素晴らしいです。一度聴くと即、鼻歌になってしまいますよ。


劇中劇のように書き割りのセット、伊藤佐智子さんの衣装、
そして奇天烈だけど懐かしいサウンドトラック。
平幹次郎、由紀さおり、薬師丸ひろ子などの怪演も素晴らしい。

チャン・ツィーが中国語、他の人は日本語のセリフと言う
変わった設定なんだけど、まったく違和感なく、鈴木清順の世界へ入れます。

劇中、ツィー(狸姫)が蛍を呼んで
『朝顔が蛍の光を朝日と間違えて咲くのですよ』と言うと

オダギリジョー(雨千代)は
『ステキな思い違いだ!』と言うシーンがあるのですが

まさにこのセリフどおりの、ステキな思い違いをおこさせてくれる映画です。



それにしても私が「ツィゴイネルワイゼン」を初めてテレビで見た時
釘付けで見てはいけない物を見てしまってるようで、スゴく衝撃を受けたけど
その時すでに監督はおじいちゃんだったから、今は一体お幾つなんだろう?


こんな世界を表現できる人が日本にいるなんて誇らしい事です。




オペレッタ狸御殿 オリジナル・サウンドトラック
白井良明 大島ミチル オダギリジョー チャン・ツィイーパパイヤ鈴木
東京スカパラダイスオーケストラ

DVD オペレッタ狸御殿 プレミアム・エディション
[PR]
by kohakuza | 2006-01-10 02:32 | cinema


<< Elliott Smith 『本好きさんに50冊の質問』Q01. >>