青春漫画〜僕らの恋愛シナリオ〜 
クォン・サンウの映画を観たのは、初めてだったけどイキなりオカッパでした。
f0019410_1364667.jpg

(ストーリー)
ジャッキー・チェンに憧れ世界的なアクションスターとなって映画に出演するのが夢のジファン(クォン・サンウ)と人前に立つと心臓がドキドキしてしまう舞台恐怖症を持っている駆け出しの女優志願であるダルレ(キム・ハヌル)は、13年間兄妹のように育った幼なじみ。今も昔も会えば、ケンカばかりのふたり。だが、いつのまにかそれぞれに別の恋人ができた。互いに微妙なすれ違いを感じつつも、かけがえのない友情は変わらない。そんななか、ジファンはアクション俳優として、ダルレは映画俳優としての夢を実現する。が、幸せも束の間で・・・。。



ストーリーに特別なひねりは無く、すんなりと誰にでも楽しめるように出来上がってる作品。
でも、こんなストレートな物語を嫌味なく爽やかに演じきれるのは、やっぱり韓国映画ならでわ
かも。マッチョな肉体が売りでストイックな俳優かと思っていたクォン・サンウが、ジャッキーに
憧れるお馬鹿でやんちゃなジファンをコミカルに演じてて印象的。この髪型も似合ってる!
だけどダレルを演じたキム・ハヌルは殆ど印象が薄くて、もう少しメリハリのある女優だったら
作品に深さが出たんじゃないだろうか。
それともクォン・サンウを引き立たせるためなのかな?


f0019410_213814.jpg もう一人、チョン・ギュスが演じる、トラック運転手
←キャバレーの歌手、ダンスコーチと職を転々としつつ
男で一つでジファンを育てた、今は小説家志望の浮き草的な父親が
とびきり愛すべきキャラクターでした。
お父さんが小さい頃のジファンとダルレの恋を結ぼうと奔走する姿が
何ともほのぼのさせられます。




そう言えば小学生の頃、日曜洋画劇場でジャッキー・チェンの映画をやると
月曜日は学校中がジャッキーもどきの酔拳を披露するプチジャッキーな男の子で
イッパイだったな〜。(そう言う私もその一人だったけど)
あの少年達は今頃どうしてることやら・・・?


青春漫画〜僕らの恋愛シナリオ〜 オフィシャルサイト
[PR]
by kohakuza | 2006-09-06 02:37 | cinema


<< 伊坂 幸太郎 著 『オーデュボ... サージカルストッキング >>