ブロークバックマウンテン
f0019410_14402748.jpgやっとBrokeback Mountainを観に行く事が出来た。
カウボーイ同士のラブストーリーと言う事だけは
知ってたけど、それ以外の情報は耳栓してたので
新鮮な気持ちで映画を楽しめた。

スクリーンいっぱいの大自然と、決して器用な生き方をして来た思えないイニスとジャックが羊を追って山に入り、過酷な自然に向き合いながら淡々と仕事をこなしていく。
閉ざされた環境の中で二人の愛は衝動的に始まり、この後20年続く事になる。

最初、この突然衝動的に思える男同士のラブシーンに
驚いたと言うか、そんなイキなりなの?と疑問に思えたけれどよくよく考えてみたら、見渡す限りの大自然、まさに地球の中で二人だけ取り残されたような日々を過ごす彼らにとっては、ごく当たり前の本能の交差だったのかなとも思える。

しかし世間と隔離された美しい世界での出来事は
山の仕事を終えて、現実的な生活に戻った彼らにとっては、
増々色濃く、かけがえの無い物になっていく。
それぞれが世間体に対して常識的な、異性との結婚をした二人は
心の隙間を埋めるために度々で釣りと偽って、
誰もいない自然の中で過ごす二人きりの数日間を諦める事が出来ない。
しかし年月が過ぎても、決して夢の世界を
現実の世界に変える事は許されない。

今の世でも、やはり特別視される同性愛。
イギリスでは同性愛カップルの結婚も出来る事になったけれど
1960年代のアメリカの保守的な土地柄を考えたら
あまりにも現実離れしてたのかもしれないなー。

自分の本心よりも、背負っている環境や常識の枠から逃れられず
一人、壁を叩いて嗚咽し泣き崩れるイニス。・・・・辛い。

観ている内に、同性愛ではなく
シンプルに愛の物語として、考えさせられるな〜と思いました。
見終わって、ぼーーっと考えながら帰ってる時に
色々思いめぐらされる、後味切ない映画です。

久々に聴いたウィリー・ネルソン (Willie Nelson)の歌声も
"He Was A Friend Of Mine"
しみじみとして良かったです。
Brokeback Mountain [Original Motion Picture Soundtrack]
[PR]
by kohakuza | 2006-03-29 16:38 | cinema


<< チチ松村著 『わたしはクラゲに... Beck "Guer... >>