オーケストラの105人
お誘いいただいて久々にシンフォニーホール、大阪交響楽団の演奏会へ。
f0019410_118474.jpg

3階席だったので、かなり上から一望できましたが
CDだと一つの曲として聴こえるものが
ここではバラバラの音色が一つの音に重なる瞬間が見えて
あぁ、なるほどあのデッカイ楽器はこんな音なんだー♪とか
トライアングルって、こんなに重要なのか!とか、いちいち納得。
新鮮で楽しかった!

私の中でオーケストラと云えば
カーラ・カスキン作の『オーケストラの105人』
f0019410_1342056.jpg

今日の大阪交響楽団の方達もそうですが
いつも正装しておごそかに舞台にならんでいる、オーケストラのメンバー。
どうも別世界の人のような、オカタイ感じ。
あの人たちはひとりひとりみんなどんな人なのか?
どんなふうに仕度をして舞台に集まってくるのか?
この絵本はマーク・サイモントの絵が、何気ない彼らの一場面を
ユーモアたっぷりに描いてて、ホント楽しい一冊です。

普段、小さいライブか、オールスタンディングに慣れてる私には
少々堅苦しくもあり、拍手のタイミングが分からなかったりで
摩訶不思議な感もあるオーケストラの演奏会ですが
地元にこんな素敵な楽団があるのだから、敷居が高いと思い込まずに
又、演奏会へ出かけてみたい。









The Philharmonic Gets Dressed (Reading Rainbow Book)

Karla Kuskin / HarperCollins


[PR]
by kohakuza | 2010-07-05 02:05 | music


<< 祝・初ゾンビ! いちごが染まる >>