かいじゅうたちのいるところ
f0019410_2353716.jpg

早く観たい!と焦る映画ほど、忙しい時期にあたったりする。
昨年から熱望しつつ、ほぼ上映最終日にセーフで鑑賞。

絵本とは、全く違うものになるとは予想してたけど、
さすがはスパイク・ジョーンズ監督で
絵本の持つメッセージ性を損なわず
現代的な家族の問題も含ませてるのに、そこからサラリと
かいじゅうのいる島へ、私の気持ちを運んで行ってくれました。
かいじゅう達とマックスの暴れっぷりも最高!
あんな無茶な事しまくりたいわ〜
f0019410_23532430.jpg

絵本も映画も、大切な事は一切言葉として
声高に語られない。
子供ならでわのジレンマを抱えつつ
マックスは何一つ解決出来ずに、お家に帰る。
その冒険の成長の証は不完全なままで、むき出しの未熟さが
切なく心に突き刺さるのだ。
そんな風にもがいてた子供時代を思い出すのだ。


もちろん音楽もホント素晴らしかったです♪




Where the Wild Things Are

Karen O. & the Kids / Interscope Records


[PR]
by kohakuza | 2010-02-11 00:22 | cinema


<< Chocolatier NAK... 王家と虎 >>