ワルカツ!
たまってたポイントやら、無料お試しやらで
とうとう宅配レンタルに申し込んでしまった。6枚程無料らしいので
自分では中々借りそうにない作品を選んでみることにした。

やってきたのは1960年、モノクロ作品『不知火検校』(しらぬいけんぎょう)
f0019410_3282569.jpg

勝新太郎が『座頭市』の以前に主演し、元になった作品らしい。
ストーリーは幼少から天才的な悪知恵を持つ盲目の杉の市(勝新太郎)が
按摩師・不知火檢校に弟子入りして一人前の按摩師になるが、
次々と悪時を重ね、師匠の検校をも殺してその身代わりとして位につき、
さらなる悪事を重ねていく。

いやぁ〜とにかく悪いっ!容赦なく非道!でした。
何せ当時の予告編のコピーが『手さぐりで、女をくどき、金をゆすり、人を殺す』ですから。
杉の市は盲目の按摩ですが、彼に見入られると、
善良な人々はアッと言う間に闇へ突き落とされるのです。
そんな杉の市にまんまと騙される、武家の貞淑な妻役、(後の勝さんの奥様)
中村玉緒さんは可憐で美しかったです。

あまりの悪カツ振りに驚きますが
とことん悪いにもかかわらず、どこか笑えて痛快で艶っぽくて
正にピカレスクでしょうか。
そういうキャラクターを作り上げた、勝新太郎とはスゴい役者さんだったのかー。と
今頃ですが思いました。
「座頭市」も観た事ないので、是非観たいです。





何故年始早々この作品なのかと云うと
実は全然違う所からつながって来たのでした。
それは年末、古書店で購入したバルテュスの画集。
f0019410_402887.jpg

帰ってから、ふと検索してるとこんな動画がありました。



勝新太郎とバルテュス。
この二人がつながっていたなんて!
全然知らなかったなー。
まるでバルテュスの絵の中に勝新太郎が入り込んだような
ファンタジックな映像。

不知火検校の劇中に一度だけ、夢の中の杉の市が
三味線を弾くシーンがあるのです。
その時ばかりは凛とした美青年で
非道な現実の姿との対比が、印象的だった。


不知火檢校 [DVD]

角川エンタテインメント



バルテュス

スタニスラス・クロソフスキー ド・ローラ Stanislas Klossowski De Rola 野村 幸弘岩崎美術社


[PR]
by kohakuza | 2010-01-06 01:24 | cinema


<< 真冬のラッキーガーデン 2010♪ >>