point d'ironie
f0019410_2284891.jpg


時々お店で見かけたら、必ずもらってくる
agnès b.の発行するフリーペーパー "point d'ironie"(ポワンディロニー)
見開きA2サイズの紙面の中に毎回セレクトされた
一人のアーティスト作品が発表されていて
とても美しい。

店員さんは『ラッピングペーパーに使っても素敵ですよ。』と
2〜3部紙袋に入れてくれた。

そりゃ、作家がかわいそうではー?と内心思ったが
よくよく考えてみると・・・
美術館やギャラリーに行かなくても
現代アートとは何か??などと、つまらぬ答えを考えなくても
この紙の上の芸術作品は
人々の手にさり気なく届く。

まるで音楽みたいに؟
ポワンディロニーとは↑ この特殊句読点を
皮肉符或いは反語符 IRONY MARK と呼称し、従来の疑問符と同じく文末に置き、
皮肉めいた文であることを示す。
[PR]
by kohakuza | 2009-12-09 00:28 | my favorite things


<< かかしのマイケル Where the Wild ... >>