『生きているのは、お前か俺か』
f0019410_0384856.jpg

ご無沙汰しております。
季節の変化を感じる間もなく、怒濤の忙しさの中
完全に煮詰まってましたが、生きてます。

これだけは!と上映最終日に、遠く八尾市のシネコンのレイトショーに
飛び込んだのは『松田優作 SOUL RED 生きているのは、お前か俺か』
ある意味、映画館に辿り着いただけで満足して
睡魔が襲ってきましたが・・・。

そんな私に往復ビンタ。
スクリーンに映し出された冒頭シーンは
『ブラックレイン』のサトウ役オーディションのために
東京のホテルの1室で演じる松田優作の姿でした。
そこから映画が終わるまでの間、瞬きが出来ない程の圧倒的な存在感。
何なんだろう?この人の放つパワーは!

親交が深かった映画関係者や役者のインタヴューを交えて
進んでいくのですが、生きてる彼らよりも
例えスチールでも松田優作の姿の方が
えぐるような躍動感を感じられるのでした。
f0019410_263587.jpg

少し前に観たマイケルジャクソンの『THIS IS IT』の時も
思いましたが、この人たちは本当に死んだのだろうか?

そして私は本当に生きれているの?
[PR]
by kohakuza | 2009-11-26 00:37 | cinema


<< 我らmusic freaks♪ におひの記憶 >>