南極料理人
f0019410_1295159.jpg

『南極料理人』を観に行きました。
私は常々食べる事には、最大重きを置いてるので
(と、言っても美食家ではなく楽食家)
映画の間中、只ただ堺雅人演じる料理人が繰り出す料理を目で食し
きたろう隊長が、ラーメン在庫が無くなった事に嘆くシーンで
同情しまくって涙しましたが、物語の展開とか意味とかまったく忘却してしまいました。
でも何となくとても平和な気持ちになって、さっそくサッポロ一番を食べて
『きたろう〜!ヒュ〜ッ!』と夜中に吠えました。

メチャいい映画です。
[PR]
by kohakuza | 2009-09-09 01:47 | cinema


<< 「猫がニャ~て、犬がワンッ!」 寄席とひでぞう >>