雨の日は唄いながら悼む。
それにしても、よく降りますな。
もう7月。
こんな日は音楽を聴きながら、静かに追悼を。
この数ヶ月間に色々起こった事の中で
悲しむべきは忌野清志郎さんの死。
ケニー・ランキンの死。
マイケル・ジャクソンの死。
沢山の名曲を残して、駆け足で天国へ行った人達。
彼らの音楽は私の沢山の思い出と共にあるのだけれど
その事を感謝してる想いは伝えられぬまま。
心からご冥福をお祈りするしかない。
何とも、もどかしい。


6月26日のコト。
名古屋のTOKYO No.1 SOUL SETのライブが
始まるまで、ずーっと会場で流れていたのはマイケルの音楽。
何だか切ないやら、だけどしみじみと良い曲に聴き入れて
嬉しいやら。その後、オープニングアクトで
ギター1本持って登場したリリー・フランキーさんは、
とつとつと楽しいトークの合間に清志郎さんとの思い出を語りつつ、
RCの『三番目に大事なもの』を歌ってくれた。



この曲を最初に聴いた時の「すんごい歌詞だー。」の驚きは今でも同じ。
なんて正直な歌なんだろう。最後の「三番目に大事なものは・・・アナタよ。」と
唄う若き清志郎さんの表情が、ゾクッとする程カッコいい。

そしてリリーさんは、その後
『下の世界堂で(画材屋)紙を買ってきて歌詞を書いてるから
皆でマイケルの「HEAL THE WORLD 」合唱するからね。』と
言って、本当に全員で何度も「HEAL THE WORLD 」のサビ部分を
大きい声で合唱したのでした。
誰もが歌えるのがスゴい。


リリーさん曰く、「もしかしたら日本で一番早い追悼会かも。」と
言ってましたが、とにかく偶然にもこの小さな追悼会に居合わせた事は
悲しさも、もどかしさの吹っ飛ぶような
晴れ晴れとした時間でした。
f0019410_1133716.jpg

ありがとう、リリーさん。
『ジェイミー』買いました。

シルヴァー・モーニング

ケニー・ランキン / VIDEOARTS MUSIC( C)(M)


HARD FOLK SUCCESSION

RCサクセション / EMIミュージック・ジャパン


オフ・ザ・ウォール

マイケル・ジャクソン / SMJ


ジェイミー

TOKYO MOOD PUNKS / エイベックス・エンタテインメント


[PR]
by kohakuza | 2009-07-01 01:18 |


<< 獣のような女になりたい。 TOKYO No.1 SOUL... >>