心の琴線
昨年、何より感動したのは
アルベール・ラモリス監督の『赤い風船』をスクリーンで観れた事でした。
f0019410_043554.jpg

私の記憶の中にしっかりと刻まれた、美しいシーンの断片。
何年経っても色あせず、心の空をまい続けた赤い風船。
素晴らしい意志を持った作品の生命力に驚きました。
f0019410_0425420.jpg

そして今は『赤い風船も』も『白い馬』もDVDボックスとして、自分の手元にあるなんて
2年前には思いもしなかった。
時々観ては、フワリと浮かんでしまいます。

今年はラモリス作品の中で一番好きな
『素晴らしい風船旅行』が、どうか上映されますように。
あの気球から見下ろす街並、コウノトリの群や燃える森。
見たくて見たくて仕方ないのです。
嗚呼、一度心の琴線に触れてしまったら
見たい!という欲望も色あせることが無いなぁ。




赤い風船/白い馬【デジタルニューマスター】2枚組初回限定生産
スーベニア・ボックス [DVD]

角川エンタテインメント


[PR]
by kohakuza | 2009-02-19 01:31 | my favorite things


<< 春はまだですが。 お隣へ3歩、宏亜楼 >>